遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

“シマチョウ”の写真を撮ってきた【佐渡屋太郎-vol.73】

写真キャプション=大相撲春場所のノボリが立つ大阪府立体育館

 いまは3月6日(木)の20時30分。今日は、昨日大ボケをかましたホール企業に行ってきた。相談があるというので呼ばれたのだが、できたら会う時間は14時以降にしてほしかった。11時30分の約束でも、京都からだと9時30分に出発しなくてはならない。お陰で、今朝は実にしんどかった。今週は事務所に2回泊まり、早出が2回(そのうち1回は私の勘違い)と滅茶苦茶な日々が続いている。

 さて、そのホール企業の相談とは、釘整備の研究所を作りたいので協力してほしいというものだった。そういえば、このところ釘整備の問合せが多くなっている。その内容は、本格的な釘の勉強ができるところを、紹介してほしいという依頼である。このブログでも以前に書いた記憶があるが、今回の規則改正によってパチンコを巡る状況は、10年前に遡っているのではないか。そんな声をよく聞くようになった。

 そのホール企業では、これからは釘整備で他店との差別化を図っていくしかないと考えているようだった。機械の状況も前回に紹介した “役パチ”やデジハネなど、大きく変化してきている。そのため、釘に関する標準化システムも導入しているという。このホール企業は老舗のチェーンで、昔から釘整備を行なっている社員は多くいる。しかし、全社的な課題として、もう一歩突っ込んだ釘の研究をしたいというのである。機械自体が低射幸性で平準化してきたので、釘の整備力でメリハリを付けようということなのか。実に、面白い動きである

 そんな話をして難波に帰ってきたら、何だか “春の雰囲気”が漂っているではないか。暖かな日差しを受けながら府立体育館の前を通ると、色鮮やかなノボリが何本も立っていた。そう、春場所というのか、大阪場所というのか、3月場所(相撲協会のHPにはこのように表記されていた)というのか、大相撲が3月9日(日)から始まるのだ。関西人にとっては、“春の風物詩”なのである。そこで撮った写真を、まず冒頭に掲載することにした。

 そして、相撲のことを考えていたら、やけに“ちゃんこ鍋”が食べたくなった。道頓堀に行けば花田お兄ちゃんの店があるが、予約で一杯だろうし、そこまで歩く元気がない。第一、1人では食べられないだろう。などと“鍋”のことを考えていたら、例の“シマチョウ鉄板鍋”のことを思い出した。そういえば、まだ“シマチョウ”の写真を、このブログに載せていなかったことを思い出した。

写真キャプション=盛り付けられて出てきた「シマチョウ鉄板鍋」

 実は、2月25日(月)にも「サンちゃん」に行って、写真を撮ってきたのである。ただ、煮える前の写真しか撮ってこなかった。煮えるのを待つ間、“レバ刺し”をつまみに飲み始めて、煮えたあとの写真を撮ることをすっかり忘れてしまったのだ。どうしようもない大ボケである。また、行かなくてはならないではないか。今度はしっかりしたヤツを連れて行くことにしよう
写真キャプション=野菜の中に隠れていた煮込む前の「シマチョウ」


 店長に聞くと、近頃、知らないお客さんがよく来るようになったという。そうだろう。そうに決まっている。佐渡屋太郎が「サンちゃん」の名刺を配りまくっているからだ。先日もまた、経営者である販社の社長に、1束の名刺を渡されてしまった。近頃は自分の名刺を出す前に、「サンちゃん」の名刺を渡すクセが付いてしまった。

写真キャプション=名刺裏に刷り込まれたシマチョウ鉄板鍋「サンちゃん」の地図

 今回、はじめてこのブログを見た人のために、もう1度“シマチョウ”の説明をしておこう。この“シマチョウ”は、500~600kgの特選高級和牛の30mに及ぶ“腸”から、ほんの2~3kgしか取れない貴重なものだ。いわゆる“てっちゃん”であるが、この店の“シマチョウ”は口の中に入れると、溶けてしまうほど柔らかく、その内壁の肉汁がジワーっと口の中に広がってくる。しかも脂のようなしつこさがなく、上品であっさりしている。あの何とも幸せな食感は、1度食べると病み付きになってしまうはずだ

 ということで、今回は無理やりこじつけながら、大阪府立体育館と“シマチョウ”の写真を載せることができた。それにしても、もう“春”である。花に水をやっていると、これまでとの“勢い”の違いに驚いてしまう。“春”の日差しを受けて、植物たちはどんどん成長を始めているのだ。やっと時間ができたので、春夏植物の種まきでもしようと考えている佐渡屋太郎であった。(佐渡屋太郎


ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング



スポンサーサイト

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 15:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yugidasuka.blog112.fc2.com/tb.php/97-db6571b0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。