遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「冬ソナ」回想記【佐渡屋太郎-vol.68】

写真キャプション=2006年2月に登場した「冬ソナ1」

© KBS Media/Pan Entertainment All Right Reserved
写真キャプション=08年3月に展示会が開催される「冬ソナ2」

© KBS Media/Pan Entertainment All Right Reserved

 いまは2月26日(火)の18時10分。本日、2本目の原稿である。昼から「冬ソナ2」の記事を書くために、資料をひっくり返して「冬ソナ1」のことを調べていた。そしたら、1回分の原稿を書けるくらいのネタが集まってしまった。

 実は、今日が締切日の原稿が1本ある。どうしようかと迷ったが、ネタは思いついたときに書かないと、鮮度が落ちてしまう。仕方ないので、貴重な時間をこのブログに捧げることにした。F誌編集部のKさん、毎度のことながらすみません。これから佐渡屋太郎は、ブログ「遊技租界」と浮気をします。

 というわけで、まず冒頭の写真を見ていただきたい。こうして並べてみると、「冬ソナ1」(上)の顔と「冬ソナ2」(下)の顔の比較がしやすい。比較して分かるように、基本構造には変更がないようだ。また各部の役物なども、前作を継承している箇所が多く見られる。顔に関しては、それほど驚くような変化はなさそうだ。一方、演出に関してはどうであろうか。その全貌が明らかになるのには、もう少し待たなくてはならないようだ。この焦らし方が、テレビCMの手法とよく似ている

 さて、一大センセーションを巻き起こした「冬ソナ1」が登場したのは、一体いつのことであったか憶えているだろうか。何を隠そう、ちょうど2年前の2006年2月のことであった。昨年12月にホール取材に行ったとき、まだ「冬ソナ1」が元気に稼働していたので、嬉しくなって記念写真を撮ってしまった。それがここに掲載した写真である(手前から2人目の客さんが打っている台が、何と「冬ソナ1」なのであった)。

写真キャプション=発売から2年が経ってもホールで頑張る「冬ソナ1」

 この「冬ソナ1」が、まだ残っているホールも少なくないだろう。考えてみれば、もう丸2年以上も文句を言わず、コツコツとホールの利益のために働き続けてくれているのだ。入れてはすぐ姿を消す台が多いなか、まさに表彰状ものの貢献をしている“名機”と言ってもいいだろう。

 最初は甘くて使えないとか、パチンコをしたことのない女性客が打つので時間が掛かって仕方ないとか、製作に金を掛け過ぎているとか、すぐ人気は落ちるだろうとか、散々なことを言われたものだ。しかし、どうだろう。今でもしぶとく生き残っているではないか。前回にも書いたように、いま“冬か春か論争”で注目を集めているが、そんな目先の“からみ合い”をする前に、この「冬ソナ1」を思い出してもらいたい。この「冬ソナ1」は春夏秋冬を何と2回も経験してきたのだ。当然、冬こそ「冬ソナ」、春でも「冬ソナ」、夏でも「冬ソナ」、秋でも「冬ソナ」だったのである。

 そんな思いで2年前の資料を探していたら、「冬ソナ1」の展示会の記事が出てきた。2006年2月2日、京楽産業.が東京お台場の「ホテル グランパシフィック メリディアン」で、新機種「CRぱちんこ冬のソナタ」の展示会を開催したというものだ。奇しくもその2年と1ヵ月後の2008年3月4日、同じ会場で「冬ソナ2」のホール関係者向け展示会が、また開催されるのだ

 前回はドラマ「冬のソナタ」でサンヒョク役を演じ、歌手としても活躍しているパク・ヨンハさんが来場し、会場を大いに盛り上げたとある。そして、今回はチェリン役のパク・ソルミさんが会場を大いに盛り上げてくれることだろう。

このところ、日本は寒波の襲来を断続的に受け、冬の真っ只中にある。京都や大阪でも隔週ごとに雪が降る日がある。この雪は「冬ソナ1」のこれまでの貢献に感謝し、新たな「冬ソナ2」の登場を祝う“天の粋な計らい”なのかも知れない。そこで前回、京都に降った雪の風景を、佐渡屋太郎から「冬ソナ1」への感謝の印として掲載することにした。実は、この写真を載せたくて仕方がなかったのである。

写真キャプション=「冬ソナ1」の働きを称えるように、京都の街に降り注ぐ雪

 これが掲載できたのも「冬ソナ1」の“底力”のお陰だろう。まずは、「冬ソナ1」に大きな拍手を贈りたい。そして、新たな「冬ソナ2」に2年とは言わないが、最低1年はホールで頑張ってくれることを願って、エールを贈りたい気分なのである。(佐渡屋太郎

ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

朗読で聴く「冬のソナタ」上巻朗読で聴く「冬のソナタ」上巻
(2005/03/30)
田中美里

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 17:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yugidasuka.blog112.fc2.com/tb.php/92-2e91a014

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。