遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雪だ、雪だ、雪だ~!【佐渡屋太郎-vol.62】

写真キャプション=“雪化粧”をした淀川沿岸の“拠点”から梅田方向を望む

 いまは2月9日(土)の18時30分。本日の2本目の原稿である。本来なら、これを1本目に書きたかった。それは何故か。今日、10時ころから大阪でも雪が降り出し、あっという間にあたりの風景が“雪化粧”をしたからである。この日は週末なので佐渡屋太郎は大阪の“拠点”にいたのだが、思わずベランダに飛び出し、写真を撮ってしまった。

 白く染まった淀川堤防と、橋の向こうに霞む梅田のビル群。まさに絶景である。私の生まれた佐渡では、小さい頃によく雪が積もった。雪が積もると、山の方に住む友達の家に行き、自作の“竹スキー”で暗くなるまで、雪まみれになって遊んだものだ。だから、いまでも雪を見ると、興奮してしまう。いまの私の気持ちを言葉で表わすと、“雪だ、雪だ、雪だ~!”と今回のタイトルのようになるのである。

 しかし、この“雪景色”が通常とどう違うかが分からないだろう。ムッ、フッ、フッ、実は通常の風景も撮ってあるのだ。このあたりの抜け目のなさが、佐渡屋太郎の佐渡屋太郎たる所以である。さあ、存分に見比べてもらいたい。ここに“拠点”を築いて3年半近くになるが、“雪景色”を見たのは初めてのことだ。実に貴重な記録写真を物してしまった。

写真キャプション=通常の状態で撮影した淀川沿岸から梅田を望んだ風景

 この淀川が流れる一帯は、1つの文化圏を成しているといってもいい。休日には、河川敷で少年野球が行なわれ、堤防はランニングやウォーキングに励む人たちで賑わう。実に平和で、小市民的な日常が展開されているのである。淀川河川敷の少年野球が生み出したスターは、何と言ってもジャイアンツの上原浩治投手(32)である。頑張れ、上原!、“母なる淀川”が応援しているぞ~!。

 東京で言えば、荒川よりちょっと洒落ていて、多摩川をすこしガラを悪くした感じといったらいいのだろうか。こんなことを書くと、荒川流域と淀川流域の住民を敵に回しそうだ。私は倖田來未にはなりたくない。淀川には“大阪郊外の幸せ”があるとでも言っておこうか。その河原で花見もしたし、バーベキューもした。淀川花火大会も自転車に乗って見に行ったし、城北菖蒲園にもお邪魔した。

 もう、この淀川一帯は、佐渡、京都、バラナシ、ポカラに次ぐ、第5の故郷になりつつある。淀川は佐渡屋太郎にとって、ガンガに次ぐ“母なる淀川”になっているのである。この前、この淀川を泳いで渡ろうとして、遭難したヤツがいた。しかし数年前、当時ABCにいた宮根誠司アナウンサーは、タイガースが優勝できなかった罰ゲームとして、寒いなか淀川を泳いで渡り切ったのだ。

 実は、何を隠そう佐渡屋太郎も淀川横断をしたくて、ムズムズしていたのである。私は高校生の頃、佐渡で一番大きな国府川を泳いで渡ったことがある。しかし淀川の川幅は、国府川の1.5倍以上はある。それと、流れの強さが想像できない。きっと、大きく流されていくはずだ。だが、あと10年ほど若かったら、きっと飛び込んでいたことであろう。遭難したヤツには悪いが、いい教訓を与えてくれた。あの1件以来、淀川への“征服欲”はだいぶ弱まってきた。遭難して新聞記事になり、皆にバカにされるのだけは避けなければならない。

 “雪景色”も凄かったが、あと1つ淀川の絶景がある。それは“夜景”だ。川向こうにそびえる梅田のビル群のネオンが、実に美しいのだ。その美しさは言葉では、語り尽くせない。では、“見せろ!”と読者諸君は叫ぶだろう。ムッ、フッ、フッ、収集癖のある佐渡屋太郎は、その“夜景”も映像データとして持っているのだ。では勿体ないが、お見せすることにしよう。

写真キャプション=淀川の向こうで光を瞬かせる梅田のビル群

 夏の風呂上り、ベランダのデッキチェアに腰を下ろし、酒を飲みながら、この“夜景”を見るのは最高だ。東京にいたときは、新中野の事務所から新宿の高層ビル群を眺めていた。それに比べれば、迫力は少々落ちる。しかし、ビル群のなかで蠢く欲望を、遠くでのんびりと想像しながら眺めるのも悪くない。不思議と淀川に対するのに似た“征服欲”が湧いてくるのだ。“いつかヤッタルデ~!”と心の中で叫んでいる佐渡屋太郎であった。

 さて、今回は“雪”をネタに1本を書いてしまった。当然ながら、パチンコの話はどこにもない。SANKYOは「冬は終わった」と言うが、京楽は「冬ソナ2」をチラチラ見せながら、4月に発売してくるようだ。と、最後に思い出したように、パチンコネタを取り付けてみた。しかし、“雪”が積もったときくらい、パチンコのことを忘れてもいいだろう。以上、“雪の大阪”からのレポートでありました。(佐渡屋太郎


ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

雪の女王 DVD-BOX2雪の女王 DVD-BOX2
(2007/11/22)
ヒョンビン. ソン・ユリ. イム・ジュファン. ユ・イニョン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 11:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yugidasuka.blog112.fc2.com/tb.php/86-56c30df3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。