遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

景品問題の底流にあるもの(後章)【佐渡屋太郎-vol.260】

夏空に向かって元気よく成長する「ナンキンハゼ」の木

いまは12年8月10日(金)の16時50分。やっと佐渡への帰省まで終わらせなければならない、最後の仕事までたどり着いた。今日は午前中に駅前のデパートへ行って、土産を買ってきた。それから帰省のための荷造りをし、水シャワーを浴びたあとで、8月20日締切りの原稿を書いた。そして、いまキンキンに冷えた焼酎の水割りを机の上において、チビチビと飲みながら、このブログ原稿を書き始めたのである。冒頭にも言ったように、この原稿を書き終えれば、帰省前のすべての仕事が終了する。そして、明日のいまごろの時間には佐渡の実家に着き、冷たいビールを飲んでいることだろう。

先ごろから連日にように続いた緊張感が溶けたため、急に眠気が襲ってきている。それに加えて酒も飲み始めているので、早目に本題に入っていかないとこの記事を積み残してしまいそうだ。今回のテーマは景品問題の4回目で、いよいよ最終回を迎えることになった。前回は、今回の規制強化をホール側から見てきた。そこで今回は空の上から、この問題を“鳥瞰”してみたいと思う。まず、雀のようにまず低空から規制強化の流れを見ていきたい。

先日、ネットを見ていたら、“釘曲げ”に関する本格的な規制強化が始まったという記事を見つけた。個人的には“いよいよ来たか”といった感じがした。流れとすれば、遊技機→ホール営業→換金という3つのポイントがあるように思う。遊技機は「ECOパチ」などといったあやふやものではなく、ホール側の関与をいっさい排した遊技機への転換。もともとホール側による“釘調整”は、風営法でも禁止されている。それに民間のパチンコ屋のオヤジや店長が、売り物である遊技機の釘をいじって自由に“粗利”を調整できることに対し、疑問や不信感を持っている人は意外と多い。

散歩の途中の道で咲いていた「ヒマワリ」

建前的には、遊技機は警察庁の外郭団体である「保通協」の検査を通り、各都道府県の公安委員会が承認して、ホールに設置される。しかし、実際は機械で打ったような釘で、そのまま営業したらひどいことになってしまう。玉はあちこちに飛び跳ねて顧客のストレスは高まるし、ホール側もそんな荒れ釘では数値管理ができなくなってしまう。以前はメーカーや販社の人間が、実際に営業で使えるような“開店釘”を作りに来てくれたものだという。しかし、メーカーや販社の人間がカナヅチを持つことは禁止された。

それからホールがすべてを引き受けるようになった。日常の調整は以前からホール側が行っていた。そこには独自の理論やノウハウ、さらに職人的な技術によって、“釘”を通した釘師と顧客との、よく言えば“コミュニケーション”、悪く言えば“騙し合い”があったのだ。昔はこの“釘読み”がパチンコの醍醐味でもあった。この一連の釘調整を行政は射幸性アップのための“改悪”、ホール側は顧客や自分たちのための“改良”と考えていたと思う。そして、今回の規制強化によって、本格的に“釘調整”にメスが入れられることになったのである。

それをどこまで徹底するのかは、今後の大きな焦点でなる。広告宣伝規制や来店ポイントや貯玉システムなどで騒いでいるが、それはあとから考えれば、“序の口”であったと思えるようになってくるだろう。ホール営業においてはこの“釘調整”が最重要ポイントとなることは間違いない。これは遊技機とホール営業にまたがる、これまでになかった“大改革”である。しかし、カジノをみればそれは当然のことであり、営業者が遊技機を調整することなど、絶対にあってはならないこととされている。長い目で見れば、遊技機へのホールの関与は次第に減らされていくことだろう。

ベランダに落ちていたセミの死骸

シナリオは着実に進行している。しかし、“釘調整”にも増して、業界に大きな影響を与えることになるのは、換金問題であろう。この換金問題は業界自体の存立基盤、さらに産業自体の“存亡”に関わる大きな問題であるからだ。いまは、一物一価を“金科玉条”として、景品問題をこれまでの乱れを統一見解によって正す方向に向けての指導が行なわれている。この先、個別的には各エリアにおける特殊景品の検証や、一物一価を振りかざしての景品交換システムの改変は十分にありえるだろう。しかし、景品問題を換金問題として、切り込んでくる問題認識はいまの行政に果たしてあるのだろうか。

私はないと見ている。それは自分で自分の首を絞めることになるからだ。もし、換金問題に踏み込むことがあるとすれば、民意を受けた政治的な要請があってからのことだろう。しかし、その政治も昨今の虚妄的な動きを見ると、何とも心もとない。つまり、パチンコ業界は行政に吊るし上げにされているとは言え、その行政が“金科玉条”に掲げる風営法によって、逆に滅亡の危機から救ってもらっているという見方もできるのだ。下世話的に見れば、警察OBがメーカーやホール企業、ホール組合のみならず、“3店方式”を構成する特殊景品関係の組織や会社にも天下っているという現状がある。法改正でパチンコ業界の再編成が行われれば、既得権を失うことに関しては、行政とパチンコ業界は“運命共同体”の関係にあるわけだ。

つまり、何が言いたいのかというと、今回の規制強化が換金問題まで踏み込まないのであれば、言い方は少し過激になるが“茶番”に過ぎないと私は考えている。なぜかと言うと、“射幸性の低減”を目的とした規制強化なら、当然ながらその根源となっている換金に踏み込まなければ、根本的な解決にならないからである。パチンコは換金というシステムを使った実質的なギャンブルであるからこそ、これだけ多くの顧客を集め、産業として拡大してきた。それは、パチンコをしても換金ができなかった場合を考えたら、誰でも簡単に分かることだろう。最高額1万円の賞品を得るために、どれだけの人たちがホールに通うだろう。

景品を介して、換金ができるからほとんどの人たちは、ホールに通っているのである。その顧客たちの頭の中は、たとえば1万円の遊技料を払っても、勝てば3万円になって返ってくるという論理構成になっている。こうした考えこそが、まさに射幸心(偶然の利益や幸福を得ようとすること。まぐれあたりをねらうこと)そのものではないかと思う。この射幸心を抱く源泉となっている換金システムを野放しにして、遊技機やホール営業だけを締め上げても、私は全くの“片手落ち”であると思う。事実、これまでいろんな施策が打たれてきたが、顧客の射幸心は鎮まることはなかった。

あまりに成長の早さに再度の植え替えを敢行した「シャコバサボテン」

それどころが、3万円を得るという自らの論理に破綻した多くの人たちは、家庭崩壊や自己破産、なかには犯罪に走るケースもあり、さらに報道されている数倍あるいは数十倍の人たちが水面下で命を失っていった。こうした実態を見過ごしておきながら、その根本原因を放置した行政は一体なにをしようとしていたのだろうか。カジノ法案という背景によって、まるで思い出したように規制強化路線を打ち出し、ホール業者を容赦なく叩いているいまの行政の姿を見て、私は不信感を募らさずにはいられない。

まず、換金を法的に認めること。その上で、1日の遊技料金や換金額に網を掛けること。これが射幸心の虜になった国民を救うために、とりあえず必要なことではないかと思う。税金をどうするかは政治のテリトリーで、勝手に綱引きをやっていればいい。これまでパチンコの換金に対し、「直ちに違法とは言えない」というのが行政の見解であった。それは“3点方式”という、アクロバテックな換金システムが担保となっていたわけだ。しかし、一時期は3000万人の遊技客を持ち、97%の換金率である現状を前にしては、その論拠も通用しなくなって来ているのではないか。

花の時期も終ったので、4年ぶりに植え替えを行なった「アジサイ」

私自身が、この換金システムを客観的に見ておかしいと思うし、同じように考えている一般市民も多くいる。だから、パチンコがTVCMなどで突出してくると、直ちに多くの反感が渦巻いてくるのである。パチンコを真に世に認められる形にするには、どうしたらいいのか。今回の規制強化を見ていて、つくづく考えされられた。それには“大手術”が必要であるが、それに耐えられるだけの体力をパチンコ業界が持っているのか。一方、今回もまた根源的な病巣を抱えながら、薬で散らしていくのか。いずれにしても、景品問題の奥にある換金問題が、今回の規制強化においても最大の“山場”になることは間違いないだろう。その観点からこれまでも流れを注視してきたし、今後もその興味はますます強まっていくはずだ。

そろそろ体力と酔いの限界に近づいてきた。明日は6時に起きて、佐渡に向けて出発しなければならない。佐渡ではまた多くの力仕事が待っているようだ。景品問題についてはもう少し書きたい気がするが、今回はこのあたりで留めておかないといけないだろう。また佐渡で英気を養ってきてから、考え続けていきたいと思っている。今日は13時40分の船に乗って佐渡に渡る計画になっている。(佐渡屋太郎)

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
banner_22.gifにほんブログ村 パチンコブログへ人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題 ブログランキング★パチンコ ブログランキング★パチスロ
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

スポンサーサイト

| 最新機種情報 | 06:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yugidasuka.blog112.fc2.com/tb.php/486-11369208

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。