遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

佐渡写真日記(その1) 【佐渡屋太郎-vol.186】

写真キャプション=直江津港から佐渡へ向けて出でいく船上からの風景


いまは9月6日(月)の21時12分。前回のブログは超大作になってしまった。しかし、まだ書き足りない気がしている。一方、そろそろパチンコ雑誌の記事を書く時期となった。今日は10月号の準備をしていた。大阪は毎日暑く、猛暑日は過去最多の29日目を記録している。そんな中で夏に佐渡で撮ってきた写真を見ていると、そこはかとない清涼感を感じる。佐渡も確かに暑かったが、海や植物たちに囲まれた生活は、やはり瑞々(みずみず)しかったように思えてしまう。

そこで、これからパチンコ雑誌の原稿書きを乗り越えるためにも、元気の出る佐渡の写真集を作ることを思いついた。これは佐渡屋太郎の私的なもので、私が私を元気付けることを目的としている。もっと言えば、本来なら1つひとつの写真について原稿を書くべきなのだろうが、そんな元気と時間はなくなっている。最低限のキャプションだけ付けて、読者の人にも何とか訳が分かるようにするのが精一杯である。では、個人的に佐渡の世界にどっぷりと浸かることにしよう。

SQ写真/10年9月号② 050


佐渡の小木港に着き、カーフェリー「こがね丸」から次々出てくる車。本来なら8月12日(木)に直江津の佐渡汽船ターミナルで、弟の佐渡屋次郎一家と合流するはずであったが、台風4号のために果たせなかった。佐渡屋次郎は前日の8月11日(水)に佐渡に渡り、私は8月13日(金)に日程を延期した。

SQ写真/10年9月号② 053


大阪から担いでいった机の脚。昨年8月の引越し時に、この足を送るのを忘れてしまった。佐渡でいざ組み立てようとしたときに始めて気づいた。昨年はギター2本を担いで帰ったので、それに比べれば大したしたことはなかったが、電車の棚に上げることができず、置き場所に苦労することになる。幸い、横の席が空いていたので、そこにずっと置かせてもらうことにした。

SQ写真/10年9月号② 055


その結果、1年振りにすべてが合体し、組み立てられた机。私はこうしたことに異常に喜びを感じる。物を修理することも大好きで、直ったときに異常な喜びを感じてしまう。この机は今回、資料整理するときに使った。ちょうどいい天板の大きさで、作業中に不便を感じることはまったくなかった。紆余曲折はあったが、この机もやっと復活して生き返ったと言える。

SQ写真/10年9月号② 059


佐渡で一番おいしいというトンカツ屋に飾られていた豚のフィギア。このほかにももっとあり、その収集癖に感心した。鉄瓶のコレクションもあった。そして、そこで注文したカツ丼も確かにうまかった。こうした執着心の強い人は、料理にも凝るのである。さらに、味噌汁に入っていたとろみのあるギンバ草(海藻)が新たな発見で、帰るときに土産屋で買ってきた。

SQ写真/10年9月号② 061


今年6月に帰ったとき、苦労して直した砂利道。近頃、知らない車の車輪の跡がよく残っているというので、こんなものを置くことになった。多分、電気の検針か何かだろうが、勝手に敷地内に車を乗り入れられるのは気持ちよくない。当初は柱を両脇に打ち込んで、鎖を掛けるという構想だったが、母と弟とホームセンターに買出しに行ったら、弟がちょうどいいものを見つけたので、採用することにした。母親は文字がないものの方がいいと言ったが、こちらの意思を明確に示した方がいいと私が主張してこのような結果となった。弟の佐渡屋次郎は「盗られて困るようなものはないだろう」と言ったが、私の“宝”が畑の家には詰まっている。これは大きな価値観の相違である。

SQ写真/10年9月号② 064


昨年に続き、今年も墓参りに行けなかった。しかし、今年は台風4号の影響で、8月12日(木)に佐渡汽船が欠航したという確たる理由がある。母親はそれでも不機嫌であったが、いくら佐渡屋太郎でも直江津から佐渡まで泳いでは渡れない。仏さんを出迎えには行けなかったが、その代わり“送り”には行ってきた。数年前までは海に流していたが、海が汚れるためそれも禁止となり、海辺の決められた場所に捨てるようになった。それも味気ないというので、我が家では畑の一角で送ることにしている。この写真は少しぼけているのが残念だ。仏さんはキュウリの馬に乗り、ナスの牛を連れてあの世に帰っていくという。我が家には4人の仏さんがいるが、みんな相乗りして天空を駆けていくのであろうか。その姿を想像して1人で楽しんでしまった。

SQ写真/10年9月号② 102


籐ツルとの闘いの前に、母親の命令によって作ったササゲ豆の棚。写真手前が佐渡屋太郎の製作で、写真の向こう側は畑を貸しているプロのおばちゃんの手になるものである。佐渡屋太郎作の方は、1列目と2列目をさらに竹で繋ぎ、補強してある点が見所となる。

SQ写真/10年9月号② 127


その2日後、佐渡での最終日に撮ったササゲ豆の棚。成長の早いものは、しっかりと私の作った棚にツルを巻きつけている。製作者としてはやはり嬉しい。この立派な棚にしがみ付いて、せいぜい大きな豆を実らせてもらいたいものだ。この夏は“ツル”が最大のテーマとなったが、このササゲもマメ科のツル性の植物であった。まさに2010年は“ツル尽くし”の夏となった。

SQ写真/10年9月号② 079


いとこのMが飼っているメダカの水槽。セメントの土管を利用したものだが、水草の感じが何とも風流な趣を感じさせる。写真ではよく見えないが、覗き込むとメダカの大群が気持ちよさそうに泳いでいた。このメダカは、果たして1匹いくらで売れるのであろうか。小さい頃は田んぼの脇の小川にメダカ、タガメ、ミズスマシ、ドジョウ、フナ、ザリガニ、おまけにヒルまでいて、笹船を作って競争もした。あの生ぬるい水の感触と土の匂いが懐かしい。

SQ写真/10年9月号② 089


畑で育っていたコンニャクイモの木。1年もの、2年もの、3年ものがある。一時期、よく母親手作りのコンニャクを食べさせられた。刺身にして味噌ダレを付けて食べるとおいしい。それと父親の手打ちのそばを食べるのが、佐渡へ帰ったときの儀式であった。父親はそのために、そば畑を作り、そばの実を石臼で挽いた。その発端は私が父親の実家で食べた手打ちのそばの味を絶賛したことだった。それが凝り性の父親に火を点けてしまった。そばに関するすべての道具を集め、そばの実まで自分で作るようになってしまった。私もそばに関する本を何冊も送ってやった。今年はスーパーで買ってきたそばを母親がトビウオのダシ作った汁で食べた。それはそれでとてもうまかった。こんなことを言うと、キュウリの馬に乗った父が怒って、この世に引き返してくるかもしれない。(佐渡屋太郎

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
banner_22.gifにほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題 ブログランキング★パチンコ ブログランキング★パチスロblogramランキング参加中!
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
スポンサーサイト

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 11:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yugidasuka.blog112.fc2.com/tb.php/403-cb75e994

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。