遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ホールのベース照明に本格的なLEDダウンライト登場-3【ナイトウ龍司-其の七拾七】

あらゆる照明機器と光の演出装置を自社開発するライトビーム株式会社、写真はL-MOVE


今日は3月16日(火)、昨日は午後からパソコンの前で作業していた時にある事を思い出した。

それはIPサイマルラジオの「radiko,jp」が3月15日~8月31日まで試験配信をしている事を思い出し、早速アクセスしてみたが、混み合っているのか、中々うまく繋がらなかった。

しかし、時間を空けてから、また試すとradiko.jpにつながり視聴する事ができた。

webでAMラジオが聴けるなんて、どうなんだろう?と思ったが、意外や音質はクリアで普通のラジオで聞くより、とても聴きやすいので驚いた。 現に今も”オールナイトニッポン”を聴いているが、何年ぶりだろう・・・学生時代にラジオをかけて、ヤングタウンや深夜ラジオにはまっていた「ながら族世代」としてはとても懐かしい感覚だ。

当分は、この「radiko,jp」を楽しみたいと思った。

webラジオの話はここまでで、今回はLEDダウンライトの第3回目の話をしたいと思います。

今回は従来のダウンライトとLEDダウンライトで、どれぐらいの費用対効果が発生するのかという話ですが、現在既存店の場合は、ほとんどが埋め込みタイプであっても吊り下げタイプであってもダウンライトの電球部分は水銀灯を使用されているケースが多いのです。

その理由は、水銀灯は光源自体が250wと非常に明るく。大型施設には適しているものとされ幅広く導入されてきました。

しかし、今回のLED Down Light 75wは75wでありながら、床面までの光源距離もライト自身からの配光角度も、従来の水銀灯と同等のスペックを実現できたのです。

現に商品を点灯した状態を見れば、直視することができないぐらい、眩しい光源です。

それなら、1基の照明機器を水銀灯の250wを使用するよりはLEDの75wを使用する方が完全に節電になります。

既存ダウンライト100台をLED化した時の電気料金の比較図


上記の図は同社のパンフレットで提案している内容ですが、ダウンライト100台で設定していますが、電気使用量としてはLEDダウンライトに交換する事により、1基あたり約1/3のコストカットが実現できています。

そこに1ヶ月の電気基本料金も下がりますので、ダウンライト100台に対し、1ヶ月で¥117,442.-の経費削減が可能となるのです。

たかが、照明の電気代としても、償却期間を見据えた3年後では¥4,227,926.-もの経費削減は驚きです。

LEDランプは交換寿命が40,000時間(平均7年以上)ですので、その間の交換コストは必要ありません。


また、LEDダウンライトのもう一つの魅力は、ランニングコストの面でもランプの交換寿命が40,000時間(平均7年以上)は維持しますので、従来のランプの交換寿命とは大幅に違いますので、その間のコストが発生する事はありません

そして、LEDライトの場合は通常電球の様に、プチンと一瞬で切れる事は無いのです。

交換寿命年数を超えると徐々に光源の照度が落ちてきますので、肉眼でいきなり照度が落ちてきたと見極めるのは難しいぐらいです。

写真キャプション=既存の天井開口部を利用しての施工 左の写真は同社のLED Down Light 75wを使用して、ダウンライトを施工した写真ですが、この写真でも天井開口部は従来のダウンライトが設置されていた開口部を利用していますので、とても仕上がりはきれいに収まっています。

この従来の開口部を利用できる施工こそが、さらに工事費用のコストカットも可能にするのでしょう。

次に、では実際に導入していくにはどうすればいいのかと言う話になります。

同社のLEDダウンライトの導入事例 そこには導入コストと償却期間のバランスを事前に考えて、必ず最長でも3年で償却する計画を立てるのが、合理的だと言う同社の考えがあります。

そこで、導入の際にはメーカーであるライトビーム株式会社では、専門のスタッフによって照明機器の入替えの時に省エネ計算での比較、単価や設置台数により、器具償却期間の算出などのご提案書で説明いたします。

また、今回のLED Down Light 75w助成金NEDO:独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構を通じて獲得いたしました。

これは全国のパチンコ店舗としては初になるでしょう

現在、省エネ商材を導入するにあたり、助成金や税制上の特別償却など色々な話もありますが、現実は助成金獲得にも、公募の時期を明確に把握し申請したり、特別償却なども各地方公共団体によって受け付ける内容が異なるなど、実行期限の変更が目まぐるしく変更されています。

そういった関係にも同社は常にタイムリーに専門スタッフによって情報を入手し、実現化させて行きます。

現在はこの省エネ照明計画として去年から動き出したプロジェクトも、本題となり現状10数社のホール法人が各社販社を通じて依頼しています。

また、同社のT社長は面談した当日、こういう事を言っていました。「省エネ照明だからと言って一気に入替える必要は無いのです。償却期間なども考えれば、細分化して無理なく導入することが一番です。また、LED製品が時代と共に安くなっていくのは現実ですが、現状の流れではもうこれ以上は、素子の価格も含めて大幅に下落する事は無いでしょう。実際は省エネでの成功はタイミングなんですよ。そういう意味では今からすぐ始める事をおすすめしますよ!それは2年後や3年後に結果として早くやって良かったといえますから」と言っていた。

そこには助成金特別償却で、あいまいだが施工されるタイミングを利用して、今の内に行なうのが正しいと言う社長の考えの様だ。

確かにこの話は、別で提携していただいてる。経産省に関わりのあるエネルギー診断士の徳田先生からも同じ話を聞いた。

徳田先生いわく、「省エネ関連を実行されるなら、今がチャンスですよ!なぜなら、民主党に変わってから財政が渋くなっている事は現実ですし、助成金制度も特別償却などの優遇措置もいつ無くなるかわかりませんからね。政府は省エネ、CO2削減を口うるさく言っても、実行される方々に協力できる財政が無い状態では、これからどうなるのでしょうか?強制的に自己負担だけで行なわなくてはいけない時代も想定しないといけないでしょうね」と言っていた。

最後に私はこの省エネ商材の販売活動を政権交代以前から取り組んでいる。去年はまだ、国も省エネ、CO2削減と勢いのある話も聞いていたが、最近は逆境してシフトダウンしてきている様な気がしている。

多分、不安定な財政とこの不況がそうさせているのかもしれない。

しかし、省エネ商材の導入はエコとかのキレイごとではなく、単純に経費削減商材として考えて欲しいのが現実です。

経費削減を人件費カットではなく、設備機器で削減できるのですから、早く取り組めばそれだけの効果は、早く得られると私は確信しています。

省エネ法の改正に該当される法人の方にはこの現実を知って頂ければと思います。(ナイトウ龍司)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
banner_22.gifにほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題 ブログランキング★パチンコ ブログランキング★パチスロblogramランキング参加中!
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
スポンサーサイト

| ナイトウ龍司-業界の眼 | 04:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yugidasuka.blog112.fc2.com/tb.php/364-01ea0540

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。