遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パチンコ買い控えでスロットが売れている【直江タッチ-15回目】

バジリスク 甲賀忍法帖 公式サイト


 お久しぶりです。直江タッチです。 いよいよ、今年も師走に入り来春の機械の話もちらほらと聞こえ出して忙しい日々が続いています。

今回はその中で、気になる機種の話が出てきたのでご紹介できればと思います。

まずはスロットで今月末に滑り込みで入ってきそうな、アルゼの新台スロット”バジリスク”です。こちらの機械は純増2.4枚と言われているスピード感のある仕上がりになっているそうです。

辛めの機械には映りますが、前回出た「銀河英雄伝説」の現況の稼動状況も好調なので期待できそうです。

写真キャプション=「銀河英雄伝説」も再販が決定、新パネル“常勝の天才”バージョン その「銀河英雄伝説」も再販が決定し、新パネル“常勝の天才”バージョンで販売開始されました。 こうしてみると今年のアルゼはドンちゃんシリーズを絡めてとても安定した売れ行きになったのではないでしょうか?

このアルゼに限らず、大手スロットメーカーが好調の理由のひとつに、最近の新台スロットの販売価格も影響している様な気がします。

以前は新台スロット1台あたり35万~40万位していた価格が、最近では20万~30万円だいに下がってきている事はかなり大きいと思います。以前より10万円位は下がってきているのです

それで、機械の内容が良くて稼動が取れれば、スロット拡張を試みるホールも増えて来ると思います。

今年はスロットの販売分野だけで見れば、メーカーが二極化された1年に思います。5号機が始まってからは当初、奮闘していた非加盟メーカーも、今年は従来のメジャーメーカーの強力キャラの攻勢でシェア確保は難しくなったのではないでしょうか? 

その様な中で、非加盟メーカーなどが、低価格スロット機の販売を行った経緯から、各社現状の価格設定になり結果デフレ現象が起きたのかも知れません。 そして、その行く先はウィンネット社が行っている割勘システムなどの売上分配性のレンタルシステムに繋がるのでしょう。 

現状、割勘システムは開始されていますが、それに先を越された形になったアビリット社は同様のシステム開始に躊躇している様子です。
現に来春の2月7日の週より、アビットとして”カラス”という機械を販売するそうですが、販売方法に売上分配性のレンタルシステムを導入されるかは未定だそうです。

ただ、全体的に見て今まで高いとされていたスロット機が実質的に求め易い価格になった事は、メーカーの努力も含めとても良い傾向だと思います。



ただし、もうすぐお目見えするサミーの"明日のジョー”に関しては価格は従来通りとの事ですので、京楽とのコラボ機種という兼ね合いもあり、これは前評判と人気を考えるとしょうがないかも知れませんね。

新台スロットの情報では、他に大都から”押忍!操”の話が話題になっています。こちらもメジャータイトルなので期待できそうです。

さて、話は変わりましてCRパチンコ機の方ですが、こちらは現状厳しさを若干感じます。

現状、京楽のアマデジ”ぱちんこ必殺仕事人Ⅲ祭りバージョン”の稼動は好調のようですが、三洋の”CRスーパー海物語IN沖縄2”はかなり厳しそうに感じます。

ここで記事当初にパチンコ機の買い控えと書きましたが、ここ1年を見てホールもCRパチンコ機の導入に関しては、だいぶシビアになって来たと思います。 その理由は機械代の高騰もあるでしょう。以前は新台で25万円ほどだったCR機も最近のMAXタイプに変わってからは35万円位に変わってきています。 ここでは以前より10万円も騰がっているのです

確かに売上が上がる機械なら機械代が高くなってもしょうが無いのですが、最近では景気の情勢でエンドユーザーもアマデジや円パチを好んで打つ傾向があるので、MAXタイプ離れがある様なのです。

となると、ホールも新台でも稼動が取れない短命機種となるのなら、購入するのを控えていくのが現状のようです。

最近では円パチ専門店などの稼動は良く、聞くところによると全国でもうじき50%のシェアに近付く勢いだといいます。 それを考えると低貸し営業で運営されているホールに現状の新台価格で導入してらう事は難しいと思います。

写真キャプション=しかし、メーカー側では、今後もまだまだ過激な台が登場しそうです。今回、高尾から販売される"CRベノムの逆襲M”ですが、スパイダーマンの敵役を主人公にした作品ですが、そのスペックはかなり凄そうです。

ラッシュチャージというものがあり、当選すると次のゲームから20ゲームの大当たり継続が保証されるといいます

これだけの爆発力があるということは、逆に言えばかなりキツイ内容になるのだなと推測できます。

稼動の良い強いお店なら、間違いなく導入したい一台になるでしょう。

まぁ、今回は色々と書きましたが、CRパチンコ機については今後の動向の流れは我々、機械屋でも読めなくなって来ているのも現実です。

ホールの営業形態が日々変化して行く事に対応した機械が登場してくる事に期待したものです。(直江タッチ)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
banner_22.gifにほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題 ブログランキング★パチンコ ブログランキング★パチスロblogramランキング参加中!
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
スポンサーサイト

| 直江タッチ-機械の虎 | 14:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yugidasuka.blog112.fc2.com/tb.php/316-4c2cbcdc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。