遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ぱちんこ情熱リーグの1次予選通過11ホール決定【佐渡屋太郎-vol.157】

写真キャプション=1次予選の総合得点で387点を取り、2位となった「ARROW浪速店」(1200台、大阪市浪速区)


 いまは11月26日(木)の15時30分。いま、年末用の原稿書きの“佳境”にある。1つひとつこなしていくと、だんだんとリズムが出てきて調子が乗ってくる。そこでその調子の良さの勢いに乗って、このブログの記事を書きながら一服したいと考えた。実は、このブログで書いておかなければならないことが、3つほどある。1つ目は、「ぱちんこ情熱リーグ」の1次予選が終了したこと。2つ目は、同じく「ぱちんこ情熱リーグ」が11月16日(月)にセミナーを開催したこと。3つ目は、11月19日(木)に余暇進が博多で開催した「合同展示会&セミナー」のことである。

写真キャプション=383点で3位となった「オーロラ」(250台、大阪府高槻市)


 本来なら、それぞれ開催された翌日には、記事を書かなければならない。しかし、いろんな原稿を抱えているので、なかなか書けないのが現状だ。まあ、そんなに焦る必要もないではないかと、個人的には思っている。早く見たい人は他の媒体を見てほしい。ここでは当初の方針通り、“ボチボチ”と書いていく。さて、今回は1ヵ月近くも遅れた「ぱちんこ情熱リーグ」の1次予選についてである。この1次予選は10月末に終了した。そして、11月末には2次予選も終了してしまう。そこでさすがの佐渡屋太郎も焦って、今これを書いている次第だ。

 実は1次予選の結果については、パチンコ雑誌の12月号に6ページも記事を書いた。また、同じことを書くことを体が嫌がっていたのである。しかし事態がここに至って、さすがに書かざるを得ないだろうと決心した。さて、この1次予選では参加135ホールの中から、2回の審査により、10ホールが選出されることになっている。その10ホールが、次の2次予選に進出するわけだ。1次予選の第1回審査の結果については、このブログでも紹介した。それから10月に第2回目の審査が行われ、その結果が11月1日に発表されたのである。まず、見事に1次予選を勝ち残ったホールを紹介しよう。

写真キャプション=376点で6位となった「玉太郎」(197台、大阪市西淀川区)


①392点「駅前ペリカン」(前回1位、㈱ウィル、石川県金沢市、169台)
②387点「ARROW浪速店」(前回5位、新栄観光㈱、大阪市浪速区、1200台)
③383点「オーロラ」(前回8位、㈱フリーダム、大阪府高槻市、250台)
④380点「マックスアリーナ」(前回6位、㈱ミナミエンタープライズ、福島県福島市、960台)
⑤379点「丸の内デルコム」(前回33位、志賀産業㈱、群馬県前橋市、608台)
⑥376点「玉太郎」(前回41位、㈱J-DREAM、大阪市西淀川市、197台)
⑦374点「ベラジオ姫島店」(前回45位、ベラジオコーポレーション㈱、289台)
⑧371点「ダラム川西」(前回20位、㈱アベニュー、兵庫県川西市、300台)
⑨370点「DAIICHI J&Z2号店」(前回15位、大一興産㈱、大阪市西成区、891台)
⑩369点「泰豊今津店」(前回27位、㈱ジョイナス、滋賀県高島市、280台)
⑩369点「DAIICHI J&Z上六店」(前回11位、㈱ディープロジェクト、大阪市天王寺区、255台)

yosenn.jpg


 総合得点の10位に同点ホールが出たため、1次予選の通過したのは11ホールとなった。詳細は別表を作成したので参照してほしい。2回目の審査結果の特徴は、1回目の審査との点数の差が大きかったことだ。そのため、激しい“順位変動”が起こった。2回目審査で200点満点を取ったのは4ホールで、そのうち3ホールが10位以内に滑り込んできた。ちなみに、その3ホールの前回の順位と得点は、⑤「丸の内デルコム」(前回33位、179点)、⑥「玉太郎」(前回41位、176点)、⑦「ベラジオ姫島店」(前回45位、174点)であった。

写真キャプション=374点で7位となった「ベラジオ姫島店」(289台、大阪市西淀川区)


 逆に、前回200点満点を取ったホールで、総合得点で10位以内に残ったのは1ホールしかない。ちなみに、それら4ホールの総合順位と前回と今回の得点を記すと次のようになる。1位=「駅前ペリカン」(200点→192点)、18位=「夢屋黒磯店」(200点→158点)、23位=「パーラー虎王」(200点→154点)、25位=「WING21深江店」(200点→153点)となっている。さらに前回から大きく順位を落としたホールとして、Aホール(6位→68位、194点→129点、65点差)、Bホール(16位→127位、185点→66点、119点差)という例もあった。

写真キャプション=371点で8位となった「ダラム川西」(300台、兵庫県川西市)


 審査する人によって、その評価が多少異なるのは当然だろう。しかし、それにしてもAホールやBホールなどは、差が大きすぎるように思う。次回からはもっと審査回数や人数を増やすなどの改善が必要だ。一方、前回から今回にかけて、大きく点数を増やしたホールもある。その象徴が今回200点満点を取った4つ目のホールで、Cホール(105位→39位、143点→200点、57点差)と大きく順位を上げた。ほかにも、Dホール(131位→93位、110点→190点、80点差)、Eホール(132位→110位、109点→172点、63点差)、Fホール(134位→115位、101点→172点、71点差)などの例がある。さらに前回は最下位であったホールも、Gホール(137位→133位、85点→134点、49点差)と大きく得点を伸ばしている。

写真キャプション=370点で9位となった「DAIICHI J&Z 2号店」(891台、大阪市西成区)


 こうしたホールは、前回審査と今回の間に何らかの“ホール改革”が行われたに違いない。それは、どんな些細な“改革”であってもいいと思う。ただ、スタッフたちの力で“ホールを変えていく”という体験が、何にも増して貴重である。そうした小さな改革の体験が、次第に“うねり”となり、大きな“ホール改革”に結びつくことになる。それが「ぱちんこ情熱リーグ」への参加が契機となり、“改革”の実践につながったのであれば、この大会開催の効果は十分にあったと言える。とくに、前回に低得点であったが今回の審査で得点を伸ばしたホールに、今後の成長を期待したい。ホールの成長は、スタッフ自身の成長でもある。“やればできる”という自信から、“目標を達成するためにやる”という姿勢に皆が変われば、そのホールの“改革”はすでに起こっているのである。

写真キャプション=369点で10位となった「泰豊今津店」(280台、滋賀県高島市)


 私自身も含め、この業界でも「店舗改革」「意識改革」や、「顧客本位」「顧客視点」という言葉を何回も使ってきた。しかし、その実態はどうか。先進ホールではすでにその段階を超え、いまでは“感動を生む接客”などと言っている。しかし、その他のホールは口先だけで顧客本位というが、調子ばかりいい“自店本位”のホールがいかに多いことか。そんな状況から一刻も早く抜け出そうという目標を元に、始められたのがこの「ぱちんこ情熱リーグ」である。

写真キャプション=369点で10位となった「DAIICHI J&Z 上六店」(255台、大阪市天王寺区)


 そしてこのコンペは、そのためのきっかけ作りでもある。私も今回はこの中にどっぷりと浸り、ホールはスタッフの意識によってどのように“変わっていけるのか”を、じっくり見る機会を与えてもらった。その点では「ぱちんこ情熱リーグ」に感謝したい。そして、これら業界の若手たちが、どのようにホールを変え、どのように業界を変えてくれるのか。そこには、いくつかの仕掛けがあるようだ。その点については、これからボチボチと紹介していきたいと思っている。ただ、これを単なる“ホール日本一”を決めるイベントと思っている人も多いことだろう。しかしこの試みには、極端に言えば“ドグマ”がある。その思想的な背景も、次回あたりで突っ込んでみたいと考えている。

 さて、今回の審査でも各質問項目に関する“達成度”の集計が行なわれた。しかし、結果は前回とあまり変化がなかった。その詳細な分析をもう一度する気力はない。ただ前回、各項目について「また来たい」ホールと、「また来たくない」ホールのクロス集計を行なった。そして今回はさらに一歩進め、「是非来たい」ホールと、「たぶん来ない」「絶対に来ない」ホールとの対比を行なった。




 つまり、「ぜひ来たい」と顧客に思わせるホールの要素を探求したわけだ。前回は20%以上の格差があった質問項目を列挙した。しかし、今回は当然ながらその格差はさらに拡がった。そこで30%以上格差があった項目を書き出すことにした。顧客から自店に「是非来たい」と思ってもらいたいホールは、今後のホール改善の参考にしてもらいたい。(佐渡屋太郎)

①「出玉感を感じられる演出がありましたか」=53.2%
②「各コースの空間演出に魅力を感じられましたか」=49.8%
③「入店時の挨拶は元気よく、笑顔で気持ち良いものでしたか」=48.5%
④「スタッフから親しみのあるお声がけ・アイコンタクトはありましたか」=45.8%
⑤「スタッフの表情は笑顔があり、好印象でしたか」=42.1%
⑥「POPやポスターによるご案内は、その内容が魅力的に伝わるものでしたか」=39.4%
⑦「お店の活気・雰囲気はいかがでしたか」=1.91(38.2%)
⑧「入りたくなるための工夫がありましたか」=32.9%


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
banner_22.gifにほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題 ブログランキング★パチンコ ブログランキング★パチスロblogramランキング参加中!
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
スポンサーサイト

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 00:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yugidasuka.blog112.fc2.com/tb.php/307-898376de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。