遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

佐渡屋太郎は疲れていた!【ナイトウ龍司-其の五拾五】

写真キャプション=数年前の二人だけの忘年会写真3番が佐渡屋兄貴、2番がバカナイトウのワンショット


 今は11月22日(日)、明日は上の娘の誕生日だ。もう中一になるが、近年子供が大きくなる事に恐れを感じている。 幼かった頃の思い出だけが残っていて、今の娘に対して毎日、デリケートに言葉を選んでいる自分がもどかしい。

 上記の写真は一度、このブログでも掲載している2年前の忘年会の写真だ。

 この頃は当年、遊技租界を立ち上げて毎日の様に飲んでは夢を語り合っていたような思い出がある。

 立ち上げ当時、この遊技租界は”メディアミックス”をキーワードに色々な試みをし、怒涛の月日の流れで今になった。

 当初、業界の友達は『ブログなんて?なんの意味があるの?』などと心配?してくれていたが、先日、九州の出張から帰ってきた佐渡屋兄貴と電話で話をした時にふと感じた。

 私:『遊技租界も続きましたね』

 佐渡屋兄貴『そうだな』

 私:『2年目も無事に過ぎましたね』

 佐渡屋兄貴『ん!何言ってんだ!3年目だよ!』

 この言葉は案外深かった。

 当ブログ当主である佐渡屋太郎。私はナイトウ龍司としてブログ管理人であるが、このブログを一番愛し、牽引してきたのはやはり、佐渡屋太郎だと思う。

 この2~3年の間に二人の間で面白い会話がある。それはいつも唐突に飲んだくれてた佐渡屋兄貴(いつもだが)がこう言うセリフを言う。

 『おい!猪八戒!俺は今、自分の記事を見て感動しているよ!泣けるぜ!』

 この言葉の理由は、彼自身がプロのライターとしてこの遊技租界に真剣に書いている事を意味していると思う。その理由によく彼はこう言う。『俺はプロなんだから、書ける事もあれば書けない事だってあるんだぞ!』と言う言葉を理解するには私自身、半年はかかった様に思う。

 なぜ、今、この内容を書く気になったかと言うと佐渡屋太郎兄貴が最近、業界に対しテンションが下がって来ているように見えたからだ。

 私は佐渡屋兄貴が好きだ!理由は年甲斐もなくバカな事を言う所かも知れない。

 でも、近年は遊技租界としては色々な形でテーマに添って展開してきたが、業界自体の底冷えに次第にテンションが下がってきてしまったのは言うまでもないかも知れない。

 昨日も、佐渡屋兄貴は電話での開口一番『すまん!九州行く前に約束していたのに原稿入れられなかった!・・・』とわびの電話だったが、私も反省するべき点が一杯あった。

 それは、佐渡屋兄貴が書けない時は私がフォローするべきだと思ったからだ。

 唐突だが、ブログを書いている人達は気付くだろうが、ブログと言う言葉は聞こえが良いが、やってみるとかなりシビアな現実と向き合ってると思わないですか?

 話は変わり、私は佐渡屋塾出身なので文面に制限を作らない。

 読み手としては辛いと思うが、書き手としては書く事で一つの悦を得るのかも知れない。

 簡単に言うと自己愛、マスターベーションしていると思う。

 あるジャズミュージシャンがこう言う事を教えてくれた。10数年前に大阪のブルーノートでMJQのコンサートに行った時にサキシフォンのルーが公演後のバーで『最高のライブは最悪のコンディションでする時がベター』との話だった。

 理由はジャズマンはドラッグを喰って演奏している時は最高に自分がイケテル時だと感じるらしい。だから、リリースする時はその公演のライブバージョンをリリースして欲しいと願う言うのだが、実際は音も外れて最悪の演奏だったとか・・・結局は自己満足の世界かも知れない。

 そこで、思う事はブログもそう言う形が一番良いかも知れないというとこだ。

 よく、佐渡屋兄貴には書け!と言われる。最近わかりだした。

 当初は書く事に演じていた自分がいた様な自分がいる。プロ佐渡屋太郎に対して躊躇していたのかもしれないが、今はその様な観念は必要ないとも感じている。

 このブログは何人もの人達で構成されている事が、結局続いてるのかも知れない。

 だから、佐渡屋兄貴が書けない時期がある事も承諾するべきであろう。

 今、もしかしたら私は書き手としては成長しなくてはいけないのかも知れない。

 どこぞのブログタレントのようにアクセアップ狙いの一日数十本の入稿はしたくもない。

 できないと思う。このブログタイトル”佐渡屋太郎兄貴!頑張れ!”は意味深いもので、業界の現実を考えると兄貴でさえも嫌になる気持ちはじゅうじゅう承知しているが、何か分岐点を見出す機軸になればと、私は考える。

 最後に久しぶりに聞いた兄貴の声は疲労感たっぷりの疲れた声だったが、いつもの軽快なバカげたアンニュイな口調の佐渡屋兄貴のしれっとした記事を近々読みたいものだと思いました。(ナイトウ龍司)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
banner_22.gifにほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題 ブログランキング★パチンコ ブログランキング★パチスロblogramランキング参加中!
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
スポンサーサイト

| ナイトウ龍司-業界の眼 | 02:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yugidasuka.blog112.fc2.com/tb.php/303-1af0978c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。