遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ホールへ行った体感レビューを書いてみた【ナイトウ龍司-其の五拾一】

写真キャプション= 今日は11月11日(水)、昨日からの長雨でまだ外は晴れる様子も無い。

 昨日は帰る途中にコンビニに寄ると、以前飲んだコーラのウォッカ割りに”糖質ゼロ”のタイプが出ていたのでおもわず買ってしまった。 最近はお酒もカロリーオフが全盛だが、飲むとなぜか味が薄く感じてしまうのは私だけだろうか?

 最近、私は時間を見つけてはホールへ足を運び、打つ様にしている。理由はパチンコで勝ってお金を増やしたいのではなく、以前からこのブログで取り上げている。”ぱちんこ情熱リーグ”でも行なった。”覆面リサーチ”の様な事に興味を持っていたので、実際にパチンコホールに行って店の雰囲気とその営業内容について自分独自でそのホールの感想をレビューとして書いてみたいと思ったのです。

 このレビューでは酷評も書いていこうと思っていますので、ホール名を書いてしまうと先入観をもたれても困るのでここで紹介するにあたってはホール名は伏せ様と考えてます。

 このレビューを書く事で、私自身は前回の記事に書いた”ファン”を大事にする為にホールができる良いヒントが出てこないだろうかと考えているのです。 その為には私自身がお客様と同じ立場でホールで打ってみると色々な形で見えてくるかなぁと思って実行に移しました。

 昨日は昼過ぎに大阪近鉄の布施駅前のパチンコ店を回ってみました。

 天気は曇天で今にも雨が降り出しそうだったので、各ホール昼過ぎとはいえ稼動は上々のように見えました。 

 その中で入店したのは1円2円を併設して営業しているSホールに立ち寄り、中を見渡すと稼動は70%と中々いい感じでした。 設備はパーソナルで自動化され、店員も島端の通路で入場のお客様、一人、一人に挨拶ができていて印象はとても良いものでした。

 早速、台を選ぶために島を歩き渡っていると2円パチンコでの甘デジ(1/99タイプ)の稼動だけが極端に悪い事に気が付きました。その逆にミドルスペックの稼動はよく、お客さんも満台状態でした。

 そう探しているうちにCRキン肉マンのミドルスペックが1台空いたので打ってみることにした。ここは2円コーナーなので500円で買っても玉数は余裕にたっぷりあるように普段、4円を打つ者からは感じてしまう。 打ち始めてから驚いた事はその台の釘の絞っぷりはすごいものだった。

 500円でたったの10回転も回らないのだ。回りムラもあるのだが、ループへの導入も絞め、なんとも2円パチンコともなると、ここまで絞めなければやっていけないのかとあきれてしまった。 打っている最中、横に座る中高年の常連風の男性に聞いてみた。

『自分の台、全然回らないんですけど、そちらはどうですか?』と聞くと隣の男性は

いつもですよ!2円コーナーは玉が多くでて打たせるから、しょうがないんとちゃう・・・、でも1円はもっとヒドイし、打つならお金持って帰りたいからこれぐらいしか打たれへんねん』と言う。

 まぁ、その通りだなと思い。私も黙って打ち続けた。打っている最中は店員が小まめに手回りの掃除に訪れる姿が多く、その辺の従業員教育はさすがだなと感心した。

 そして、6千円目にやっと大当たりしたのだが、そこで思わぬ事が発生した。

 入賞した玉の払い出しがジャムって出てこなくなってしまった。あわてて呼び出しボタンを押したが、従業員は中々来ない。しかもアタッカー周辺の釘は散らしすぎて、玉が入らない。1回のアタッカー開放で4・5球しか入らないように見える。 従業員が来ないので仕方なく、玉を追い買いするはめになった。追い買いしたとたんに払い出し球が正常になりバラバラと玉が支払われ出した。運が悪いの一言だ。

 すると従業員が申し訳なさそうにやって来た。

 店員:『どうしましたか?』

 私:『大当たりしたんだが、玉が出てこないんで追い買いするはめになったよ・・・』

 次の店員の一言が、びっくりした。

 店員:『でも、今は正常に動いてますよね』

 店員本人は見てないのはしょうがないが、申し訳ないの一言はあってもいいんじゃないのか!

 私もカチンと来て、まだ大当たり中の台を指差し、こう言った。

 私:『これ見てよ!アタッカーに玉が全然よらないよ。当たっても玉が入らなければ意味がないじゃないか!パンク寸前になるよ!』と強い口調で言うと、店員もその台の釘の酷さを目の当たりにして、じっとその台を大当たり終了まで見ていた。

 最後まで見続けた店員が私に申し訳なさそうに一言。

 店員:『いや~酷い釘ですね。弱く打って入るレベルじゃないですね。すいません。』そして、

 店員:『実は明日入替えなんですよ!だから今日はこんな感じで!勘弁してくださいね』との事。

 口調は優しく、気遣っているが私はこの言葉にダメ出ししたい気分になった。

 なぜなら、いまの一連でも私が従業員を呼んだ理由はトラブルが発生したからだ。そのトラブルにも間に合わず、たまたまその後の状況を見て、言い訳する態度。その言い訳も店の都合だけを説明していると言うところでは、接客方法に問題があるのではと思う。

 問題なく遊技している客に対しては細やかに対応しているが、いざ、クレームが起きると対処方法にこの店としての一貫性はなく、その場しのぎで何でも言ったもん勝ちの様な感じにも受け取れる

 結局、この台をその後に打つも時短中は玉べりを起こし、異常なほどの出玉の少なさで、途中で投了した。でもこの払い出しの出球が少ない事を感じさせなかったのは、パーソナルで自動化されていたので実際の出球がどれだけあったかと言う数字は理解できても体感はできないかったからだ。

 そう言う意味ではパーソナルの様な自動化する事と旧式の玉箱を並べて営業する方法ではパーソナルの方が色々とごまかしが効くように感じました。 人件費削減に効果的なパーソナルを導入すれば当然、現場の従業員数は削減されるし、人員が削減されればトラブルに間に合わなくてもしょうがないと客もあきらめる。 
 今回のこの出来事は珍しい事では一切なく、ごく普通のホール営業に出るトラブルです。ただ、このケースは昔では払い出しの玉が出遅れた時には、駆けつけた従業員が『すいません!』と一言先に謝れば済むケースです。それを,、あーだ、こーだ、と言い訳したりするのはいかがなものかと・・・

 今回のSホールでの体感レビューで感じた事は、パーソナルの様な自動化された設備導入は円パチ営業では正解でしょう。但し、1円であれ2円であれ、お客様に対しては玉をたくさん打たしてあげて遊ばしてあげると言う考えより、台本来で遊ばす釘営業も必要ではないでしょうか?周りを見ていても、このホールで遊技しているお客さん達がその日に同じ行動を取っていたのは、勝っても負けても離席した後は再度、他の台を探す事もなく、店外に出て行ってしまう事でした。

 多分、釘が絞めているのを誰もが体感したのでしょう。それと2円パチンココーナーで言うと甘デジとミドルを同じ釘調整するのもおかしくはないでしょうか?特に1/99の甘デジでは払い出し数も大した事はないので、ある程度、玉を廻して遊ばす余裕がある調整の方がお客様の稼動時間も延びるように思えます。 よく、台粗利の話が業界では出ますが、甘デジ台を絞って営業する事は利益は出にくいと私は考えてます。逆に少し回るかな?という余裕がある台に対しては、当たるかもという期待感を込めて追い金して行くと思うのです。 この微妙な感覚は薄利多売の基本だと考えてます。

 最後に今後も体感レビューをやって行こうと考えてますが、主旨は私、ナイトウ龍司が色々なホールに出向き、客観的に客として遊技し、そのホールで体験し気づいた事を書いて、その中で良い所は導入していただいたり、悪い所はその改善策のヒントとしてホール運営者の方に見ていただければと思います。(ナイトウ龍司)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
banner_22.gifにほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題 ブログランキング★パチンコ ブログランキング★パチスロ
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
スポンサーサイト

| ナイトウ龍司-業界の眼 | 14:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yugidasuka.blog112.fc2.com/tb.php/295-f0946013

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。