遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ぱちんこ情熱リーグの参加ホール決定【佐渡屋太郎-vol.150】

写真キャプション=夢にまで出てくる佐渡の田舎料理

 
 いまは8月12日(水)の18時10分。当初に立てた私の計画では、今頃は佐渡の小木港に着き、迎えに来た弟の車に合流している時間だ。そして、佐渡の実家について母の顔を見て、キンキンに冷たいビールを飲み干す。さらに、大皿に盛られた刺身とハチメの焼き物、懐かしい味の野菜の煮しめを食べているはずであった。ウメ~~!!。この一瞬の喜びを味わうために、いく晩も徹夜し、頑張ってきたのである。

 しかし、いま佐渡屋太郎は大阪の難波にある事務所で、パソコンに向かってまだ原稿を書いている。そう、書き切れなかったのだ。もう事務所には、2晩も泊り込んでいる。それでも原稿書きは終わらなかった。しかし先程、やっと締め切りにある原稿はすべて書き終えた。そして、飲みに行くまでの時間を利用して、この原稿を書いている。今頃、佐渡の家は“主役”を抜きにして盛り上がっていることだろう。しかし、今年はいろんなことが次々に起こってくる。何かおかしいと思い、調べてもらったら今年の佐渡屋太郎は“準備運”であるそうだ。この件に関しては、また稿を改めて報告することにしよう。

写真キャプション=こうした“交流戦”がホール間の連携を高めていく


 さて、今回は時間がない。早めにテーマに入っていくことにする。このブログでも紹介した“ぱちんこ情熱リーグ”の参加申し込みが7月31日で締め切られ、参加ホールが決定した。その数は何と135ホールに上った。当初予定は100ホールだったので、それを超える反響があったということだろう。その裏には各地で説明会を開き、主要ホール企業を個別に訪ね、参加を呼びかけた執行部の“頑張り”があった。

 では、応募したホールを地区別に見ていこう。ちなみに、今回の記事の目玉はあとに掲載する「参加ホールの一覧表」である。事務局からもらったものは申し込み順で、しかも所在地の記載がなかった。そのため、佐渡屋太郎は1晩徹夜して、この一覧表を「作り直したのである。しかも、1ホールずつ「P-WORLD」で確認しながら、所在地を調べた。

 こんなことをしているから、予定した日に佐渡へ帰れなくなるのだと自分でも思う。しかし、こうした作業が好きで、少しも苦にならない。ただ、それでも間違いがあるだろう。気づいたら知らせてほしい。だた、この一覧表は完成形での発表はこれが最初となるので、ホールに興味のある人には結構、面白いのではないかと思う。

 さて、地区別の参加ホールだが、「北海道・東北」=3、「信越・北陸」=8、「関東」=12、「中部」=3、「関西」=95、「中国」=5、「四国」=7、「九州」=3とい内訳になった。この数字を見れば、一目瞭然で“関西偏重傾向”に気付く。大阪に事務局があるのだから、こうした傾向になるのは、当初から予想していた。しかし、ここまでの“偏重振り”になって、少し驚いている。だた、一応は全国の地区から参加があったのだから、“全国大会”と考えてもいいだろう。結果を見ると、「関西」が圧倒的に多く、「関東」と「四国」がそれに続くという構図になっている。

 さらに、都道府県別に参加ホールが多い順に上げてみると、「大阪府」=61、「滋賀県」=13、「兵庫県」=12、「京都府」=8、「石川県」=8、「栃木県」=5、「愛媛県」=5がトップ7となった。関西の4府県で何と全体の70%を占めるという、集中傾向になっている。これを逆に、1ホールも参加しなかった都道府県で見ていくと、全国47都道府県のうち、不参加は19都県のホールだった。とくに、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県など“首都圏”のホールが不参加であったのは何とも寂しい。ここに佐渡屋太郎は“大阪”対“東京”の“対立構造”をそこはかとなく感じるのである。

 しかし、2回目となる次回は全国の各都道府県から、少なくとも1ホールは参加してもらいたいと念じている。そこを勝ち上がったホールが、大阪で一堂に会するのである。そこでは各地の特色あるホール営業の実態が披露される。それを見られるだけでも、この“ぱちんこ情熱リーグ”を開催する価値は十分にあると思う。私もこれまでいろんな都道府県に行って、いろんな取材をしてきた。その結果、まだ行ったことがない県は、島根県だけになった。昔、中学校から大学に入る前まで5年間、文通していた女の子が住んでいたのが島根県の松江市だった。不思議なもので関係があり過ぎて、“縁”がなかったというべきか。ただ、松江のことは宍道湖の色の変化までよく知っている。

 酒を飲みながら書いているので、話が“暴走”を始めている。つまり、全国各地のホールに関わる人たちが、共に語り合える場を持てたら、それは非常に貴重な“交流”になうのではないかと思うわけである。私が言うのは、経営者レベルではなく、ホールスタッフたちのことを想定している。これを木山理事長たちは“仲間”と呼ぶ。この“仲間”で何かできないか。私ももう少し若かったら、“仲間”になっていたかもしれない。いまは心が通じ合った数人の“腐れ縁仲間”と、いい景色を見ながら静かに語り合いたい心境である。

 もう、疲労と飲みすぎで、思考が前に進んで行かないことを自覚した。今回の記事はこれで終わった方がいいだろう。これからパチンコ雑誌の社長といつもの飲み屋に行く。佐渡で“ハチメ”(黒メバル)を食べられなかったので、先週も食べた“新サンマ”で我慢することにしよう。では、また“ひと暴れ”しに、行ってこようと思う。皆様には、よい“お盆休み”をと、とりあえず言っておくことにする。


【図表】「第1回ぱちんこ情熱リーグ」参加ホール一覧:
図をクリックすると参加ホール一覧がご覧になれます。
リストをクリックして


(佐渡屋太郎)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
banner_22.gifにほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題 ブログランキング★パチンコ ブログランキング★パチスロ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
人材派遣・紹介、請負業務、人材育成・コンサルタントならウイング。

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘



スポンサーサイト

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 10:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yugidasuka.blog112.fc2.com/tb.php/265-5a1adaee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。