遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ぱちんこ情熱リーグのシステム【佐渡屋太郎-vol.148】

写真キャプション=兵庫県遊協青年部会のセミナーで、説明を行なう「ぱちんこ情熱リーグ」の執行部


 いまは7月11日(土)の19時20分。今週は7月7日(火)から8日(水)まで東京に行き、パチンコ雑誌の取材をしてきた。続く7月9日(木)は兵庫県のホール組合の青年部会が“省エネセミナー”を開いてくれたので、その取材に行ってきた。登場したのはこのブログでもお馴染みの「ウイング」とその関連会社である。この件に関しては、また回を改めて書かねばならないだろう。そのセミナーの前座で青年部会員への呼びかけを行なっていたのが、「NPO法人ぱちんこ情熱リーグ」であった。

写真キャプション=6月12日にエース電研大阪本町ビルで開催された「ぱちんこ情熱リーグ」の説明会


 この両方に関わっているので、私としては思わぬ収穫であった。そこで前回からの絡みもあるので、まず「NPO法人ぱちんこ情熱リーグ」のことから書いていくことにしよう。実は同法人は6月12日(金)、大阪市浪速区にあるエース電研大阪本町ビルで、大阪のホールを対象として説明会を開催した。このときは2回に分けて説明会が行なわれ、合計50社ほどが参加した。私は原稿締め切りで忙しかったので、説明会のさわりの写真だけを撮り、夕方からの懇親会に本格参加した。そのとき事務局に聞いたところでは、この日に4ホールの申し込みがあり、合計74ホールの参加があるということであった。

写真キャプション=説明会のあとの打ち上げで、決意を語る参加ホールの関係者


 これくらいの参加数があれば、何とか決勝大会は開催できると安心したことを憶えている。その次は7月3日(金)のある勉強会の打ち上げで、同法人のメンバーと会った。この件については前回の記事でも少し書いた。そのとき私の前に座っていた執行部のメンバーに聞いたら、何と参加店舗は100ホールを超えているというではないか。第1回目の目標参加数は100ホールで、締め切りの1ヵ月前にそのラインをクリアしたことになる。この若手経営者グループの“機動力”に感服した。以前、MAXは150ホールまでいくということも聞いていた。

 そして、7月9日(木)の兵庫県での説明会で公式の発表を聞いたら、参加企業はその時点で96ホールということであった。関西エリアが約70ホールで、あとは四国・九州のホールが多いという。最終的には120ホールくらいになるのではないかという見通しも発表された。木山理事長はマルハンへもプレゼンに行ったという。今後は何とか東日本のホールにも参加してもらいたい。北海道の「イーグル」「プレイランドハッピー」、東北の「ダイエー」、関東の「ダイナム」「ガイア」、中部の「ABC」「ミスターパチンコ」「ケイズ」「Aパン」「ゼント」など、興味深いホールは多くある。大阪からは「アロー」や「パオ」も出場する。全国の個性豊かなホールの“ガチンコ勝負”を見てみたいものだ。

写真キャプション=決勝進出ホールの選出方法


 そこで今回は、参加申し込み締め切り(7月末日)も迫っているので、「ぱちんこ情熱リーグ」のシステムを紹介することにした。まず参加希望ホールは7月31日までに、10万5000円の出場料を払ってエントリーする。それらホールに対し、最初に行なわれるのが第1次審査である。これは09年9月1日から10月30日までの間に、2回の覆面モニターチェックが実施される。その審査の結果、2回の評点合計が高い上位10ホールが第2次審査に進む。この時点で、参加ホールには自店のランキングが知らされ、上位30位のホール名が公表される。参加ホールは自店の全国的なレベルを把握し、改善ポイントなどの指摘を受けることになる。

 第2次審査では、これら10ホールに対して、09年11月1日から11月30日の間に3回目の覆面モニターチェックが行なわれる。1回当たりの調査は200点満点で、この2次審査ではそれまでに行なわれた調査の累計点(3回分)が集計される。その結果、600満点に対して累計点が高かった上位5ホールが“決勝大会”への出場権を獲得する。決勝大会は2010年2月10日(水)、大阪市天王寺区の「クレオ大阪中央」で開催される。この決勝大会には参加ホール、サポーター、招待客、一般、決勝大会出場ホール関係者など、約1300名の来場者が想定されている。

 出場する5ホールは、決勝進出が決定した時点からDVDの撮影などを含め、プレゼン案が練られる。そして決勝大会の当日は、ホールに込めた思いやこれまでの取組みを紹介し、自店こそは“日本一のホール”であるというアピールを行なう。そのプレゼンは会場に詰め掛けた1000人を超える来場者の投票により、ついに参加ホールの“頂上”(てっぺん)が決することになるのだ。興味のある人は、「居酒屋甲子園」決勝大会のユーチューブを見てほしい。きっとあのようなドラマチックなシーンが見られると、佐渡屋太郎もいまからドキドキしながら、大きな期待をしている。

写真キャプション=モニターチェックシートにおける「業務チェック項目」の内容 参加ホールにとって、気になるのは“覆面モニターチェック”の内容だろう。これは“ミステリーショッピングリサーチ”とも呼ばれ、モニターが身分を明かすことなく、顧客の視点でサービスやCS(顧客満足度)を査定・評価する市場リサーチの手法だ。今回、この覆面調査を担当するのが、㈱MS&C(本社・東京都中央区日本橋)である。同社が擁する全国20万人のモニターのうち、レポートが書けるAランクのモニターが調査に当たるという。1回ごとに異なるモニターがホールを訪れ、実際に遊技もして、共通の項目についての審査を行なう。果たして、それぞれのモニターが各ホールに対して、同じ基準で審査ができるかどうかという不安がある。それに関しては、同社のノウハウを信じるしかないだろう。

写真キャプション=モニターチェックシートにおける「総合項目」の内容 その調査項目は、すでにモニターチェックシートにまとめられている。設問数は全部で38項目あり、審査項目は大きく「総合項目」(100点)と「業務チェック項目」(100点)に分かれている。まず、「総合項目」は6項目で、再来店意思や接客面での満足度評価がチェックされる。具体的には、「またこのお店に来たいと思いましたか」「スタッフの気配りぐあいは、いかがでしたか」「スタッフは笑顔で、明るく接していましたか」などの設問が並んでいる。

 また、「業務チェック項目」は32項目で構成されている。その内訳は、①サービス(12項目、37.5点)、②クオリティ・プロモーション(11項目、34.4点)、③設備・クリンネス(9項目、28.1点)である。たとえば、①サービスの項目では、「入店時の挨拶は元気よく笑顔で、気持ち良いものでしたか」「店内は快適な温度でしたか」「ランプ対応の際にお待たせすることなく、速やかに対応しましたか」などの設問が並んでいる。

写真キャプション=協賛サポーター募集のチラシに書かれた特典一覧 一方、この試みに協賛してくれる「サポーター」の募集も行なっている。こちらの方は1口=5万円で、受付期間は09年5月1日から9月1日まで。その勧誘の言葉として、チラシには「お志を頂戴して、共に成長するネットワークを広げる!」を掲げている。特典としては、決勝大会で配布するパンフレットへの広告掲載、大会HPへのバナー広告掲載やリンク、配布DVDエンドロールへの社名掲載などがある。全国100ホール以上の参加があるこのネットワークを、業界関連の各社はどのように捉えるのか。この点も興味深い。

 ちなみに、この運営母体をNPO法人にしたのは、出場料を安くし、会計をオープンにしたいという目的があったからだ。運営費は2000万円で、それを出場料=1000万円、サポーターからの協賛金=1000万円で賄っていく計画だ。このあたりは明確かつガラス張りでいいのではないか。出場者の目処(めど)が立ったので、これからはサポーター集めに入るようだ。

 また、7月9日(木)に配布された企画書を見ると、参加店舗と決勝大会の来場者数のビジョンは、第1回(平成22年)=100店舗(1000人)、第2回(平成23年)=300店舗(2000人)、第3回(平成24年)=800店舗(5000人)、第4回(平成25年)=1500店舗(8000人)、第5回(平成26年)=2500店舗(1万人)と果てしなくスケールが大きい。すでに2年目で、マルハンの店舗数を超えるホールが参加する計画だ。「居酒屋甲子園」は3年目で770店舗(5000人)を実現している。まんざら夢物語でもなさそうだ。

写真キャプション=出場ホールと協賛サポーターの応募用紙 私が思うのは、とにかく1回目の決勝大会さえ開催できれば、この「ぱちんこ情熱リーグ」は実際に"力"を持つネットワークになると考えている。そのためにはできる限り多くのホールが参加し、できる限り多くのサポーターに支援してもらいたい。その結果、この"現場からの改革"が大きなムーブメントになれば、これまでとは少し異なる"連合体"が生まれる。その可能性に佐渡屋太郎は大いに期待しているのである。(佐渡屋太郎)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
banner_22.gifにほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題 ブログランキング★パチンコ ブログランキング★パチスロ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
人材派遣・紹介、請負業務、人材育成・コンサルタントならウイング。

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
スポンサーサイト

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 01:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yugidasuka.blog112.fc2.com/tb.php/261-5df89548

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。