遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ルモール」の“イメキャラ戦略”について【佐渡屋太郎-vol.140】

写真キャプション=全身大のパネルと並ぶ「ルモール」のイメージキャラクターに就任した山本あき奈さん  いまは3月15日(日)の18時45分。昨日でパチンコ雑誌の原稿が終わった。そして、今日までにこのブログの原稿を書けという命令が、“猪八戒”から下っている。普通に考えれば、愛知県の景品手数料問題の続きを書かなくてはならないのだが、予定を変更して「ルモール」のことを書くことにした。ただ、手数料問題に関しては、新賞品が決まったということを聞いた。7社の賞品の中からホールが選択することになるようだ。これに関しては、まだ取材していないので、なるべく早くこの目で確かめてこようと思っている。

 今回、「ルモール」の記事を書くことにした理由は、パチンコ雑誌で書いた「ルモール」の記事を昨夜の20時30分に店長宛に送ったら、今朝の10時30分に原稿チェックをして返送してくれたからだ。実に、仕事が速い。訂正もないし、質問にはきちんと答えてくれてある。

 そのことに感激して、手数料問題の原稿が終わってから書くはずだった「ルモール」の記事を前倒しすることにした。それに今日は休日である。休みの日に暗くてしんどい記事を書くことを、体が嫌がっている。そこで記憶が鮮明なうちに、山本あき奈ちゃんの写真を眺めながら、「ルモール」の“イメキャラ戦略”について考えてみることにしたわけだ。

写真キャプション=尼崎中央商店街の一角で営業する話題の「ルモール」


 まず、「ルモール」について説明しなければならない。このホールは、阪神尼崎駅から西に伸びる巨大なアーケード商店街の一角にある。しかも「ルモール」の店舗は、プロ野球の開幕直後から「阪神タイガース優勝祈念!優勝記念セールまでマジック●●●」というボードを蜂か鳥のような物体が足に引っ掛けて頭上を旋回する、あの有名な「尼崎中央商店街」の奥に立地しているのだ。

 佐渡屋太郎は、このようなコテコテの商店街が大好きだ。時間があれば、1日中でもウロウロ歩いていたい。しかし佐渡屋太郎は実を言うと、“ジャイアンツファン”なのである。この商店街にいると、まるで敵国に乗り込んできた“スパイ”のような気になる。怖い尼崎のおばちゃんから、「アンタ、一体どこのファンやねん」と詰問されそうな気がして、何か落ち着けないのである。

 阪神ファンに敬意を払って丁寧に説明すると、前述のボードの正式名称は「元祖!マジックボード」といい、さらに蜂か鳥のような物体は「めでタイガー」という名前があった。ここで謝して訂正したい。その写真を撮ってこなかったのは、佐渡屋太郎の“一生の不覚”である。また、プロ野球開幕後に「ルモール」へ行くこともあるので、そのときは写真をもとに説明をさせてもらいたい。その記事ではさらに先日、道頓堀川から発見された「カーネル・サンダース人形」の写真も必要だろう。こうなると、私はまるで阪神球団の広報マンではないか。ただそのなかにあっても 、“巨人魂”だけは確固として持ち続けていたい。

 酒を飲み始めたら、すっかり横道にそれてしまった。この商店街は周辺を含めると、約600店舗が集積し、そのなかにパチンコ店は14店舗も集中出店している。中央商店街は一説によると、“パチンコロード”と呼ばれているという。関西でも有数の“超激戦エリア”なのである。そこに「ルモール」は24年前に出店した老舗ホールである。その過程で、総台数630台の大型ホールとなった。

写真キャプション=写真キャプション=山本あき奈さんが登場する最強イベント「ルモールエンジェルラッシュ」のポスター その「ルモール」が昨年1月のプチリニューアルを機に、“ホール改革”に乗り出した。ここから今回の物語は始まっていく。その改革の陣頭指揮を執るのは、S店長である。S店長は以前、某大手ホール企業にいて、新たな進出地で新店をいくつも立ち上げてきた経験がある。私もその大手ホール企業はよく知っていて、その幹部の1人とはある件で知り合い、よく飲みながらいろんな情報交換もした。

 さらにこのエリアで言えば、単発のホール取材もしたし、九州の某大手ホール企業が巨艦店で出店し、1年で撤退する経過もある関係があって見てきた。加えて、ここにパチンコとパチスロのゲームセンターを出店したい企業があって、1日中このアーケードを行き来する人の流れを観察していたこともある。その結論として私が得たのは、「このエリアのホールは強い」という一言である。それは、“地場の顧客”を相手に営業をしているからだ。したがって、外からでは分からない“暗黙の了解事項”がいくつもある。

 その心境を分かりやすく説明すると、「ジャイアンツファンが中央商店街を1人でウロつく心境」とでも言ったらいいのだろうか。外から“甘く”見える商圏でも、そのなかに入って営業すると、実に“辛い”商圏であることが身を持って思い知らされる。たとえば、大阪に進出してきた他エリアの大手ホール企業が、次々と返り討ちにあって撤退を繰り返しているという事実が何よりの実証である。

 その商圏のなかに、S店長は切り込んで行ったのである。この店長は調べてみると、日本でまだ数人しか合格していない機械調整の検定を通った技術を持っている。そして、今回の“イメキャラ戦略”においても、いくつかのツボをきっちりと押さえて、しかもダイナミックな展開を行っている。一見、このイメキャラ戦略は“奇策”に見えるが、これまでの経過を聞いてみると、実にオーソドックスな“正攻法”であることが分かる。やるべくしてやった一手、やらざるを得なかった一手、当然そこに行き着く一手であったと思う。

写真キャプション=就任イベントで来店客に対面した山本あき奈 さん


 実は私のところにも、中小ホールを“金をかけずにホールを再生する手法”を、教えてほしいという依頼が多く寄せられている。そのために格好な事例を生み出そうと、いろんな知り合いに声をかけているが、これがなかなか見つからない。力を持っているだろう人の仕事を定期的に観察しているが、オーナーと意見が違って挫折したり、マックスタイプ中心の大型ライバル店に逆襲されたりして、なかなか成功例が見つからないのが現状だ。

 今夜は原稿を書き上げたあとで、気持ちよく飲んでしまった。ただ、まだ「ルモール」のことはほとんど説明していないが、何とも面白いホールなのである。その面白さのなかの“凄さ”を書こう思ったら、もう時間切れとなってしまった。楽しみは次回に持ち越すことにして、今日は大人しく京都に帰ることにしよう。(佐渡屋太郎)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力banner_22.gif
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題
ブログランキング★パチンコ
ブログランキング★パチスロ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘


スポンサーサイト

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 20:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yugidasuka.blog112.fc2.com/tb.php/235-978d5ae3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。