遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マルハンが「フェスティバルゲート」を落札【佐渡屋太郎-vol.135】

写真キャプション=「フェスティバルゲート」の入口に記されたロゴ

 いまは2月1日(日)の20時05分。先週は、このブログの記事を使用されたことに始まり、業界内の資金ルートが判明したり、金融機関の高飛車な態度に憤慨したりといろんなことがあった。しかし、何と言っても最高に驚いたのが、1月30日(金)のマルハンによる「フェスティバルゲート」の落札であった。それを最初に知ったのが、エフエム大阪のニュースによってであった。そのニュースを聞いたとき、久し振りに佐渡屋太郎は興奮して、背筋がゾクッときた。それから、いろんな情報ルートに電話をかけまくった。

 そのとき、「やっぱり、きたな」というのが正直な感想だった。この「フェスティバルゲート」については以前、このブログでも書いたことがある(【遊技租界vol.126】)。その記事の中にある大手ホール企業というのは、実はマルハンであった。「パチンコが5年間できない施設に、パチンコ業界から手を挙げる会社があるかどうか」と書いたが、“やっぱり、きた”のである。大阪市内にある4300坪の土地に予想どおり、見事に食いついてきた。これだけの物件を逃すはずがない。狙った獲物は確実に手に入れていく貪欲さは、さすがというほかない。

写真キャプション=当初の夢が破れてしまった「フェスティバルゲート」の外観


 同社は業界全体が低迷する現在、新規出店を東京・大阪・愛知など人口が多い大都市圏に集中させる戦略を取っている。とくに大阪府内は、すでに26店舗のドミナント展開を実践し、緻密な店舗網を構築している。これから狙うとしたら、大阪“市内”で大型店舗を出店できる物件だろう。水面下の動きもかなり活発になっているようだ。したがって、たとえパチンコやゲームセンターなど風俗営業が契約締結から5年間できなくても、この物件はマルハンにおける今後の“広告塔”として、大きな役割を担っていくこと間違いない。

 では、今回の落札までの経過を振り返ってみよう。事の発端は08年2月に行われた条件付一般入札だった。大阪市は収益性の面から再建を断念し、土地建物を売却することを決定したのである。このとき、落札したのは韓国系の「FESTIVAL PLAZA APP」というファンドだった。落札額は26億円。狙っていた物件を取られたということと、それが韓国系であったことで、マルハンは2重の悔しさを味わったに違いない。

写真キャプション=「フェスティバルゲート」の周辺環境


 しかし、同ファンドは期限の08年3月31日までに売買契約に至らなかった。テナントの立ち退きが進まないことなどが、その背景にあったようだ。大阪市は保証金の2億6000万円を没収し、さらに違約金など8億2500万円を請求する方針であったという。そこで08年10月、再入札を行なうことが決定された。申し込み期間は08年12月22日(月)~09年1月7日(水)の16日間で、入札日は09年1月30日(金)に設定された。

 このとき、入札の申し込みを行なったのは3社だったという。しかし、「不動産活用計画」の審査により、1社がふるい落とされ、通過したのは2社のみ。さらに再入札に当たって1社が辞退し、実際に入札をしたのはマルハンだけだった。今回の落札最低価格は前回より3000万円アップの8億3000万円。これに対し、マルハンの落札額は14億2000万円だった。落札最低価格より5億9000万円の上乗せ。しかし、前回の落札額の約半額での取得となった。一方、大阪市はこの事業破綻時に特定調停の条件として200億円を負担しているが、今回の売却が決定すれば185億800万円となる見通しだ。

写真キャプション=「フェスティバルゲート」のすぐ北に控える大阪名物の「通天閣」


 マルハンの計画では、現在の施設を取り壊し、ボウリングやカラオケ、シミュレーションゴルフ、飲食などからなる2階建ての複合アミューズメント施設「TUTEN GATE」(仮称)を新たに建設することになっている。「TUTEN」とは「通天」で、背後にある「通天閣」にいたるゲートとして、この施設を位置づけているようだ。投資額は解体費用を含めて55億円を見込み、オープンは4年後の2013年6月を目指すという。

写真キャプション=「フェスティバルゲート」とともに再開発事業としてスタートとし、成功している「スパワールド」


 今後はこの件について市議会で承認を得てから、3月中には本契約が締結されることになる。風俗営業は契約締結から5年間はできないので、4年後のオープンというのはその点の含みもあるのだろうか。いずれにしてもこれだけ大型施設になれば、その構成やテナントの募集、さらに周辺との融和策などに時間がかかるだろう。今後、さらに詳しい発表があるだろうから、そのときにまた具体的な構想を紹介したいと思う。それにしてもスケールの大きなプランが動き出すことになる。(佐渡屋太郎)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力banner_22.gif
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘



スポンサーサイト

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yugidasuka.blog112.fc2.com/tb.php/215-60602c02

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。