遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

50周年記念式典での韓会長のことば【佐渡屋太郎ーvol.98】

写真キャプション=50周年記念式典で挨拶のことばを述べる韓昌祐会長 いまは6月19日(木)の20時45分。昨日は疲れていたので、50周年記念式典の原稿をプログラムと写真でごまかしてしまった。今日は、少し元気が蘇ってきたので、記念式典での韓会長の挨拶を紹介することにした。といっても、この件についてはパチンコ雑誌に書いたので、その原稿を再録しようと思う。

 韓会長は、1931年(昭和6年)2月15日生まれで現在、77歳。16歳のときに、兄をたよって韓国から日本にやってきた。そのとき持ってきたのは、『コンサイス英和辞典』と、お母さんがカバンに入れてくれた2升の米だけだった。それが現在、1万0457人の従業員を抱え、1兆8381億円の売上を上げる会社の総帥となった。さらに来年の3月の決算では、売上は2兆円を突破する計画になっている。まさに、日本の“パチンコ王”であり、立志伝中の人物である

 しかし、これまでも“パチンコ王”と呼ばれる人物はいたが、韓会長はそのイメージを大きく変えた。これまでの“パチンコ王”で、演歌歌手のスポンサーになったり、大相撲の“谷町”になったり、馬主であるという人はいたが、クラシックのコンサートを開いたという話は聞いたことがない。この品の良さとそこはかとないインテリジェンスの香りが、これまでのコテコテの“パチンコ王”と一線を画すところだろう。
写真キャプション=記念コンサートでアジアの3大テノール歌手と共演する韓会長

 1万人の人間を率いて、日本に“マルハン帝国”を築いてきた韓会長にとって、この式典は特別の意味を持つものだった。それはこの式典で、次男の韓裕副社長が社長に昇格することが発表されたからだ。創業から50年を経て、次の世代に経営のバトンが渡されることになった。式場に入るとき、マルハンの関係者から「今日はビッグ・サプライズがあるよ」と耳打ちされた。そのとき、“社長交代”だとピンときた。創業50周年の式典と新社長のお披露目を同時に行なうとは、実にうまい演出ではないか。そんなドラマチックな雰囲気の中で、式典は始まった。では、そのときの韓会長はどのような挨拶をしたのだろうか。以下、パチンコ雑誌の記事を採録する。

 式典冒頭の挨拶で韓昌祐会長は、「あっという間に50年が過ぎ去ったような気がする。思い返せば、私は26歳のとき、学校は出たが就職先がなかった。そのため、義兄を頼って峰山町に行った。そこで始めた6席のクラシック喫茶店と20台のパチンコ店が、商売のはじまりだった。それがいま、東は北海道から西は長崎まで1万2000人の社員を擁する企業となり、1兆9000億円という過去最高の売上を上げることができた。今後は売上5兆円を目標にしているが、私が生きているうちに達成できないかもしれない。しかし、後を継ぐ後輩が必ず達成してくれるものと信じている」と過去を振り返り、今後の指針を示した。
写真キャプション=社訓の額が鈴木社長から韓裕新社長に手渡される

 さらに、社員に対して「私は絶えずハングリー精神、危機意識、緊張感を持って、仕事に取り組んできた。社訓である『信用、努力、創意、奉仕』は永遠の課題だ。これまで苦しい時もあったが、“負けてたまるか”と自分に鞭打ち、頑張ってきた。創業時からの苦しみを知っているのは、私と鈴木社長と藤原専務と私の奥さんの4人だけになってしまった。私も77歳になった。6年前にゴルフをやめ、いまは毎日、鴨川沿いを6kmほど歩いている。唯一の楽しみは桂三枝の『新婚さん、いらっしゃい』を見ることだ。全国から来る日報も必ず目を通している」と仕事に対する姿勢と近況を紹介した。
 
 ここで韓会長の口から、人事異動について発表が行なわれた。その内容は、以下の通りだ。
● 鈴木嘉和氏=代表取締役社長→代表取締役副会長
● 韓裕氏=代表取締役副社長→代表取締役社長
● 韓俊氏=専務取締役→取締役副社長(担当=営業本部長兼遊技機部長)

写真キャプション=新社長に就任する抱負を語る韓裕氏 この人事は6月26日付けで発令されることが、5月26日の臨時取締役会で決定したという。この件に関し、韓会長は「韓裕は18年前に入社し、パチンコはサービス産業であるという考えに基づき、マルハンイズムなどを提唱し、業界を変えるために頑張ってきた。情熱、努力の人で、甲子園で鍛えた根性の人でもある。これから50年、わが社は日本のマルハンから世界のマルハンになる。今後の彼に大いに期待する」と新社長にエールを送った。

 また、新社長の選考に関しては、「私は世襲が前から嫌いだった。しかし、1万2000人の社員を託すことができるのは誰かと考えたとき、その最適な人物が韓裕であり、それがたまたま私の息子であったということだ。100%信頼してバトンタッチできたことを、とても嬉しく思っている。今日は来賓の方々や社員の皆さん2000名に来ていただいた。先ほど隣のキッズルームを覗いたら、160人の子供たちが遊んでいた。この子供たちは私の孫でもある。マルハンは1万2000人がみな家族だ。私もこれから社員と孫たちのために、もっと頑張っていきたい」と語り、さらにマルハンが結束し、強い集団になっていくことを強く望んだ。

 一方、新社長に就任することになった韓裕氏は、「創業時の精神を引き継ぎ、マルハンの再構築に取り組んでいきたい。夢とビジョンを共有した人たちがいま、営業部長5名、エリア長60名、店長221名となって、成長してくれたのが私の誇りだ。いま、次のマルハンを切り拓いていくリーダーとして、決意を新たにしている。50年間、韓会長が命を懸けて守り続けてきたマルハンを引き継ぎ、人の可能性を信じ、さらに新たな挑戦を続けていくことを宣言する」と抱負を述べた。

写真キャプション=副社長への就任が決まった韓俊氏 というわけで、式典での雰囲気が少しは伝わったであろうか。では、マルハンの次代を担う韓裕氏と韓俊氏とは、どのような人物であるのか。そこで詳細なプロフィールを作ろうと思って、マルハン関係の出版物を見たのだが、意外と出ていなかった。とりあえず、マルハンから略歴を送ってもらって、パチンコ雑誌には掲載した。もっと詳細なものをいずれ作ってみたいと思っている。したがって、今回は加筆を最小限に留めた。これでも何かの参考にはなるだろう。(佐渡屋太郎

【韓裕氏のプロフィール】
1963年4月17日、京都府生まれ。45歳。
1981年8月、京都商業高校のレギュラーとして、夏の甲子園で準優勝。
1988年3月、法政大学卒業。
同年4月、地産入社。
1990年2月、マルハン入社。
1992年2月、取締役静岡営業本部長に就任。
同年4月、サービスモデル店となる「草薙アピア店」がオープン。
1995年7月、「マルハンパチンコタワー渋谷」オープン。
2001年10月、取締役営業統括部長に就任。
2005年4月、常務取締役営業本部長に就任。
2006年4月、代表取締役副社長に就任。
2008年6月、代表取締役社長に就任予定。
写真キャプション=記念式典と懇親会が開催された「パシフィコ横浜」の会場

【韓俊氏のプロフィール】
1965年7月22日、京都府生まれ。42歳。
1989年3月、中央大学商学部経営学科卒業。
同年4月、信用組合大阪興銀入社。
1991年9月、マルハン入社。
同年12月、取締役に就任。
1993年4月、取締役関西営業本部長に就任。
2001年10月、取締役営業統括副本部長に就任。
2003年1月、取締役営業副本部長に就任(組織変更に伴う役職名変更)。
2005年4月、取締役営業副本部長兼関西営業部部長に就任。
2006年4月、常務取締役営業本部長に就任。
2007年3月、専務取締役営業本部長に就任。
2008年6月、取締役副社長に就任予定。


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング!会員制ならではの価格設定を実現いたしました。
新設オープン!パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
スポンサーサイト

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 13:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yugidasuka.blog112.fc2.com/tb.php/130-fbc9f7a3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。