遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ペット葬を追って東奔西走②【佐渡屋太郎-vol.81】

写真キャプション=高台に造成されたペット用の霊園

 いまは4月4日(金)の19時50分。昨日、やっと“ペット葬”の原稿をすべて書き終え、今日は「冬ソナ2」専門フロアの取材に行ってきた。それにしても、“ペット葬”の原稿は徹夜をして実質的に2日間で書き上げたが、久し振りに“仕事をした!!”という感じがしている。したがって、いま佐渡屋太郎は満足感に浸っているのである。そして、明日の4月5日(土)は待ちに待った“花見の宴”となる。最高のパターンだ。

 まさに “天国と地獄”で、原稿書きの“地獄”を潜り抜け、やっとこの手で“天国”まで這い上がってきたという感じだ。明日の天気予報は“晴れ”で、天気も私たちの“花見の宴”を祝福してくれているようだ。さあ~、明日は飲むぞ、飲むぞ、飲むぞ~!と、気合が入っている佐渡屋太郎である。

 さて、その前に“ペット葬”であった。これを書かないと今日は帰れないのだ。明日、気持ちよく飲むためにも、この原稿を書かなければならない。しかし正直言って、もうヘロヘロで書く元気が出てこない。とうことで、最後の力を振り絞るために、飲みながら書くことにした。しかし、“ペット葬”は凄かった。これも現代社会の流れを象徴する1つの現象ではあるのだろう。

写真キャプション=納骨堂に並べられた愛するペットたちの「骨壷」

 現在、ペット葬祭業者は800社ほどあると言われている。しかし、その実態は正確に把握できていないのが現状だ。聞くと、家族でやっているような小規模業者が、その多くを占めているという。なかには移動火葬車で全国をまわり、遺体を火葬炉に入れてから、法外な火葬料を要求してくる悪徳業者もいる。こちらも“有象無象”の世界であった

 今回は“ペット葬”の実態を知ってもらうために、そのポイントを数値で紹介することにする。もう、考える力がなくなっているという私の事情もあるが、へたな御託を並べるより、数字を見てもらった方が実態がよく分かってもらえると思ったからだ。まず、前回からのめり込んでいる“火葬”からいくことにしよう。火葬の方法は大きく分けて3つある。

 まず、「合同火葬」で何体かを一緒に火葬する。次は「個別火葬」で1体ごと焼く。ただ、これにも焼き方があって、拾骨(骨を拾うこと)できるような焼き方とそうでない焼き方がある。拾骨できるようにするには、弱火でじっくり焼かなくてはならない。強火で一気に焼いてしまうと、小さい動物など骨が残らないケースも出てくる。この焼き加減が実に難しいのだ。

 何だか、料理教室みたいになってきた。そこで、拾骨できることを前提にしたのが「拾骨火葬」という。この焼き方によって、料金が異なるのである。それと動物の大きさによっても、もちろん料金が違ってくる。これをあるペット葬祭会社の料金表で見て見よう。ちなみに、この業者は良心的な価格設定を行なっている。これを参考にしてもらいたい。

動物の種類              合同火葬→個別火葬→拾骨火葬
① ミニペット(小鳥・ハムスター) 3150円→6300円→8400円
② 小動物(ウサギ・フェレット・ガチョウなど)5250円→8400円→11500円
③ ネコ                7350円→10500円→13650円
④ 小型犬(6㎏未満)       9450円→12600円→15750円
⑤ 中型犬(18㎏未満)      11550円→14700円→16800円
⑥ 大型犬(36㎏未満)      合同火葬不可能→21000円→25200円
⑦ 超大型犬(36㎏以上)     合同火葬不可能→25200円→31500円

写真キャプション=「個別火葬」が行なわれる特注の火葬炉

 ざっと、こんなものである。確かに、自治体のゴミ処理場で焼却してもらうよりは高い。ちなみに、前回に紹介した「田辺市ごみ処理場」では、「全体焼却」(合同火葬)=1050円、「1体焼却」(個別火葬、拾骨火葬)=4200円であった。ここには焼却のプロがいて、どんな動物でも「1体焼却」なら拾骨できるように焼いてくれる。では他の自治体では、どのような料金設定をしているのか。ここでは千葉県の成田市、八街市、富里市の3市で管理運営している「八富成田斎場」のペット火葬料金を紹介する。

種別        料金
特大(30㎏以上) 5250円
大 (20㎏以上)  4200円
中 (10㎏以上)  3150円
小 (10㎏未満)  2100円

 この大まかな分類で、しかも思いっきり低料金であるところが、いかにも“公的機関”らしくていい。だから、各自治体に“ペット火葬”の要望が寄せられているのである。遅れている自治体では、「一般ゴミ」と一緒にしか焼却できないところもある。いまは、ペット用の焼却炉を備えたところも増えてきているが、1体ごと焼き、しかも拾骨できる焼き方をしてくれるところは少ないのである。だから、佐渡屋太郎はわざわざ和歌山の田辺まで行ってきたのである。と、書き出したら止まらなくなってきた。いま、Y嬢から電話があり、“早く帰ってこい”ということなので、今回は“火葬”の部分だけで終わることにする。

 明日は待望の“花見”だが、その前に“火葬”や“骨”の原稿を書いているのも、因果なものだ。これはもう、西行や坂口安吾の世界に行ってしまいそうだ。明日は“桜の下”で、死ぬまで飲もうと思っている佐渡屋太郎でした。こんなことを書いても、若い人には分かってもらえないだろうな。悲しい~!。
佐渡屋太郎) 


ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
オープニングセール実施中!エアークリーナー¥350.-激安
遊技租界-通信販売百貨

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘       



スポンサーサイト

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 14:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yugidasuka.blog112.fc2.com/tb.php/106-da51af8a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。