遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

圧巻の背割桜と経営者の哲学的思索【佐渡屋太郎-vol.279】

木津川の堤防沿いに1.4kmにわたって続く“背割桜”の並木道

いまは13年4月16日(月)の18時05分。今日は1日中忙しく動き回り、今やっと机の前に落ち着いている。午前中から昼に掛けては、原稿の請求書の発送など事務手続きのため、街まで歩いて行ってきた。今日は晴天で京都の気温は27℃。少し暑いくらいの陽気だった。帰って来てからはベランダで、挿し木の植え付けや今まで溜まっていた植え替え、さらに鉢の整理に没頭した。その途中で暑さのためか動きすぎたせいか、頭がクラクラしてきた。いま酒の混ざった氷水を飲み、濃度の増した血液を薄めているところだ。

今日の個人的なニュースは、前にこのブログでも少し書いたカジノ雑誌が本格的に動き出し、来月にマカオへの取材依頼があったことだ。いよいよ腕の見せどころがやってきたというべきか。このところ地味な取材が続いていただけに、また“アジアの熱気”に接しられることが嬉しい。こんなことがあったので、今日の酒は格別にうまい。いま窓を開け放ち、涼しい夜風に当たりながら、放浪癖がまた疼きだしてマカオの夜の風景を妄想している。このブログでも、面白いレポートを書けるのではないかと、いまからワクワクしている佐渡屋太郎である。

さて、このところ書いておかねばならないことが山積している。ただ、それらは個人的なことであるので、パチンコのことを織り交ぜながら、さりげなく行動記録を差し込んでいきたいと思っている。まず今回は4月1日(月)に行ってきた花見のことだ。昨年、目を付けておいた京都府八幡市にある“背割堤”へ、Y嬢とその母親を連れて行ってきた。一応、3月31日までに原稿をすべて書き、2時間ほど寝ただけでの出発となった。本来なら、酒を飲みながら肉を焼き、豚汁を作り、食後にコーヒーを味わうというのが、これまでのY嬢との花見の定番であった。

堤防の入口で咲き乱れる八重のしだれ桜

しかし、今年はY嬢母を連れて行くので、事情は異なった。Y家については次回に詳しく書くが、Y嬢母もY嬢父も軽い認知症に罹っている。私たちが1年半前、Y嬢の実家のある枚方の近くに引っ越して来たのも、そうした事情があったからだ。園芸好きのY嬢母は花見に行くと言ったら、「私も行きたい」というので連れて行くことにしたのだ。一方、Y嬢父の関心は碁や相撲や高校野球で、園芸はもとより花や植物には全く関心がないので、留守番をすることになった。当日はY嬢母を連れて行ったので、お菓子やお茶やコーヒーを持っての健全な花見になってしまった。ただ、佐渡屋太郎はペットボトルに酒を入れて隠し持っていった。酒を飲まない花見など私にとってはありえない。

しかし、今年は絶好の花見時(はなみどき)であり、格好の花見日和(はなみびより)であった。人で混み合う土日を避けて、月曜に花見ができるのもフリーになった特典だろう。少し待つと市営の駐車場にも車を入れることができた。土日なら特設の駐車場に入れるのも難しい。徹夜明けではあったが、何とも爽快な“花見2013”となった。“背割堤”というのは、並行して流れる木津川と宇治川の間にある堤防のことを言う。その堤防の1.4kmにソメイヨシノ250本が植えられ、桜の花道が作られているのである。これを地元の人々は“背割桜”と呼んでいる。私が見る限り、この八幡界隈では最高の花見どころである。

月曜日にも関わらず、堤防の花道には多くの人で溢れていた。ちなみに写真の左側に木津川、右側に宇治川が流れている

今年はまずY嬢とY嬢母と一緒に、桜の下にキャンプ用の椅子を出して花を愛でた。その間、佐渡屋太郎はペットボトルに詰めた酒を飲みながら、体全体で春の陽を受けて日干しをした。何と幸せなことか。風景全体がピンク色に染まっている。あと何回、こんな花見ができることだろうか。いつも花見をするときは、こんなことを考えてしまう。“少年老い易く、学成りがたし”である。私の目標達成は、いよいよ余命との競争になってきたようだ。ただこの1年、少しずつではあるが、着々と進んでいることが僅かながらの慰めと言えるだろうか。

果たして、この世に満足して死ねるひとが一体、どれくらいいるのだろうか。人それぞれに使命というものがあり、目標レベルも異なるから、その当事者にしか分からない問題ではある。ただ個人的には、死ぬ直前までその目標と格闘していたいと思っている。そんなことを考えていて、思い出したのがダイナムジャパンホールディングスの佐藤社長のことだ。これでやっと今回のテーマに辿り着くことができた。佐藤社長は若い頃から哲学的な思索を続けてきた人であり、個人的にはその思索内容に興味を持ってきた。さらに、以前にもこのブロクでも書いたが、その1つの結晶が「ワンアジア財団」であり、その活動方針に共感も覚えた。

先に、『国を越えて!ダイナムの挑戦』(『財界』編集部編著、財界研究所刊、2012年)を読んだとき、その思索の断片を見ることができた。しかし質問の突っ込みが弱いため、その真髄には達することができなかった。だから、読んでからずっと欲求不満の状態にある。しかし、今回の香港上場というある意味での目標の達成には、その思索やそこから生み出された独自の哲学、さらに「ワンアジア」の活動が大きな布石となり、後押しをしてくれたのだと私は思っている。そして、後から考えれば、香港上場はいかにも佐藤社長らしい方法であり、これは成るべくして成った当然の帰結のようにも思えてくる。

堤防をすっぽりと包み込むように枝を張る桜の木々

では、前著を元にしてその思索の過程を辿ってみることにしよう。まず、その端緒として、次のような言葉がある。「敢えて言うと、自分が高校生時代から半世紀に渡って追い求めてきたこと、自己とは何か、人間とは何かといった難しい問題なのですが、そういったことを、いろんな人との出会いの中で、わたしなりに掘り下げてきました。人類の未来は意外と悲観ではなくて、夢と希望が持てるものではないか、というふうにポジティブに考えているのです」というものだ。これは哲学の基本的な問題であり、永遠のテーマでもある。

氏はこれまでに様々な人との出会いがあった。私が知っているだけでも故中村天風氏や故渥美俊一などが挙げられる。だいぶ前には、パチンコ業界誌になかなか常人には理解できないような宇宙の成り立ちなどを語ったこともあった。さらに97年には、知人からの紹介で、「仙人」と出会ったという。その人は「根本的なテーマは4つあると語った。自我とは何か、人間とは何か、生命とは何か、そして実体とは何か。4つの根本命題は過去と現在、未来に渡っての重要な命題だとも言うのである」。その経験は、氏にとって後に大きな意味をもたらすことになる。

その点について、『ただその話は体系的なものはなく、ぶつ切りの話がただぽんぽんと出てくるだけなのです。いくら聞き込んでも、話全体は繋がらない。10年ぐらい気になってフレーズがわたしの頭の中で渦を巻いていたのです。するとある時、それがだんだん繋がって、全体像ができてきたんですね』と「仙人」との関係を回想している。では、その全体像とは何か。この本では、「すべてこの世に存在するもの、政治も、経済も、科学も、芸術も、スポーツも、あらゆるものは通底するテーマで繋がっている、ということがだんだん佐藤にも思えるようになってきた」と説明している。

木津川の河原から見上げた背割桜の流麗な枝ぶりと花々

それを私流に解釈すると、その通底するテーマとは人間がよりよく生き長らえるために、個人や集団としての人間がどのように行動しなければならないかということであると思う。その行動の真理を背景にした上で、自己と他者、自国と他国が理解し合い、よりよき道に進んでいくことが最も重要なテーマであるという認識だ。これが本質であり、「その枝葉のところにビジネスがあったり、世の中のいろんなことがある――そういうことが見えてきた」と語っている。ここで佐藤氏は自分の真の“使命”に目覚めたというべきか。

人にはそれぞれ使命が与えられている。大きな力を持つ人には、大きな使命が与えられている。小さな力を持つ人には、小さな使命が与えられている。それはすべて応分であり、その使命に向かって努力することで、世の中は少しずつより良き道を進んでいく。また、そうした使命に立ち向かうことで、自らの存在の意味が初めて理解できる。しかし、往々にして自らの使命を悟れない人間が多い。自己のことが理解できない人間は、他の人間やこの世のことを理解できない。また、自らのエゴや独善によって使命を曲解し、真理と逆行する人間も多い。しかし、そうした人間はよりよき道に進むことができず、いずれ天の裁きに遭う。逆に、使命にためにより良き道を切り拓こうと努力する人には、賛同者が現れ、天も味方してくれる。私には、今回の香港上場もその1つの表れであったような気がする。ただ、氏の真の使命はもっと高いところにあることは言うまでもない。

絶好の花火日和のなかでそれぞれの思いを持って桜を眺める人々

では、氏の真の使命とはどのようなことなのか。自身はこの点について、「できれば『3つの壁』を卒業して欲しい、という希望を私は持っています。それは、一つは『自己の壁』、次に『企業・団体の壁』、そして『国、民族の壁』です。過去の歴史を見れば、そこに争いが起きたことは事実です。そうした体験を世界の国々が、また多くの民族がしてきたわけです。では、グローバリゼーションの中で、どう共存・共生を図っていくべきなのか。わたしは、そのためには新しい秩序、枠組みづくりが必要だと考えています」と語っている。こうした世界観をもとに、氏は「ワンアジア」という新たな枠組みの構築に向けて動き出したわけである。

その詳細は以前にも書いたような気がする。つまり、「アジアの有力大学との間でネットワークを構築し、アジアの発展を図っていくうえでどう現状を把握し、変革していくか、その道筋と方策をみんなの知恵を出し合っていこう」という活動である。そして、「基本財産は100億円で、全額、佐藤が拠出している。佐藤は資金面で協力するが、財団の運営には口出しせず、アジアの頭脳を結集し、アジアの連帯と福祉の向上などを図っていきたいとしている」と氏の具体的なスタンスが説明されていた。これが半世紀かかって見出した自らの使命の具体像であった。果たして、この構想がどれだけの実効力を持つのか分からない。ただ、この活動を最も重要視し、積極的に取り組んでいる姿は大きな意味を持っている。

その姿が香港上場を引き寄せたと思うし、香港に拠点を持ったことがダイナムの事業のみならず、氏の「ワンアジア」構想に大きな力を与えてくれた。やはり、天はよく人を見ている。氏はホール業界の中でも傑出した人物で、業界内の旧弊と25年以上にも亘って戦い続けてきた。その行き着く先はすでに業界も日本も越え、アジア全体を鳥瞰するところまできている。この壮大さが何とも清々(すがすが)しい。まるで、私までがアジアの空を飛んでいるような気持ちになってしまった。(佐渡屋太郎)

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
banner_22.gifにほんブログ村 パチンコブログへ人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題 ブログランキング★パチンコ ブログランキング★パチスロ
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘


スポンサーサイト

| 最新機種情報 | 13:12 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マルハンが290名の入社と重要課題の発表【佐渡屋太郎-vol.278】

入社式は東京ドームホテルで行なわれ、佐渡屋太郎は初めてドーム球場を近くで見た

いまは13年4月3日(水)の18時15分。やっと3月分の原稿書きが終り、ホッとしているところだ。今回はデジカメの故障というアクシデントでやや慌てたが、何とか乗り切ることができた。実は原稿の目処が立った4月1日(月)に、花見に行ってきた。快晴で、花は満開という絶好の“花見日和”であった。何より嬉しかったのは、新たな相棒となったニコンのデジカメでその風景を心ゆくまで撮影したことだった。前のカメラより数段アップした機能に驚くとともに、何とか使いこなせる自信もできた。

さらに今回のデジカメ故障騒動で、ネットショッピング(NS)に目覚めてしまった。今までNSといえば、アマゾンで中古本を買うくらいだったが、その便利さと価格の安さに改めて驚いた。今回はデジカメをはじめSDカードやバッテリーなど、付属品一式を部屋に居ながらにしてすべて揃えた。その結果、街から離れていて時間がない私にとっては、格好の商品入手方法であることに気づいた。今回の危機を乗り越えられたのも、ひとえにNSのお陰である。その感激が忘れられず、プリンターやファックスのインキやDVDレコダーや電気カミソリなど、時間ができたら買おうと思っていたものをどんどん注文している。

何しろ値段の安さには驚くし、注文して翌日か翌々日に商品が届くスピーディさもいい。いま、家電量販店では買いたい商品の実物を確かめるだけで、実際にはもっと価格の安いネット商品を注文するという消費行動を“ショールーミング”というのだそうだ。つまり、家電量販店のショールーム化である。その一方で、数年前から古本屋でよくスマホなどで検索しながら、長時間ウロウロしているヤツをよく見かけるようになった。多分、100円均一コーナーなどで売れ筋の高値商品を探し出し、それをネット販売しているのであろう。いまの古本量販店は発売からの時間で値付けされるので、ときどき思わぬ名著の掘り出し物があったりする。私もその“売人”以上に永く古本屋にいるのだが、とても親近感を感じている。こんな商売ならやってもいいと思っている昨今だ。

東京に住んでいる頃にはよく来た後楽園ではあったが、その変わり様に驚いた

さて、今回のテーマはマルハンの入社式である。その取材のために3月29日(金)、久し振りに東京へ行ってきた。例年は3月31日に行なわれるのだが、今年は31日が日曜なので繰り上げられたようだ。そのお陰で、月末の一番いそがしいときに当たってしまった。今月は原稿を早めに書き始めて30日にはすべてを終わらせ、31日にはゆっくりと東京で打ち合わせや買い物をしてこようと思っていたのが、思わぬ誤算となった。結局、徹夜での原稿書きを中断して6時50分に部屋を出て、フラフラしながらの東京行きとなり、取材後は上野で要件を1つ片付けてトンボ帰りをした。実にしんどい1日であった。

今年の新入社員数は290名で、昨年の90名と比較すれば大幅増加となった。内訳は大卒253名(男性=193名、女性=60名)、短大卒6名(女性=6名)、専門学校卒31名(男性=25名、女性=6名)。ちなみに、一昨年の11年度は159名であった。したがって昨年からの大幅増加というより、同社における新卒採用歴史のなかでも最大級の採用数であったと言うべきだろう。では、その背景に何があるのか。業界の状況は数年前から厳しさを増しており、マルハンの新規出店数も激減している。

新入社員を前に祝辞を述べる韓昌祐会長

具体的に、店舗数の純増数を過去9年間の3月期実績で見ると、次のようになる。04年度=19店舗、05年度=26店舗、06年度=20店舗、07年度=23店舗、08年度=16店舗、09年度=18店舗、10年度=15店舗、11年度=11店舗、12年度=4店舗。とくに昨年度は、何かあったのかと思うほどの激減であった。その点から考えると、今年度からまた出店ラッシュを再開するということなのだろうか。ダイナムは上場による資金調達で、向こう3年間で75店舗の新規出店を計画している。それにマルハンも対抗してくるなら、沈滞している業界に勢いが戻ってくる。

しかし、さすがのマルハンといえども、状況は決して明るくはないようだ。今年も韓会長の訓話を楽しみにして取材にいったのだが、肩透かしを食わされる格好となった。上場に関する話でも聞けるのかと思ったら、その口から出た言葉は“経費の節約”というものであった。これがいま同社で取り組んでいる重要課題であるという。いかにして売上を上げ、いかにして経費を減らすか。これによって利益を上げていくのが商売の鉄則というわけだ。経費の節約よって確保した利益は、顧客や努力した社員に還元していくという。つまり、経常利益の確保やアップがこのリーディング企業の大きなテーマとなっているのだ。

これは低貸営業が進行してくれば当然、出てくる問題である。そのため、多くのホール企業では数年前から、様々な経費節減策を考え、実践してきた。しかし、それでも追いつかない状況がついにやってきたということか。某コンサル会社のレポートを読んでみると、最近は盛んに“売上粗利の確保”を叫んでいる。私は昨秋からは別の業界の仕事がメインになっていたので、ホール企業の12年9月期の決算数値を詳しく見ていなかった。“減益傾向”が出てきたことはネットで見ていたが、ここで改めてマルハンの数字を確認しておこう。

久々の大量採用で290名の新入社員が一堂に会した式典会場

■マルハンの2012年12月期(中間決算)の連結実績 
※( )内の数字は前年同期との増減率
●売上高=1兆727億9,000万円(2.8%)
●営業利益=1,767億7,000万円(△37.6%)
●経常利益=1,776億8,000万円(△36.7%)
●中間純利益=1,023億3,000万円(△38.8%)

この数字でも分かるとおり、大幅な減益に落ち込んでいる。最終決算でどこまで盛り返すことができるかが見所だが、韓会長の話ぶりを聞いていると“異常事態”という感を強くした。この原因はどこにあるのか。細かく見ていくと、売上原価、販管費、特損がアップしている。これは売上を上げるための費用が前年に比べて増加しているということだ。たとえば、遊技機代、広告代などがメインとなるだろうが、その背景には、こうした費用を掛けなければ集客が難しくなってきている状況があるのではないか。低貸といっても顧客はより大きな見返りを求めるので、交換率も高くせずには競争には勝てない。つまり、売上高を何とか維持するために、かなり無理をした営業を行なわざるを得なかったのではないかと思う。

これがつまり業界全般にも言える“凋落現象”の現れだ。低貸にして“薄利多売”を目指して客数が格段にアップすれば、何とか利益確保は図れる。しかし、現状を見ると“薄利少売”のデフレスパイラルに陥っている。低貸営業は射幸性の低減に寄与すると行政は喜んでいるが、ホール企業にとってはまさに“両刃の剣”で、大幅な客数のアップを図れなければ自分の首を自分で絞めることになる。これは等価営業のときも同じような状況だった。つまり、全体的な客数というパイが減っているときに、他ホールと差別化の手段として導入したものが、恒常化したときにどのような現象が起こるのか。等価営業のときは結局、強いホールだけがその恩恵に浴した。それがマルハンである。

韓裕社長の前で決意表明を行なう新入社員の代表

しかしこの客数減少のなかでの低貸は、相当な“体質改善”を図らなければ、さすがのマルハンも利益確保が難しくなるということなのだろう。では、低貸の進行とともに、売上高に対する経常利益率はどのように変化してきたのか。ちなみに問題となった12年9月期の経常利益率は1.6%である。これを基準にまず売上を3,633億円から1兆8,381億円へとどんどん伸ばしていった03年の3月期(以下、同じで省略)~08年の経常利益率を見ると、03年=1.8%、04年=2.2%、05年=1.7%、06年=1.6%、07年=1.8%、08年=1.8%と、1.6%~2.2%の間で推移している。

それから09年に売上が2兆円を突破する。しかし、その後から売上/経常利益は09年=2兆559億円/497億円、10年=2兆1,209億円/554億円、11年=2兆389億円/488億円、12年=2兆791億円/521億円と、“頭打ち”になっている。一方、経常利益率は09年=2.4%、10年=2.6%、11年=2.4%、12年=2.5%と、2.4%~2.6%の高水準を維持してきた。これは機械代や広告宣伝費などの節減した効果もあったのだろう。こうした財務管理の強化によって、ここ数年の安定した利益確保を行なってきた。しかし、それが12年9月期で1.6%に落ち込んだわけだ。

力強く「マルハンイズム」を唱和する新入社員たちは、これから業界をどのように変えてくれるのか

一方、同時期のダイナムの売上/経常利益を見ると、09年=9,706億円/325億円、10年=8571億円/321億円、11年=8530億円/273億円、12年=8976億円/293億円。その結果、経常利益率は、09年=3.3%、10年=3.7%、11年=3.2%、12年=3.3%とマルハンを超える効率的な利益確保を行なっている。さらに、12年9月期を見ても経常利益率は3.2%とほとんど変化が見られない。

では、その急激な経常利益率の落ち込みの原因は、一体どこにあるのか。考えられるのは、低貸営業の急激な増加、広告規制下での稼働維持のための還元率、機械代、広告経費などの大幅な増加ではないかと私は推測している。いずれにしてもかなり無理をした営業を行っているのは確かだろう。その真相は今年5月下旬から6月上旬に開催される会社説明会で明らかにされることだろう。これまでの入社式は、桜の花を見ながら会場に入り、晴れやかな雰囲気のなかで執り行われてきた。しかし、今年は290名という大量採用をしながら、何かピリピリとした張り詰めた空気の中での入社式となった。今年は何か大きな変化があるような気がする。そんな予感を持って、急ぎ足で京都まで帰ってきた。(佐渡屋太郎)

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
banner_22.gifにほんブログ村 パチンコブログへ人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題 ブログランキング★パチンコ ブログランキング★パチスロ
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘



| 最新機種情報 | 19:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。