遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ホールが自社キャラクターでブランドイメージをアピール【ナイトウ龍司-其の三十六】

尼崎/ルモールのイメージキャラクターに就任した ”山本 あき奈”


 今は2月27日(金)、今日は以前からうかがっていた、尼崎市の神田中通り商店街の西にある。ルモールの店長に佐渡屋兄貴と一緒に行った。

 行く事になったのは、何でも、店長が今回、企業方針の中に、これからはお客様に愛されるホールつくりの中にイメージキャラクターをつくり、それがCI(コーポレーション・アイデンティティ)以上の効果を発揮するだろうとの考えでこの企画を即座に実行するとの連絡が入ったので、これは面白い!と思い兄貴と二人で取材に行くことになった。

 こちらのルモールは以前から何かと他にはないイベントを研究し、それを実行に移す機動力のあるホールとして、業者達からも定評のあるホールなので私自身、最近このホールにうかがう事は楽しみでもあった。

 今回のイメージキャラクター作りは単なる、ワンデイイベントの様な感覚ではなく、イメージキャラクターになる方と共にホール自身がオリジナルブランド化をはかり、成長していこうと言う、サクセスストーリー的な指針があるのが、とても面白い。

 そのサクセスストーリーの主役に抜擢されたのは”山本あき奈”さんである。

 今日は会えなかったが、本人いわくパチンコ大好きでよく打つと言う。写真を見る限り、瞳に躍動感のあるタレントである。

 店長に色々と今回の企画について取材してみると、今回のイメージキャラクターの起用により、イベントも彼女を引き立たせる様なオリジナリティあふれるイベントが構成できたと言う。 

 これは現在、機械台中心のイベントとは一味、違った感覚になるであろう。 これを行うことでホールとお客様の距離感がグッっと近づき、ホールがお客様に対してファン作りをここまで具体化して実行しているんだ。という結果になる。

 そして今後、この企画が色々な方向性でイベントが展開されていくことは間違いない。

3月1日 AM10:00~ イメージキャラクター 山本あき奈がルモールの来店!


 この企画の第一弾が発動するのは、3月1日(日)AM10:00~のルモールの開店で、この”山本あき奈”さんがルモールイメージキャラクター就任式として来店登場することからはじまるそうだ。

 イベントの力の入れようも半端なく、彼女をモチーフにした装飾グッズも沢山演出され、面白そうな企画内容になっている。

 我々、遊技租界も今後のルモールの展開を追っていこうと思う。

 まだまだ、お伝えしたいことはあるのだが、まずは3月1日に再度、イベントを見に行き、その感想を
当ブログで紹介しようと思います。(ナイトウ龍司)

山本あき奈 ルモール イメージキャラクター就任記念 来店イベント開催日】

日時:3月1日 AM10:00~

場所:RUMOR -ルモール-

    兵庫県尼崎市神田中通6丁目227-2

お問い合わせ:TEL 06-6416-2177

 

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力banner_22.gif
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題
ブログランキング★パチンコ
ブログランキング★パチスロ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
スポンサーサイト

| ナイトウ龍司-業界の眼 | 15:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パーラーオンラインショップをリニューアルした【ナイトウ龍司-其の三拾五】

8ヶ月ぶりにリニューアルした”パーラーオンラインショップ”


 今は2月25日(水)、今日は朝からバタバタと当ショッピングサイト”パーラーオンラインショップ”のリニューアル作業に追い回される一日となった。

 実はこのサイトを昨年の6月22日にオープンしてから、何かとこのサイトのおかげもあり、色々とお客様を増やすことができた。

 しかし、取引先からこのショップに対しての貴重なご意見も頂いていたので、何とかリニューアルしてご要望に答えたいと、今年に入ってからその事を考えていたのだが、なかなか作業に踏み込めなかった。

 その理由は作業時間が結構かかるのである。 勿論、私はプロではないので我流で作るのにはいろいろ戸惑うことが多いのである。

 だが、昨日の夕方についに腹を決めて取り掛かった。

 画像の収集から、レイアウト構成など、熱が入り作業を一服終えたときはもう、午前4時だった。

 私のおかしなとこは、こういった作業に入るとトコトンやりきらないと気がすまない性格なので、寝る事もご飯を食べることも必要がなくなってくるのである。

 まるで、学生時代の一夜漬けのような、やっつけ仕事の様に映るのだが、本人は案外、一番苦しくなってくるほど楽しくなる感じがうれしいのかもしれない。

 当初は昨日のPM9:00~翌日のAM9:00で完了するだろうと予想したのだが、結果今朝の9時にはまだ、6分程度しかできなかった。

 「こりゃ、ちょっとヤバイぞ!気を抜いたら明日にもかかってしまう!」と思った、朝9時過ぎからは猛スパートをかけて午後4時頃には何となく仕上がった。

 「なんとか形になった!よかった!さあ、アップしよ」

 サイトの仕上がりを見て、前回の白のバックより、黒のバックグラウンドで商品がハッキリ見えるので、勝手に良くなったと納得した。

 夜、8時頃には佐渡屋兄貴と電話で、「パーラーオンラインショップをリニューアルしましたよ!」と言うと、「ふぅ~ん・・・あっ!変わってるわ!黒っぽくなってる!」・・・これは評価ではないな?・・・

 まぁ、身内みたいな人から評価は得ることは期待しないが、その後、携帯で長々と兄貴と話していた。

 兄貴は相変わらず、飲んでいるようで二人で商売道を話していても、

 「この業界不況をなんとか打破せねばイカン!!」といつものように話していたが、この人の凄い所はこのポジティブな性格が強靭な精神を作るのだなと・・・感心した。

 結局、二人の会話は携帯の電源が切れそうになり終わった。

 最後に、私はこのショップサイトもホームページもこのブログも作ってみたが、本当に正解だったと感じることが多い。

 当初は、業者の人達には「インターネットなんかで商売は難しいんじゃない?」などとご意見も頂いたが、わずか1年そこらで自分が考える以上、サイトを通して人と出会うことができたのは事実だった。

 直接会うこともできず、電話やFAXのやり取りで取引できたことは本当に驚いた。

 ただ、今後はこれらのサイトを今よりも進化させ、見てくれる方々にヒューマニズムを感じて頂けるサイト作りを目指し努力していこうと考えています。

 今後とも、どうぞ読者の皆様、我々、”TEAM遊技租界”をご愛顧の程、お願い申し上げます。(ナイトウ龍司)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力banner_22.gif
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題
ブログランキング★パチンコ
ブログランキング★パチスロ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

| ナイトウ龍司-業界の眼 | 01:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

矢野経済研究所がホール調査集計を発表【佐渡屋太郎-vol.137】

写真キャプション=大阪城公園の東側に拡がる広大な梅林

 いまは2月21日(土)の20時30分。すっかり、このブログにもご無沙汰してしまった。“猪八戒”からの催促があって、慌ててこれを書いている。思い返せば、今週はパソコンの復旧とツェッペリンと植物本に明け暮れてしまった。まず、パソコンは2月15日(日)に「A360」という“しつこいウィルス”に侵入されたことが事の発端だった。それを退治するためウィルス対策ソフトを入れようとして、パソコンの容量が残り少ないことに気付いた。

 それからデザイナーや“猪八戒”の手を借り、憎き「A360」を追い出し、容量を復活させるなどひと騒動であった。お陰で今まで知らなかった機能を知ることができた。その後、 “猪八戒”からもらったハードディスクに原稿や写真のデータを移したり、不要なソフトを消去する作業に取りつかれている。いまの空き領域の割合は8%で、これを何とか15%以上に持っていきたい。そうすれば、全面的な“デフラグ”ができるのだ。

 2つ目は「レッド・ツェッペリン」だ。この前、テレビで「3大ギタリスト」の番組を観た。ここでの「3大ギターリスト」とは、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジだという。もう、「ヤードバーズ」の世界だ。そこで「天国への階段」を久し振りに聞いて、深く感動してしまった。それからネットでCDと「狂熱のライブ」のビデオを買い漁(あさ)り、遠い青春時代に思いを馳せる毎日だった。いまも「レッド・ツェッペリン4」を聞きながら、これを書いている。サイコ~。
 
  3つ目は植物本であった。前に買ってあった“いとうせいこう”の『自己流園芸ベランダ派』を読んだのがきっかけだった。その巻末の対談で大好きな伊藤比呂美が登場しており、いまはロスに在住し、増殖する観葉植物に囲まれて暮らしていることを知った。その観葉植物との生活を書いた『ミドリノオバサン』を読み、その本を書くきっかけとなった“いとうせいこう”の『ボタニカル・ライフ』も読んだ。いずれも名著である。植物好きの人にはぜひ読んでもらいたい。

写真キャプション=全体的には4分咲き程度であったが、中には満開の木もあった


 そこで“増殖する観葉植物”というイメージに心酔し、内田春菊の『あなたも妊婦写真を撮ろう』も読んだ。これは『わたしたちは繁殖している』の裏話として書かれたものだ。さらに、伊藤比呂美の2回目の離婚と3回目の結婚の経緯を知りたくて、まだ読んでなかった『コドモより親が大事』を読んだが、これは古すぎた。この後の著作を読まなくてはならない。多分、『おなか ほっぺ おしりトメ-末っ子トメが加わって究極の完結編』あたりなのだろう。しばらく読んでいなかった間に、いろんなことがあったようだ。これだから、“読書の道”は果てしなく長いのである。

 それにしても、女性の生来的に持つ“生命力”というのか“繁殖力”は、見上げた凄さがある。それはやはり、植物と共通したものがある。これに比べると、男の存在はつくづく“細い”と思ってしまう。その“生命力”や“繁殖力”に触れたくて、佐渡屋太郎は植物にせっせと水をやっているではないかと思う。今回はそんな植物に敬意を払い、先週の2月15日(日)に行ってきた大阪城公園の「梅林」の写真を掲載することにした。天を突くように若枝を伸ばす“梅”の一途さに、佐渡屋太郎は “生命力”の凄さを感じて帰ってきた。ちなみにこの「梅林」には、101品種・1271本の梅が植えられているという。

写真キャプション=天を突くように若枝を伸ばす梅の生命力

 
 さて、今回のテーマはホールの現状であった。実は矢野経済研究所から2月3日、「全国パチンコ経営企業数及び店舗数の現状について」というニュースリリースが送られてきたので、その概要を紹介する。同社の集計によると2008年12月20日現在、全国のパチンコ店舗数は1万2717店で、ホール経営企業数は4380社であったという。

 前年比では、店舗数が約6.5%(892店)減、企業数では約2.1%(96社)減となった。先日、全日遊連から傘下店舗数が1万1964店と発表され、ついに1万2000店を切ってしまったと感慨深かった。しかし、組合非加盟の“アウトサイダーホール”もあるので、この調査の方が実状に近いだろう。あとは来春の「風営白書」の発行を待つしかない。

 店舗数は昨年の「風営白書」によると、07年12月末時点で、前年比1089店減であった。そして、今回の調査によると、08年12月20日時点で、前年比892店減という結果になった。毎年、1000店近いホールが消えていく現象は、一体いつまで続くのであろうか。このままいけば、2011年には1万店を割り込んでしまう。
写真キャプション=矢野経済研究所から送られてきたホール調査集計のニュースリリース では、店舗数に関して各都道府県別にもっと詳しく見ていくことにしよう。まず、店舗の減少数が多かったトップ10を列記すると、①北海道=83店減、②埼玉県=59店減、③兵庫県=45店減、④静岡県=44店減、⑤大阪府=38店減、⑥東京都=35店減、⑦神奈川県=33店減、⑧福島県=32店減、⑧千葉県=32店減、⑩広島県=29店減であった。北海道、兵庫、静岡、大阪は、マルハンの店舗数が多いエリアである。強豪店に顧客が集中する現在の傾向を反映しているのだろうか。

 一方、全店舗数に対する減少率が高かった都道府県のトップ10を列記してみると、①高知県=14.6%減、②佐賀県=13.5%減、③山梨県=13.3%減、④岡山県=12.2%減、⑤福島県=11.6%減、⑥北海道=11.5%減、⑦島根県=11.1%減、⑧愛媛県=10.9%減、⑨富山県=10.8%減、⑩岐阜県=10.4%となった。これは他県からのホール進出があったケースと、ファン人口の減少による自然減のケースなど、様々な要因が絡み合っているようだ。

写真キャプション=梅の枝に飛んできたのでてっきり「ウグイス」だと思ったら、どうやら違いようだ


 次に、ホール企業の観点から見ていこう。まず、保有店舗数別に分類して、その比率と前年比の増減を総覧して見る。①1店舗(55.2%)→+7社、②2店舗(19.2%)→-49社、③3店舗(9.2%)→-14社、④4店舗(4.7%)→-17社、⑤5~9店舗(8.1%)→-21社、⑥10~14店舗(1.9%)→+2社、⑦15~19店舗(0.9%)→-2社、⑧20店舗以上(0.9%)→-2社。これを見ると、3つのグループに分けることができる。

 1つ目は、1店舗を保有するホール企業(55.2%)で、これは増加傾向にある。その背景には新規参入や、いままで数店舗を持っていたが売却よって1店舗になった企業もあるだろう。一方、2つ目は10店舗以上を保有するホール企業(3.7%)で、これはほとんど増減はない。問題は3つ目の2店舗~9店舗を持つ企業(41.2%)で、このクラスの減少が目立っている。今回のパチンコ不況は、中小から中堅クラスのホール企業に大きな打撃を与えているようだ。

 また、ホール企業を売上規模別の割合と前年との増減をみると、①10億円未満(15.3%)→-0.9%、②10億円~50億円未満(39.6%)→-4.5%、③50億円~100億円未満(13.2%)→-0.5%、④100億円~300億円未満(11.0%)→+0.2%、⑤300億円~500億円未満(2.2%)→+0.2%、⑥500億円~1000億円未満(0.3%)→+0.3%、⑦1000億円以上(0.8%)→+0.1%、⑧売上高不明(16.1%)→+5.3%となった。

写真キャプション=植木市コーナーにあった見事な梅の盆栽


 この調査では売上100億円のラインで企業数の増減がはっきり分かれた。売上100億円未満の企業(68.1%)の数が減り(-5.0%)、売上100億円以上の企業(15.7%)が増えて(+0.8%)いる。ここでもその多くを占める売上100億円未満の中小ホール企業が、パチンコ不況の影響を受けていることが分かる。

 最後に設置台数を見ると、全体的にはまだ大型化の傾向は続いているようだ。台数別の比率と前年比の増減は、①1~299台(44.0%)→-2.5%、②300~499台(37.6%)→+1.6%、③500~699台(12.4%)→+0.8%、④700~999台(4.7%)→+0.5%、⑤1000台以上(1.1%)→+0.1%、⑥不明(0.4%)→-0.5%となっている。つまり、300台未満のホールが減って、300台以上のホールが増えているという構図だ。

 ちなみに500台以上のホールは全体の18.2%を占め、前年より1.4%ほど増加している。しかし、スロ専を含め、300台未満のホールが全体の44.0%もあることに驚いた。そのなかでパチンコとパチスロの設置比率は、前年の60.8%対39.2%から、63.1%(2.3%増)対36.9%(2.3%減)へと、パチスロの減台傾向が進行している結果となった。

写真キャプション=この大きい方の盆栽は140万円もするのだという。見る人を圧倒する迫力があった


 なお、これらは同社から1月30日に発行された『パチンコ経営企業総覧2009年版(東日本版)・(西日本版)』(A4判横・782頁(東日本版)・808頁(西日本版)・税込み各115,500円(本体価格110,000円)のデータから集計されたものである。何か起こると、弱いものへそのしわ寄せがいくとよく言われる。まさに今回のパチンコ不況も、そうした構造が数字上から見て取れる。そろそろ季節は春を迎えるが、この業界の春は果たしてやってくるのだろうか。植物のような“生命力”や“繁殖力”の復活を願いたい。 (佐渡屋太郎


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力banner_22.gif
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題
ブログランキング★パチンコ
ブログランキング★パチスロ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 04:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

電子タバコを吸ってみた!【ナイトウ龍司-其の参拾四】

待ちに待って、やっと届いたSimple Smooker


 今は2月19日(木)、最近は何かとタバコの話で、巷で盛り上がっていたのだが、やっと本命がやって来た。

 それは昼過ぎに携帯にかかって来た。

 「すいません。佐川急便ですが、ナイトウさんですか?代引きのお届け物がありますが、よろしいですか?」との電話・・・

 何か?・・・買ってたっけ?・・・ あっ!あれか!

 思い出したのは、先月の事。

 ネットショップで予約販売で購入した”Simple Smoker”と言う電子タバコが来たのだ。

 なぜ?この商品を買ったのかは、今から1ヶ月前にさかのぼるが、1月中旬の頃、私は珍しく風邪を曳いてこじらせてしまったせいで、タバコを吸う事が苦しいほどの状態になった時の事。

 「よし!これを機会に”禁煙”だ!」と決意をし、禁煙するためにニコパッチまで体に貼り付け、禁煙に挑んだ。

 しかし、その無謀な行為はわずか2日で途絶え朽ちてしまった。

 挫折の原因はなぜか・・・ニコパッチを貼ったまま、気持ちが折れてタバコを1本、吸ってしった時の事。「タバコはやっぱり美味いなぁ~やはりニコチンは高めがいいのかなぁ・・・」などとバカな事をしてしまってから、リバウンドのごとく・・今まで以上にタバコを吸う本数が多くなってしまったのだ。

 もともと、私のことをご存知の周りの方はしっているのだが、私はヘビースモーカーなのだが、より最悪なチェーンスモーカーに変貌してしまったのである。
 その時期から1日2箱のペースが3箱になってしまい。風邪も完治していないのに、ゴホゴホとセキをしながら、変な痰が出ることにもなりながら、より悪い習慣になってしまった。

電子タバコは見た目よりつかえるかも・・・


 しかし、このままでは本当にどうしようもなくなる・・・と思い。そこで以前から気になっていた”電子タバコ”を本格的にやってみようと決心したのだ。

 ただ、購入しようとした時に予約しなくては買えないという売れっぷりに驚愕した!

 それから、1ヶ月が経ち待ちに待った”電子タバコ”がやってきた。

 到着するなり、説明書も読まずに適当に組み立てを終えて、待望の一服!

 スーッ、ハーッ・・・ン?ン?ン? タバコの味がしてるようで・・・何だコリャ・・・

 煙も少ししか出ないし・・・だっ!だまされた~ インチキ商品じゃないか!

 と一瞬、思ったのだが、我慢してもう一服、二服・・・

 ン!ン!・・・ 結構、美味いじゃないか!ん、ん、タバコの代役にはなってるぞ!
 なぜそう変わったかは、実は吸い方にあった。

 タバコを軽く、ふかすのではなく、呑むようにしっかり吸引すると味が出て、なおさら煙(水蒸気)もリアルに後からついてくるのだ。

 これは、いける!昔、流行で吸った電気タバコの味によく似てるのである。

 鼻腔にも独特のこのタバコの匂いが残る。 タバコを吸った感が後からこみ上げてくる。

 しばらく吸った後、自分なりに感想を言えば、禁煙は無理としても”節煙”の道具にはいいかも知れないと感じた。

 今日は朝から、まだ本物のタバコは1箱しか吸っていない。

 2箱めもまだ、2本目だ。

 気持ちが”節煙”と考える事もあると思うが、それ以上に感じることは、”どこででも吸える安心感”が勝っているのかも知れない。

 この商材が、今パチンコ業界でも挙げられる分煙化問題にかかわりそうな気もしてきた。

 当分、楽しめそうだ。(ナイトウ龍司)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力banner_22.gif
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

 


| ナイトウ龍司-業界の眼 | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

分煙化の問題で新しいビジネスチャンス到来か!【ナイトウ龍司-其の参拾参】

今話題のエアーカーテン式分煙マシン【エアーウォール】登場!

 今は2月13日(金)、昨夜は韓国の出張から帰ってきたY経済研究所のK氏と会い、恒例のミーティング(飲み会?)を行なって、かなり深酒をしてしまった。そのため、今日は朝から若干、二日酔いの状態だ。

 仕事の話になると最近は、設備業界も動いているところとそうでないところの差が、また一段と拡がっている様に感じられる。

 その様な中でも、また分煙の話が浮上している。 分煙化の問題はここ数年、色々な形でクローズアップされているが、その中でも、ホールの方から分煙設備を導入して集客数やリピート率、そして稼動が上がったという実例を多く聞くようになった

 その効果を聞きつけた。他のホール企業も今後の改装や新店の内容に分煙システムを導入する計画も増えてきている。

 現に大手部備品商社と機械メーカーが提携し、エアーカーテンの販売を積極的に行っている。

 私も、これまで分煙化の方法を色々考えて提案してきたが、最近ではこう言う考え方も出てきた。

 分煙には完全に煙を吸気し浄化するタイプと煙の流れを意図的に作り送り出すタイプの2通りが主流になる。

 先の、完全に煙を吸気し浄化するタイプは大掛かりなシステムを導入することで完全な分煙ができるのだが現状、難しいかもしれない。 それは導入コストの問題が一番大きい。 建物の構造から設計されるものだと、数千万は軽く費用がかかってしまうのが現実だ。

 しかし、ただの空気を吸気・喚起するのではなく、タバコの煙は特別である。 私の取り扱う”無光触媒”でもタバコの臭いを防ぐことは60%ぐらいしかできないので分煙を考える中で、臭いの改善が実現することはまだ、先の話になりそうです。

 そうなると後者の煙の流れを意図的に作り送り出すタイプは、現状では適応しやすいと思います。

 嫌煙家からするとタバコの煙(副流煙)の流れが、自分に来ることが一番嫌な事らしい。

 そうなると、分煙化には視覚的な効果が高い。エアーカーテン方式の分煙マシンの方がコストも安く、導入しやすい

 昔と違いエアーカーテンは価格も今では1台当り20,000円~15,000円ぐらいとかなり安くなってきている。 この価格帯は私が取り扱うV-3やサウンドチュチュ等などと同じなので販売しやすい。

 上記の写真は今回、新商品として扱う、エアーカーテン方式分煙マシンエアーウォール】と言いますが、風量ファンが標準1基タイプと強力2基タイプの2種類で販売しています。

 私もこちらの商品の薦め方は、ホール様に対しては全台対応導入での提案はせず、必要な島やBOXにスポット的に導入する提案に切り替えています。 例えば分煙コーナーなど試験的に導入することでエンドユーザーの反応を確かめてから本格的に導入する方が安全だからです。

 タバコの問題で最近、流行っているのが、”電子たばこ”です。 私もヘビースモーカーなので、この電子タバコを実は購入してしまいました。 ただ、在庫が無いほどの売れ行きとの事で予約して買いましたが来るのが楽しみです。


ここで最近は禁煙ブームと言いながら、実は禁煙を試みる人達の中でまずは節煙すると言う習慣に変えて行く人達が多いようです。 私も体の事を考え禁煙したいのですが、そこは意思が弱くタバコに依存しているので、まず”電子たばこ”を使って節煙してみたいと思います。

 しかし、驚いたのはこの不況の中でも”電子たばこ”の様な健康機器は今や不況知らずの売行き好調と聞けば、我々業界関係から見れば羨ましい限りですが、この電子たばこも景品商品として登場して、お客様がホールで使用してくれれば、分煙問題も一気に解消できそうです。

 これからもまだまだ、分煙化問題の話は続きそうです。(ナイトウ龍司


 ┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力banner_22.gif
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘



| ナイトウ龍司-業界の眼 | 13:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パチスロに“下げ止まり現象”が出てきた【佐渡屋太郎-vol.136】

写真キャプション=スッキリした気分を象徴するように、満開となった紅梅と白梅の揃い踏み

 いまは2月8日(日)の19時10分。先週はセミナーの取材で名古屋に行ってきた。その際、昨年11月に行なった愛知県の景品手数料の取材で撮れなかった写真を、いろんな所に行って撮影してきた。いろいろ歩き回って足が痛くなったが、気分は久し振りですっきりした。この写真はまた今後の問題の進展によって、貴重なイメージ写真となってくれるであろう。充実した名古屋取材であった。

 帰りには“名古屋人の命の綱”であるというナカモの八丁味噌チューブ「つけてみそ かけてみそ」を3本も買ってきた。ひどい奴はこれをごはんにかけて食べるのだという。テレビで名古屋出身の「いとうまい子」がそう言っていたので、味噌好きの佐渡屋太郎も急に欲しくなった。早速、週末に煮ナスに付けて食べてみたが、少し甘すぎるように感じた。そのことを名古屋出身の人間に言ったら、「そこがいいのだ」という。いまひとつ、愛知県人の味覚が分からない。「いとうまい子」が野菜炒めに入れると、“回鍋肉”(ほいこうろう)になると言っていたので、今週はぜひ試してみたい。

写真キャプション=新大阪で開催されたヒューテックの「2009年CIS経営指針セミナー」


 実は1月27日(火)に、新大阪で開催されたヒューテックのセミナーに行って、面白ことを聞いてきた。これが今回のテーマである。その面白いこととは、これまでファンの減少を続けてきたパチスロに、“下げ止まり現象”が現れてきたということだ。そう言えば今年の正月営業で、意外とパチスロの稼働が“安定”していたという話を、何人かの人から聞いた覚えがある。何しろ、設置比率はパチンコが7割で、パチスロが3割である。正月休みに久し振りでパチスロでも打とうと思った“戻り客”がくれば、たちまちパチスロコーナーの稼働は上る。そんな一時的な現象だろうと聞き流していた。

 しかし、そのセミナーでの分析によると、昨年10月から続いている現象なのであるという。その指標となるのが、パチスロをメインとするユーザーの比率だ。06年7月には全客数の40%を超えていたパチスロファンは、「完全5号機時代」に入り、減少の一途を辿っていった。そして、08年5月にはついに30%を割り込み、29.6%を記録した。しかし、その後も下降曲線は留まることを知らず、08年9月には28.5%にまで落ち込んでいったのである。

 この08年9月はちょうど「新世紀エヴァンゲリオン~約束の時」の出荷の時期であった。それが影響したのかどうかは分からないが、翌10月からパチスロを打つファンの比率は増加に転じた。そして、12月には何と08年5月レベルの30%にまで戻し、いまなお上昇傾向は持続しているという。その増加曲線上にあったのが、今年の正月営業で見られた “パチスロ堅調”の報告であったというわけだ。

写真キャプション=現在のパチスロを牽引する主力機「アイムジャグラーEX 」 では、なぜパチスロに“下げ止まり現象”が起こり、上昇に転じたのであろうか。その理由をセミナーでは、次のように説明した。パチスロが5号機になると、4号機ファンの多くはパチンコに移っていった。まず、最初に飛び付いたのがミドルタイプだった。しかしパチンコにおいては、ミドルタイプで無理な粗利設定をしたために、パチンコでは顧客の“2極化現象”が起こった。同時にパチスロも“第3極”を形成するまでに、その存在感を高めていったというのである。

 それを図式化すると、ミドルタイプのファンのうち、“お金”を求めるファン(「射幸性追求派」)は「MAXタイプ」に、“遊び”を求めるファン(「娯楽追求派」)は「1円パチンコ」や「デジハネ」に、そして“勝ち”を求めるファン(「勝利追求派」)は「パチスロ」にという動きになっているという。実に分かりやすい説明だった。ちなみに、初当たりまでの平均投資額を比較すると、MAXタイプ(2万2000円以上)→ミドルタイプ(2万円~1万6000円)→パチスロ(8000円~6000円)→デジハネ(7000円~4000円)→1円パチンコ(4000円~2000円)という“射幸性ピラミッド”が構築されている。

 パチンコにおける問題点として、次の2点が指摘された。1点目は「ミドルタイプ」から流出した顧客が、射幸性の高い「MAXタイプ」と、射幸性の低い「デジハネ」と「1円パチンコ」へ“2極分化”する傾向にあること。2つ目は「ミドルタイプ」(2万円~1万6000円)と「デジハネ」(8000円~6000円)の間に、“空洞化ゾーン”(1万6000円~7000円)があること。この件に関しては、「2円パチンコ」によって埋めていくことが提案された。

 では、パチスロはどうか。ファンの流れを見ると、パチスロ4号機→ミドルタイプ→MAXタイプ→パチスロ5号機という構図らしい。つまり、パチスロのヘビーユーザーはまず「ミドルタイプ」へ行ったが勝てないので、ちょうど登場した「MAXタイプ」へ移動した。しかし、「MAXタイプ」ではお金が続かなくなってきて、低額でそこそこ勝てるパチスロの5号機へ戻ってきたという図式だ。したがって、パチスロファンはパチンコでボロボロになって、古巣のパチスロに帰ってきたのである。ホール関係者は何とか、やさしく迎えてあげてほしいものだ。ここでの営業方針が、今後に向けた“パチスロ再興”の大きな分岐点になるのではないかと思う。

 こうした流れを分析した上で、セミナーでは今後はパチスロのシェアが拡大するのではないかと予想した。中心となるのは、「ジャグラー系」、「ハナハナ30系」、「ニューパルサー系」、「エヴァ系」。さらに今春にはビッグタイトルの発売も予定されている。ちなみに、現在のパチスロを牽引している「ジャグラー系」において、今夏に検定期間が切れる「アイムジャグラーEX」(大阪府での検定切れ日=09年8月18日)と「アイムジャグラー7」(同=09年9月15日)に関しては、認定申請が行なわれる。

写真キャプション=全国に大量の台数が残っていて、多くのファンを魅きつける「ジャグラー系」のパチスロコーナー


 認定されれば、さらに3年間の使用が可能になる。その申請のために、認定希望台数の調査が行なわれた。それによると、全国では「アイムジャグラーEX 」は8397店舗で17万4847台(1店舗平均=20.8台)、「アイムジャグラー7」は1626店舗で1万7158台(同=10.6台)で、合計19万2005台の認定希望があったという。まだまだ押しも押されもせぬメイン機種であることが分かる。ちなみに大阪府では、「アイムジャグラーEX 」は621店舗で9146台(1店舗平均=14.7台)、「アイムジャグラー7」は90店舗で842台(同=9.3台)であった。

 先日、販社の関係者と話していたら、昨年の年末はパチンコの有力新機種がなかったので、「ジャグラー系」中古機の大量受注があったという。多分、この認定が前提となっていたのであろう。思わぬ“特需”で顔がニヤけていた。風が吹くと、どこの桶屋が儲かるか分からない。彼はその後、東南アジアへの旅行に飛び立っていった。そこで、「中古機相場.com」で価格を調べてみたら、パチスロ部門で第1位は「アイムジャグラーEX 」で、平均価格が70万2153円。第2位は「アイムジャグラー7」で、平均価格は50万9736円であった。

 とにかく、これまで低迷を続けていたパチスロにも、少し薄日が差してきたようだ。「MAXタイプ」に規制がかかると、パチスロに新たな光が差してくるという流れになるのかどうか。ただ今後のパチスロの動きは、十分に注視しておく必要がありそうだ。(佐渡屋太郎)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力banner_22.gif
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 00:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マルハンが「フェスティバルゲート」を落札【佐渡屋太郎-vol.135】

写真キャプション=「フェスティバルゲート」の入口に記されたロゴ

 いまは2月1日(日)の20時05分。先週は、このブログの記事を使用されたことに始まり、業界内の資金ルートが判明したり、金融機関の高飛車な態度に憤慨したりといろんなことがあった。しかし、何と言っても最高に驚いたのが、1月30日(金)のマルハンによる「フェスティバルゲート」の落札であった。それを最初に知ったのが、エフエム大阪のニュースによってであった。そのニュースを聞いたとき、久し振りに佐渡屋太郎は興奮して、背筋がゾクッときた。それから、いろんな情報ルートに電話をかけまくった。

 そのとき、「やっぱり、きたな」というのが正直な感想だった。この「フェスティバルゲート」については以前、このブログでも書いたことがある(【遊技租界vol.126】)。その記事の中にある大手ホール企業というのは、実はマルハンであった。「パチンコが5年間できない施設に、パチンコ業界から手を挙げる会社があるかどうか」と書いたが、“やっぱり、きた”のである。大阪市内にある4300坪の土地に予想どおり、見事に食いついてきた。これだけの物件を逃すはずがない。狙った獲物は確実に手に入れていく貪欲さは、さすがというほかない。

写真キャプション=当初の夢が破れてしまった「フェスティバルゲート」の外観


 同社は業界全体が低迷する現在、新規出店を東京・大阪・愛知など人口が多い大都市圏に集中させる戦略を取っている。とくに大阪府内は、すでに26店舗のドミナント展開を実践し、緻密な店舗網を構築している。これから狙うとしたら、大阪“市内”で大型店舗を出店できる物件だろう。水面下の動きもかなり活発になっているようだ。したがって、たとえパチンコやゲームセンターなど風俗営業が契約締結から5年間できなくても、この物件はマルハンにおける今後の“広告塔”として、大きな役割を担っていくこと間違いない。

 では、今回の落札までの経過を振り返ってみよう。事の発端は08年2月に行われた条件付一般入札だった。大阪市は収益性の面から再建を断念し、土地建物を売却することを決定したのである。このとき、落札したのは韓国系の「FESTIVAL PLAZA APP」というファンドだった。落札額は26億円。狙っていた物件を取られたということと、それが韓国系であったことで、マルハンは2重の悔しさを味わったに違いない。

写真キャプション=「フェスティバルゲート」の周辺環境


 しかし、同ファンドは期限の08年3月31日までに売買契約に至らなかった。テナントの立ち退きが進まないことなどが、その背景にあったようだ。大阪市は保証金の2億6000万円を没収し、さらに違約金など8億2500万円を請求する方針であったという。そこで08年10月、再入札を行なうことが決定された。申し込み期間は08年12月22日(月)~09年1月7日(水)の16日間で、入札日は09年1月30日(金)に設定された。

 このとき、入札の申し込みを行なったのは3社だったという。しかし、「不動産活用計画」の審査により、1社がふるい落とされ、通過したのは2社のみ。さらに再入札に当たって1社が辞退し、実際に入札をしたのはマルハンだけだった。今回の落札最低価格は前回より3000万円アップの8億3000万円。これに対し、マルハンの落札額は14億2000万円だった。落札最低価格より5億9000万円の上乗せ。しかし、前回の落札額の約半額での取得となった。一方、大阪市はこの事業破綻時に特定調停の条件として200億円を負担しているが、今回の売却が決定すれば185億800万円となる見通しだ。

写真キャプション=「フェスティバルゲート」のすぐ北に控える大阪名物の「通天閣」


 マルハンの計画では、現在の施設を取り壊し、ボウリングやカラオケ、シミュレーションゴルフ、飲食などからなる2階建ての複合アミューズメント施設「TUTEN GATE」(仮称)を新たに建設することになっている。「TUTEN」とは「通天」で、背後にある「通天閣」にいたるゲートとして、この施設を位置づけているようだ。投資額は解体費用を含めて55億円を見込み、オープンは4年後の2013年6月を目指すという。

写真キャプション=「フェスティバルゲート」とともに再開発事業としてスタートとし、成功している「スパワールド」


 今後はこの件について市議会で承認を得てから、3月中には本契約が締結されることになる。風俗営業は契約締結から5年間はできないので、4年後のオープンというのはその点の含みもあるのだろうか。いずれにしてもこれだけ大型施設になれば、その構成やテナントの募集、さらに周辺との融和策などに時間がかかるだろう。今後、さらに詳しい発表があるだろうから、そのときにまた具体的な構想を紹介したいと思う。それにしてもスケールの大きなプランが動き出すことになる。(佐渡屋太郎)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力banner_22.gif
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘



| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春のスロット商戦が見えて来た!【直江タッチ-5回目】

写真キャプション=中古商戦好調なKPEの”悪魔城ドラキュラ  こんばんわ、直江タッチです。

 1月も結局、2月の入替の為、スロットの中古機市場はバタバタと慌ただしく、過ぎていきました。

 1月に市場が動いたのは、アビリットの「鬼 浜爆走 紅蓮隊 爆音 烈士編 」の再販分、オリンピアの「南国育ち」、そしてKPEの「悪魔城ドラキュラ」の3機種がいい動きをしていた様に感じられます。

 理由は僕の憶測ですが、去年年末に導入された機種の中で、実績の出た機種のみが、2月の入替候補にあがったと思われます。

 今年はスロットの新台も2月スタートという感じなので先に育った、この3機種は後の2月商戦には重要な役割を果たしそうです。

 僕が、この中でKPEのブランドは気になっています。なぜなら、KEPは別でも「ランブルローズXX」という機種も出ていますが、コチラも中古市場は好調です。

 2月からの新台情報は下記の通りです。

写真キャプション=お値打ち価格の198,000円のジュードーズ 2月1日スタート分
パイオニア/スペシャルオアシス

2月8日スタート分
KPE/ランブルローズXX(再販分)

2月15日スタート分
KPE/悪魔城ドラキュラ(再販分 完売済)
IGT/エアマスター

2月22日スタート分
オーイズミNEO/ダッシュ勝平
銀座/宇宙刑事ギャバンSP
岡崎産業/ラブゲッチュ
ファースト/Wキャッツ

3月1日スタート分
NET/ドラキュラZ1
アリストクラート/JUDOZ ジュードーズ(右写真参照)
ニューギン/バトルアスリーテス大運動会

以上です。

 この中でも銀座/宇宙刑事ギャバンSPNET/ドラキュラZ1は早くも引き合いがあります。

 特にNET/ドラキュラZ1は今回の新機構(NeoStock)が今後の5号機の基準になるのではと期待されているようです。BB獲得数41枚とTYは少ないのですが、当選確率14・9分の1、継続率95%以上の「ドラキュラRUSH」を含む、2種類のボーナスを搭載するこの方式は一度、大当たりを引くと平均600枚~800枚ほどのかたまりが出ますのでC-TYPE的な体感は人気が出そうです。

 後、写真で紹介するアリストクラート/JUDOZ ジュードーズは情報では筐体価格が¥198,000.-のサービス価格と聞きましたので、それが現実なら機械代の調整に一役かいそうな機種になりそうです。

 ゴールデンウィークも見すえたスロット商戦、今後もビッグネームが控えています。

 CRパチンコ全盛で、元気が無かった様に見えた。スロット市場ですが、今年は正月営業でもスロット稼動はまずまずの好調だと、ホールの方からお聞きしました。

 多分、この厳しい規制の中でもスロットユーザーに支えられて市場は底打ちから若干の安定期に差し掛かってきたのかもしれません。

 現状はジャグラーなどのライトユーザー層のみではなく、機械性のアラい物まで柔軟にスロットユーザーは遊技している様です。

 ただ、非加盟の5号機メーカーが伸び悩んでいるのは現実です。

 まだまだ、厳しいスロット業界ですが、今年は幸先よくヒット機種が続けばと思います。

 次回はいよいよ話題機種が登場するCRパチンコ機について話したいと思います。(直江タッチ)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力banner_22.gif
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

| 直江タッチ-機械の虎 | 04:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。