遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2008年:今年もありがとうございました。【ナイトウ龍司-其の参拾壱】

店舗数限定!「特別謝恩価格キャンペーン」


 今は12月31日、今日は大晦日、2008年も今日を最後に終えようとしている。

 今年も色々ありました。 当ブログの遊技租界の機械部門に直江タッチ登場や業界的にも今までに無い、変革もあったように思います。(今年は本当に中古ジャグラーとCRパチンコの独占市場でした。

 設備販売業者である。私にとっても今年は思わぬ商品で躍進できたことも大きかったでしょう。

 不況といわれる中で、”サウンドチュチュ”や”V-3”は当市場にマッチして現状、驚くほどの導入となりました。

 この度は、今年の弊社商品の導入への感謝の意味を込めまして、来春の第一段の企画キャンペーンと致しまして、店舗数限定!「特別謝恩価格キャンペーン」を開催したいと思います。

 店舗数限定!「特別謝恩価格キャンペーン」の内容は2008年度、下記商品をご愛顧頂きました日頃からの御礼も含め、本年も更に導入向上を目指し、これから汎用音声装置又は各台音響システム をご購入される方や、ご検討されている方に、通常販売価格より更にお求め安い、驚きのお値打ち価格を設定しての、店舗数限定!「特別謝恩価格キャンペーン」を実施します。
※ 今回、1月5日より先着50店舗、販売受付開始いたします。(ホール様限定)というものです。

 販売を開始してから、毎月、沢山のお見積依頼を頂く中でも、この不況の折、なかなかホール様によっては稟議が通らなくて、断念されたホール様もいらっしゃいます。

 ですので今回は、限定50店舗とさせて頂きますが、再度、よりお求め安い、驚きのお値打ち価格を設定して、この不況の中で応援する気持ちを込めまして当企画を行いますので、ご検討されてますホール様がございましたら、お気兼ねなくお問合せ等お待ちいたしております

 番宣みたいになり恐縮でしたが、本題の当ブログの遊技租界も来年の2009年度は更に、”進化の年”と考えております。

 具体的には、このブログを立ち上げてから、色々な形でメーカー・業者・メディア・コンサル・ホールの方々と出会った中で、来年は”ビジネスミックス”を現実的に展開できたらと考えています。

 この”ビジネスミックス”については後々、自論をお伝えできればと思います。

 まだまだ、業界的には厳しい現状が続くでしょうが、後ろ向きに考えず、前向きに考え、来年も躍進できますよう我々も努力したいと考えていますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 最後に、本年も”遊技租界”をご愛顧頂きました。皆様、本当にありがとうございました。又、遊技租界にご協力頂きました。関連関係各社の方々にも深く感謝申し上げます。 来年も又、皆様の益々のご発展お祈り申し上げます。(ナイトウ龍司)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
スポンサーサイト

| ナイトウ龍司-業界の眼 | 04:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

来春注目のCR機の本命3機が見えてきた!【直江タッチ-3回目】

写真キャプション=CR花の慶次2こと、CR花の慶次~斬 今晩は直江タッチです。 今年は僕の会社も26日が御用納めとなりまして、今年はひとまずお先に治まる形になりました。

 今回は来春、CRパチンコ機で注目されている3機種の動向について、聞いた情報をお伝えしたいと思います。

 まずは、ニューギンのCR花の慶次2こと、”CR花の慶次~斬H5-V”ですが12月25日に通過したとの情報が入りました。 スペック等の情報はまだ詳しくは、聞いておりませんがこの”CR花の慶次~斬H5-V”は多分ですが389か399のマックスタイプではないかとの事です。 機械内容的には前作より辛目のタイプで”CR北斗の拳”で言うならラオウ版だと言う事なので、爆発力を期待させる味付けだと言う事なのでまだまだ、バトルタイプの人気が継続しそうですね。

 気になる納期は来年の2月の4週目?が濃厚とのこと。 ただし、導入条件は今までの導入実績の結果次第となるので、入手するにはかなり困難との噂話が回ってきています。

 今年の11月頃から騒がれていた期待の”CR花の慶次~斬H5-V”ですので、大幅なスペックダウンを避けれた様なので、今後の新台導入から中古市場まで気の抜けない状況の機械になる事は間違いないでしょう。
写真キャプション=京楽「CRぱちんこキン肉マン」 次はやっと販売が見えてきた。京楽の”CRぱちんこキン肉マン”です。

 コチラの”CRぱちんこキン肉マン”はマックスかと思いましたが、一部の情報ではミドルタイプの話もありますので、来月初旬の展示発表会で全容がわかると思いますので楽しみです。

 ただ、どちらの タイプであってもバトルタイプ形式のゲームタイプなので、人気になる事は間違いないでしょう。 ”CRぱちんこキン肉マン”納期は来年の2月の2週目?が濃厚とのこと。

 この噂の2機種が重なり合う来春2月の新台導入商戦は見物ですね。

 今月の中古機市場は、この来春の新台導入を見込んでか1月の入替対象は新台ではなく、人気の高い中古機の引き合いがほとんどで、僕も今月はグルグルと走り回るほどの忙しさになりました。

 機械代の購入費を捻出させる為に、ホール側も上手に入替機種に中古機をあててくるのも、このご時世では当たり前になって来ている事も事実です。

写真キャプション=販売が延期になった。CR新世紀エヴァンゲリオン 最後のシ者DX 最後は前回、ご紹介した。”CR新世紀エヴァンゲリオン 最後のシ者DX”です。 前回の話で納期は来年の1月末から2月頃に発売予定と言っていましたが、コチラは3月に延期になった情報が入ってきました。

 ちなみに導入条件は厳しいようで、あくまで噂の段階でトップ導入条件はパチンコ設置台数の15%~20%との条件がうながされて入るようです。

 この条件は近年、どのメーカーもいける機種に対しては同条件の様にホール側に圧迫をかけますが、僕自身はあまり、その販売方法には賛同は出来ませんね。

 同じ機種の比率が、適合比率を超えた場合は、最後苦労するのはホール側ですので、使える台数でホドホドに導入してあげるのが、次の販売につながるのではないでしょうか?

 ここまでCRパチンコ機の話ばかりでしたが、スロットの情報では来春の情報で早々にはNETのリオちゃんシリーズの話や大都技研の待望機の話などが年明け聞けそうです。

 ただ、当面は来年もやはり、前半戦はCRパチンコ機の市場が優先する事は、確定でしょう。なぜなら、内規改定までの来春3月まで、マックスタイプのバトル形式機種の販売が過熱しそうだからです。

 最後に、遊技租界の読者の皆様、僕こと直江タッチも遊技租界入りをしてまだ、3回目ですが、毎度ありがとうございます。 佐渡屋兄貴、ナイトウ兄貴に追従し、来年も機械業界の情報を深く掘り下げ、僕自身の観点でこれからも楽しくお伝えできればと思いますので、今後も応援宜しくお願い致します。皆様へ良いお年をお迎え下さい。(直江タッチ


 ┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

 

| 直江タッチ-機械の虎 | 01:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスエレジー2008【ナイトウ龍司-其の三拾】

写真キャプション=今年もサンタになれました。 今は12月24日午後11時半近く、今年も無事に子供達には気付かれずサンタクロースになれた私でした。今年はシラフです。

 去年の今頃、当ブログ、”遊技租界”でクリスマスエレジーと名付けた記事を入稿して1年があっと言う間に過ぎました。

 まさか、同タイトルを書けるとは思ってもいませんでしたが、このブログをやり続けてきた結果の証だと思い。今、嬉しく思います。

 今年1年は色々と身をもって、何かと経験できた試練の年だったなと感じます。

 業界も未知のレベルまできた様な気がするほど、予測の出来ない事も状況が日々、押し寄せてくる現状に戸惑う余裕も無く。 流されているのも事実です。

 私にとっては業界だけの不況を考えていたのが、気付けば世界的な経済不況がやって来たのには驚きました。

 来年の先を考える事も大事ですが、日々の堅実な1歩を実現させる重みの方が、今の私自身の課題になりました。

 只、今年もこうして、家内や子供達にクリスマスをしてやれただけ、ささいですが自分自身で何かしてあげれた。 達成感を感じました。

 去年と同じセリフになりますが、今年もサンタクロースになれました!きっと、来年も良き年になりましょう!皆様にも幸が舞い降りますように!Happyメーリークリスマス!(ナイトウ龍司)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘ 

| ナイトウ龍司-業界の眼 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

佐渡産「コシヒカリ」を食べて見ませんか【佐渡屋太郎-vol.128】

写真キャプション=佐渡の「イカの塩辛」をはじめとした副菜に取り囲まれた「コシヒカリ」

 いまは12月18日(木)の21時40分。今日は此花区の四貫島へ取材に行ってきた。この“四貫島”という地名に強く惹かれたので調べてみた。諸説はあるが、この島ができて、ある人が“四貫文”で買ったことからこの名が付いたという説を採りたい。果たして四貫文とは、どれくらいの価値であったのだろうか。最寄り駅は阪神電鉄の「千鳥橋」であった。駅を降りると、コテコテの大阪の街が拡がっていた。近くに“海の気配”を感じて興奮したが、時間がないので海を見ずに帰ってきた。

 その駅で、阪神電車が09年3月20日に難波まで延伸することを知った。これで三宮まで乗り換えなしで行けるようになる。それにしても、京阪はなぜ梅田まで乗り入れないのだろうか。以前の問題をまだ引きずっている。実はすでにその答えを知っているのだが、ややこしくて書く気がしない。正月休みにでも挑戦してみることにしよう。

 難波まで帰って事務所まで歩いていると、人だかりがしていた。救急車が走り去り、警察の進入禁止帯も張られている。人だかりを形成する1人のおっちゃんに聞くと、若いヤツが飛び降り自殺をしたという。幸い、横の駐車場にあった車の屋根の上に落ちて、命は助かったそうだ。そろそろ“不況地獄絵図の世界”に突入したかと思い、背筋が寒くなった。若者が死んでどうするのだ。君たちがこれからの日本を、グングンと引っ張っていかなくてはならないのではないか。死ぬ気になって頑張ってもらいたいが、決して死んではいけない。
写真キャプション=伝統的な料理が並べられた佐渡における夏の食卓

 さて、今回のテーマは佐渡産の「コシヒカリ」である。正月が近くなると、佐渡屋太郎は佐渡の郷土料理が恋しくなる。あのキンキンの寒さのなかで、湯気がモウモウと立つスケソウダラと大根の味噌汁(タラ汁)を啜ったときのあの喜び。もう、たまらん、たまらん。都会の女性はあまり味噌汁が好きでないようだ。言わないと作ってもらえない。私は佐渡にいた頃、学校に遅刻しそうなときでも、「味噌汁だけは飲んでいけ」と母親にきつく言われて育った。その結果、“味噌汁好きのオッサン”が出来上がってしまった。母親によると、味噌汁を飲むと“力”が出るそうだ。その言葉は、まんざら嘘ではないと思っている今日この頃である。

 しかし、味噌汁に比べると、米は近頃めっきり食べなくなった。米を食べるには、漬物と筋子かタラコが必要で、さら玉子をかけるか、茶漬けにしなくては喉を通らなくなった。その前に、酒を飲んでいるのだから仕方がない。実は先日、新聞を読んでいてあることを思い付いた。その記事は“汚染米”の影響で、消費者が直接にJAに米の購入依頼をしているというものだった。つまり、生産者と消費者の中間にある“流通業者”が信用できないのである。信頼して食べられる米が求められているのだ。それなら、私の親戚であるM兄(にい)が作っている佐渡産の「コシヒカリ」を食べてもらえばいいではないか。

 今年の夏に佐渡産の「コシヒカリ」のことを書いたら、意外に反響があった。また私も調子に乗って、酒を飲んではよく米の話をした。「それなら送ってくれ」という仲間もいた。そこで少し時期は過ぎたが、M兄に電話をかけたら、もう外に出せる「コシヒカリ」は30キロ入りが10袋分で300kgしかないという。仕方ないので、それを全部買い切った。本当なら3tくらいほしかった。今回はそれをとりあえず販売してみて(といっても10袋だけだが)、調子が良かったら、来年はこちら用にある程度の量を確保してもらっておこうと思っている。
写真キャプション=佐渡の「国仲平野」ですくすくと育つ豊穣の「コシヒカリ」の水田

 以前も書いたが、新潟県産の「コシヒカリ」のなかでは、「魚沼産」「岩船産」と並んで、「佐渡産」は三大ブランドと言われている。つまり、米どころの新潟県のなかでも、佐渡は魚沼に次ぐ「コシヒカリ」の産地として、人気を誇っているのだ。その背景には、山間部をはじめとした佐渡内陸部特有の厳しい“冷え込み”という環境要因がある。それが米の生育に好影響を与え、甘く“粒張り”のいい「コシヒカリ」を生み出してくれる。炊き上がりの色が白く、つやつやと輝いているのが佐渡産の特徴である。味は甘みが強く、粒感があってモチモチした食感と香りのよさが人気の要因だ。とにかく、佐渡の土地が生み出した米である。まずいわけがない。

 さらにM兄は、特別天然記念物のトキ(学名=Nipponia Nippon)と共存できる自然環境の整備にも取り組んでいる。見上げた心掛けである。その一環として、新潟県認証8割減農薬特別栽培米「朱鷺と暮らす郷(さと)づくり認証米」というものがある。農薬や化学肥料を80%削減するだけでなく、えさのドジョウをはじめとした生き物が成育しやすい水田の環境作りに取り組んで、育て上げた米のことだ。M兄は今年、50%の削減に挑戦したという。窒素成分も50%削減し、その分を堆肥など有機物の投入によって “地力”の回復に努めている。昔から心優しかったM兄らしい取り組みである。
写真キャプション=佐渡名物の「イゴネリ」は、海草「イゴ」(エゴともいう)を煮詰めてつくった寒天状の食べ物。健康食品として注目を集めている

 いま佐渡では、後継者のいない農家がほとんどを占める。M兄はその田んぼを引き受けて、米づくりに励んでいる。私の町において、個人では2番目に広い耕作面積を持っている。何百町歩とか言っていたが忘れてしまった。私の家の田んぼも作ってもらっている。とにかく、佐渡屋太郎佐渡産の「コシヒカリ」を食べられるのは、すべてM兄のお陰なのである。それだけでなく、各家の先祖伝来の田んぼを荒らすことなく、毎年有効活用して、佐渡の景観と生産力を維持してくれていることに感謝を捧げなくてはならない。
写真キャプション=「淡雪」という名の突いた豆腐。私の町の豆腐屋で作っており、その柔らかくい 食感は一度食べると虜(とりこ)になる

 私は昔の農協、いまのJAのやり方に反感を持っている。だから、独自の販路を開拓したいというM兄の試みに肩入れしたいのである。産直方式”を何とか確立できないものかと考えているのだ。「遊技租界」をそのために使ってもらうことに、何のためらいもない。生産者はおいしくて安心して食べられる米を一所懸命になって作る。それをできるだけ安い値段で消費者に届けて、皆に喜んでもらう。これは立派な“商売道”ではないか。

 実を言うと、佐渡屋太郎はいまの通販体制ができる20年前から、佐渡と関西で“産直システム”を展開したいと考えていた。そのときは、佐渡の生産者連中にバカにされて、相手にされなかった。それがどうだろう。いまは生産者から相談を持ちかけられている。これも時代の流れである。佐渡に少なくとも1人の特派員を派遣できれば、このシステムは十分に機能していく。いま、誰を“佐渡送り”にしようかと考えているところだ。
写真キャプション=佐渡の宴会で出される料理の一例

 とりあえず、佐渡産「コシヒカリ」を食べてみたいと思う人は、下の画面をクリックして申し込みをして下さい。今回は10袋しかないので、先着10名様に限定します。私の仲間も狙っているので、早めに注文をお願いします。12月24日までに発送を完了したいとM兄が言っていました。もっと早く告知すればよかったのですが、それはすべて佐渡屋太郎に責任があります。(佐渡屋太郎


写真キャプション=佐渡の土地が生み出した米である。まずいわけがない


●商品:佐渡産「コシヒカリ」(30kg)=価格1万5750円(消費税/送料込み)、限定10袋

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 02:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マルハンが中間決算を発表【佐渡屋太郎-vol.127】

写真キャプション=会社説明会が開催された帝国ホテル東京のタワー館 いまは12月14日(日)の18時30分。やっと12月10日に、年末における原稿締切りの “一山”を越えた。そして、次のパチンコ雑誌の原稿に掛かろうと思ったら、もう締め切りで1月号の受付は終わりだという。何とか外注原稿の1本は整理して入れたが、あとはほぼ“全滅”となってしまった。愛知県の換金手数料問題など、書きたいテーマもいくつかあったのだが、すべては2月号へと持ち越しとなってしまった。

 今回は、単行本の原稿に力を入れ過ぎて、だいぶ引っ張ってしまったのがいけなかった。近頃、原稿の受注量と打ち合わせの数が急増しており、何らかの制限をしないと“命”に関る問題となりつつある。佐渡屋太郎は今の状態の頭と体を保持し、あと10年ほど“生かして”おいてもらいたいと切実に思っている。ただ今回の件は、周辺に多大なる迷惑をかけてしまった。その償いとして、今後はこのブログと連動し、本来パチンコ雑誌1月号に載せるはずだった原稿をコツコツと書いていくことにしよう。

 “一山”のなかでもがいている間、断れない打ち合わせにいくつか行った。そこで驚いたことがある。1つ目は、例年なら忘年会で沸いているはずの飲み屋が、静まり返っているのだ。これが“書き入れ時”である 12月の酒場かと背筋がゾーッとした。皆が“世界同時不況”に敏感に反応しているらしい。また不動産会社の話によると、某大手ゼネコンが手付金の回収に奔走しているという。手付けに打った1億円や2億円が必要になるほど、資金が不足しているようだ。金融機関の扉はパチンコ業界のみならず、建設業や不動産業に対しても閉じられてしまったという新聞記事を思い出した。

 来年は不動産価格も“暴落”していくのだろう。売る方は早く売りたいと思い、買いたい方は値下がりをじっくりと待っている。この当たりが微妙な“駆け引き”となる。一方では、輸出産業を中心に最低でも3万人がリストラに遭うという。日本の“小バブル崩壊”と“世界同時不況”がリンクし、いきなりすべてが浮き足立ち始めた。“地獄の1丁目”どころの話ではなく、すでに“地獄のど真ん中”に突入しているようだ。来年はこれまでとはまったく異なったステージでの展開が始まるはずだ。パチンコ業界でも、「外資の脅威」「人手不足」「海外進出」「店舗の大型化・複合化」というキーワードがあった。しかし、これらも“風向き”が変われば、まったく違う状況ともなりうる。ここでもまた、先の読み方によって“笑う者”と“泣く者”が出てくるのであろう。
写真キャプション=会場で説明を聞く金融関係者やマスコミ関係者

 さて、今回のテーマはマルハン中間決算である。その会社説明会が11月28日(金)、東京都千代田区の「帝国ホテル・タワー館」で開催された。当日は「第37期中間決算概要および業界動向について」(代表取締役=韓裕氏)、「財務状況について」(経理部・財務担当取締役=韓健氏)、「営業状況について」(取締役副社長・営業本部長=韓俊氏)の発表が行なわれた。まず、全体的な業界動向に関して韓裕社長は、07年のパチスロ規制や5号機の導入などの要因で、市場規模=22億9000億円(前年比16.7ポイント減)、遊技人口=1450万人(同12.6ポイント減)、店舗数=1万3585店(同1089店減)と、大きな減少傾向にあったことを指摘した。その上で、09年3月期の中間連結業績が発表された。

【09年3月期 中間期連結業績】
● 売上高=1兆73億4500万円(前年同期比=10.2%増、928億300万円増)
● 営業利益=210億6500万円(同=68.1%増、81億7200万円増)
● 経常利益=201億100万円(同=64.9%増、79億900万円増)
● 中間純利益=101億9600万円(同=70.3%増、42億900万円増)

 上記の数字から分かるように、マルハン中間決算は大幅な増収増益となった。前年同期が増収(1.4%増)ではあったが、減益(営業利益=4.3%減、経常利益=4.3%減)であったことから比べれば、業績は大きく好転している。その要因について韓駿氏は、①パチンコが好調であったこと、②TVCMの効果が出てきたこと、③メーカーも魅力的な台を出してくれたことの3点を挙げた。では、大幅な利益増を生んだホール現場の実状を見ていこう。
写真キャプション=参会者に業界の現状について説明する韓裕社長  【店舗状況】(08年4月~08年9月)
● 新規出店数=11店
● 改装店数=2店舗
● 閉店数=2店舗
● 店舗数=234店
● 機械台数=14万1801台

【パチンコ機:パチスロ機の比率】
● パチンコ機=73%(08年3月)→76%(08年9月)=3%増
● パチスロ機=27%(08年3月)→24%(08年9月)=3%減

【1円貸玉営業台数】
● 4円貸玉=94.8%(08年3月)→91.5%(08年9月)=3.3%減
● 1円貸玉=5.2%(08年3月)→8.5%(08年9月)=3.3%増

【遊べるパチンコ比率】(甘デジ、羽根物など)
● 遊パチ=12.7%(08年3月)→13.7%(08年9月)=1.0%増

 このように市場の変化に迅速に対応したことが、好業績の背景となっていると分析された。それは前期から続く流れで、いち早く、“パチスロ減台、パチンコ増台”に着手した方針を今期も継続している。さらにその結果として、“勝ち組ホールと負け組みホールの明確化”という要因も挙げられた。顧客が“勝ち組ホール”に集中してくるという現象だ。勝ち組ホールにとっては、これまでの競合費用を軽減しても自然と集客ができ、効率的な経営が行なえるようになったわけだ。ではその結果、稼働はどのように変化してきているのだろうか。
写真キャプション=財務状況について説明を行なう韓健取締役

  【全店稼働推移】
        06年9月期   07年9月期       08年9月期
●玉稼働数   3万6777個→3万5324個(1453個減)→3万6580個(1256個増)  
●コイン稼働数 1万3949枚→1万3324枚(625枚減)→1万3242枚(82枚減)

【既存店稼働推移】
         06年9月期   07年9月期        08年9月期
●玉稼働数   3万6875個→3万5454個(1421個減)→3万6653個(1199個増)
●コイン稼働数 1万3845枚→1万3197枚(648枚減)→1万3104枚(93枚減)

【全店月別稼動推移】
           4月      5月          6月    
● 玉稼働   3万6972個→3万6550個(422個減)→3万6511個(39個減)
● コイン稼働 1万3357枚→1万3248枚(109枚減)→1万2894枚(354枚減)

         7月           8月            9月
● 玉稼働 3万7353個(842個増)→3万7902個(549個増)→3万5702個(2210減)
● コイン稼働1万3084枚(190枚減)→1万3917枚(833枚増)→1万3365枚(552枚減)

 この稼働結果で、留意すべき点が2つある。1つは、パチンコの稼働が06年3月期レベルまでほぼ戻ったことだ。参考までに06年3月期の稼働結果を見ると、全店稼働がパチンコ=3万7621個、パチスロ=1万5492枚。これと08年9月期の実績を比較すると、パチンコ=3万6580個(97.2%)、パチスロ=1万3242枚(85.4%)となる。さらに既存店だけで比べると、06年3月期=3万6613個→08年9月期=3万6653個(100.1%)と、若干ながら05年4月~06年3月のレベルを超えている。

 2つ目は、8月から9月にかけての稼働低下である。数値的には3万7902個→3万5702個(2210個減)という大幅な減少となった。この背景にあるのが、「マックス・バトルタイプ」の隆盛だ。その代表的な機種は、「CR花の慶次」(07年7月発売、ニューギン)→「ぱちんこCR北斗の拳」(08年9月発売、サミー)→「CR牙狼XX」(08年11月発売、サンセイアールアンドディ)という流れになっている。つまり、この「マックス・バトルタイプ」の遊技者急増によって、粗利は維持しているが、稼働時間が減少するという現象が起こっているのだ。
写真キャプション=営業の状況について説明を行なう韓俊副社長 この点について韓駿氏は、「9月の稼働低迷は、ヘビーユーザーのハイスペック機への移行が要因。その結果、売上・粗利は変わらないが、稼働が減少してきた。全体的には、従来のミドル層がヘビー機とライト機に分散していく傾向にある。さらに、ホールの勝ち組と負け組みは明確化してきたが、そのなかで顧客はハイスペック機の導入店へ分散して集中化していく現象が出てきた」と分析した。今後は、稼働低下傾向に対し、どこで歯止めを掛けていくかが大きなテーマとなるだろう。しかし、利益については底堅い感触を持っており、経常利益の通期見込み数値である390億円に対し、450億円プラスαの実現が視野に入ったと自信を覗かせた。
 
 海外事業では、マカオの「ポンテ16」が08年10月に、ホテルの全施設が完成。しかし中国政府により、中国本土からマカオへの渡航は3ヵ月に1度に制限された。今後はレストラン、VIPカジノ、ホテル施設のオープンにより、施設の観光価値を高めていくことに努める。

 一方、カンボジアの「マルハンジャパンバンク」は5月24日に開業。10月10日現在、口座数は当座=126、普通預金=310、定期預金=23の計459口座を確保し、預金残高は1448万3006USドルに上る(1ドル=88.38円に換算すると、約12億8000万円)。今後は、初年度中に預金残高3000万USドルを達成することを目標に掲げている。また、業務に関しても、融資事業だけでなく、ブティックバンクとして保険商品や各種金融商品の販売を計画しているという。最後に、注目度の高い期間中の新規出店ホールと、08年9月末時点のパチンコ導入機種ベスト10を掲載して今回の記事を終えることにする。(佐渡屋太郎)

【新規出店】(08年4月~08年9月末)
①4月4日=「マルハン水沢店」(640台、岩手県奥州市)
②4月11日=「マルハン宮町店」(640台、山形県山形市)
③4月23日=「マルハン上牧店」(663台、奈良県北葛城郡)
④4月29日=「マルハン八尾泉店」(640台、大阪府八尾市)
⑤7月16日=「マルハン廿日市店」(684台、広島県廿日市市)
⑥7月25日=「マルハン加賀店」(600台、石川県加賀市)
⑦7月30日=「マルハン中津店」(754台、大分県中津市)
⑧8月7日=「マルハン弘前店」(767台、青森県弘前市)
⑨8月8日=「マルハン大間々店」(764台、群馬県みどり市)
⑩8月29日=「マルハン此花島屋店」(480台、大阪府大阪市)
⑪9月3日=「マルハン善通寺店」(560台、香川県善通寺市)

【パチンコ設置台数ベスト10】 9月末時点、[ ]内は設置店舗数、保有店舗数=236店
①「CR大海物語スペシャルMTE」(三洋物産)=1万8109台[230店舗]
②「CR新世紀エヴァンゲリオン使徒再びSFW」(ビスティ)=1万424台[233店舗]
③「CRぱちんこ必殺仕事人ⅢSV7」(京楽産業.)=7252台[225店舗]
④「CR花の慶次S-V」(ニューギン)=6433台[231店舗]
⑤「CRぱちんこ冬のソナタ2MY63TF2」(京楽産業.)=5939台[229店舗]
⑥「CRスーパー海物語IN沖縄MTA」(三洋物産)=5401台[186店舗]
⑦「CR北斗の拳HVJS」(サミー)=5077台[173店舗]
⑧「CR七人の侍SF-T」(ビスティ)=4658台[219店舗]
⑨「CRスーパー海物語IN沖縄SAD」(三洋物産)=4630台[219店舗]
⑩「CRパトラッシュ2RED」(三共)=3316台[197店舗]


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 04:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

美味いお肉を食べに行った。【ナイトウ龍司-其の二十九】

写真キャプション=心斎橋にJA鹿児島県経済連直営店「華蓮」-鹿児島黒牛など提供 この話は先月の11月13日(木)の事だが、この遊技租界に度々、話題になるK部長から電話があり、「ナイトウ君!おいしいお肉を食べさせてあげるから遊技租界のメンバーを呼んで、食べにいかないか?」と言う。電話の内容であった。

 もちろん、このK部長の食通は知っているので、「喜んで!お供いたします!」と即座に返答した。

 当日、佐渡屋兄貴と弟の直江タッチと一緒に夕方、K部長との待ち合わせ場所に行った。

 当日、K部長は出張からの帰阪で少し遅れるとのことだったので、我々3人が先に店に入ることになった。

 そのお店は大阪市のミナミの御堂筋沿いで八幡筋の角のビルにあった。

 そのビルの1階には「ドルチェ&ガッバーナ」があり、一見、食事をする雰囲気には見えなかったのだが、その地下1階にある。 「華蓮(かれん) 大阪心斎橋店」(大阪市中央区心斎橋筋2、TEL 06-6213-8929)という店であった。

 いかにも、K部長が選びそうなセレブな感じがした。

 店内に入るとK部長が予約をいれてくれてたようで、スイスイと席まで案内された。 道中は直江タッチとこそこそと「高そうな店じゃの~!我々では簡単には来れないな~」などと、庶民のひがみを囁いていた。

写真キャプション=心斎橋にJA鹿児島県経済連直営店「華蓮」-鹿児島黒牛など提供 ここで、このお店のことを詳細に説明している記事があったので抜粋しました。

なんば経済新聞-心斎橋にJA鹿児島県経済連直営店「華蓮」-鹿児島黒牛など提供-2007/10/12
 JA鹿児島県経済連(鹿児島県)は10月12日、御堂筋沿いに大阪初となる直営店「華蓮(かれん) 大阪心斎橋店」(大阪市中央区心斎橋筋2、TEL 06-6213-8929)をオープンした。同店では、鹿児島県直送の黒牛・黒豚を使用したしゃぶしゃぶ、ステーキを提供する。

 同店は、9月にオープンした「ドルチェ&ガッバーナ」が1階に入るビルの地下1階で、周辺には高級ブランドの路面店が立ち並ぶ。JA鹿児島県経済連では、事業の一部としてこれまで鹿児島や福岡など九州地方で直営店を展開していたが、「鹿児島の農産物をもっと多くの人に知ってもらうきっかけになれば」との思いから大阪への出店が決定した。九州地方以外の出店は今回が初めて。

 店舗面積は約115坪。プライベート感を重視した個室(1部は半個室)スタイルで、21部屋(テーブル=9、掘りごたつ=12)計94席を設ける。高級感のある店内には「和」をイメージした庭園、苔、和風ランプなどを設置、照明を落としてシックな雰囲気にした。

 しゃぶしゃぶコースは「鹿児島黒豚しゃぶしゃぶ」(4,500円)、「特選鹿児島黒牛・鹿児島黒豚しゃぶしゃぶ」(5,500円)、「特選鹿児島黒牛しゃぶしゃぶ」(7,000円)、ステーキコースは、「鹿児島黒牛サーロインステーキコース」(7,000円)、「鹿児島黒牛ヒレステーキコース」(8,000円)、そのほか女性に人気だという「せいろ蒸しコース」(5,000円~)など。アルコールは、ビールやワインのほか、140以上の銘柄の鹿児島産焼酎がそろう。想定客単価は8,000円前後で、ターゲットは30代後半~40代の女性やビジネスマン。「特に品質とサービスに価値観を置く方に、接待などで使ってもらえれば」(支配人の菊永成人さん)。

 菊永さんは「生産者の思いを届け、1人でも多くの人に鹿児島の味を知ってもらいたい。お客さん、生産者ともに元気を与えられるような店作りを目指す」と意気込む。営業時間は、ランチ=11時30分~14時、ディナー=17:30~22時30分。第3日曜定休。

写真キャプション=心斎橋にJA鹿児島県経済連直営店「華蓮」-鹿児島黒牛など提供 説明はこれぐらいで・・・ 話はもどり、しばらくするとK部長がやって来た。

 「ごめんね、遅れてしまって!先にやってなかったの?」

 高級なところで普段、食事をすることがない。我々3兄弟がそんな大それたことができるわけもなく、

 おとなしく座って待っていたのである。

 K部長が席に座るや、店員に「あの焼酎、出してください」とのこと。

 普段、佐渡屋兄貴とは”大五郎焼酎”をこよなく愛し飲んでいる私には、出てきた焼酎の銘柄などわかるはずもなかった。

 焼酎が来るとK部長は「ナイトウ君がお酒作る係ね!」とのご用命で、即席ホステスとして、せっせと水割りを作り、皆で乾杯した。

 その後、料理がどんどん出てきたのだが、K部長はせいろ蒸しのコースを頼んでくれたようで、恐ろしいほどの肉の量であったが、美味い酒と美味い肉に我々は野人のように食べきっていった。

 ただし、食べる方は私と直江タッチの役目で、佐渡屋兄貴はひたすら飲んでいた。兄貴の酒の量はハンパなく、焼酎をいつものようにガブガブと流し込んで飲んでいたのだが、まさに”怪人”と思わせる大酒飲みに変貌していた。

 ここでの食事でせいろ蒸しで食べる”野菜”がかなり美味しかった。

 K部長が「野菜が美味しいんだよ!素材の味が食べるとわかる気がするでしょ」と言っていた。

 確かに、無駄な調味料で味付けせずにただ、せいろで蒸しているだけなのに、とてもジューシーで私のような、素人でも美味しさは分かった。

写真キャプション=心斎橋にJA鹿児島県経済連直営店「華蓮」-鹿児島黒牛など提供 今回の会食は、とても有意義であった。 なぜなら、今まではお客さんであるホールの責任者と会食では別の意味、接待会食になってしまって気を使って意見も進まないのだが、今回はK部長が招待してくれたのは”遊技租界のメンバー”と言うことだったので、メディアの意見や物販、機械販売など色々な分野を商売抜きで話できたことはとても、良かった。

 少し早かったのだが、来年の展望や意見などバンバン意見が飛び交い勉強にもなった。

 やはり、同業種の中でディスカッションすることは新しい考えが芽生えるのでいいことだ。

 しかし、気付けばボトル2~3本ほど我々は酒を飲んでいたのだ。

 (多分、今日も朝まで飲み続けるコースだな・・・

 上機嫌で会食も終わり、美味い酒と美味い料理をタラフク食べた我々は、K部長と共にさらにミナミのネオン街へと消えて行った。(K部長ご馳走様でした。また、連れて行ってください!合掌)(ナイトウ龍司)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

| ナイトウ龍司-業界の眼 | 18:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エヴァ5”(CR新世紀エヴァンゲリオン 最後のシ者DX)”が見えてきた【直江タッチ-2回目】

写真キャプション=遂に登場!CR新世紀エヴァンゲリオン 最後のシ者DX 今晩は!直江タッチです。 今回はあっさり。行きたいと思いますので、宜しくお願い致します。

 まず、左手の写真は、ボクが厚意にしてた。関東の業者から送られてきた。

 噂の”エヴァ5(CR新世紀エヴァンゲリオン 最後のシ者DX)”の画像です。 ごぞんじのかたも多いとは思いますが、来年の1月末から2月頃に発売予定になっております。(多分、2月と思います。)

 実機のお披露目は、現状で超大手優良店のお得意様だけにはチラホラと個別の内覧会をされてるとの噂でこの写真もその内覧会に立ち会った時の物だと聞きました。

ですので、このCRエヴァ5は我々業者であっても、簡単にどこでも見れる訳でもなさそうです。

 話は変わってここ2・3日で、今まで活発であった。中古機の流通にも変化が出始めています。

 まず、急に買いの注文が止まったと言う事です。

 多分、決済調整から見て、1月の入替に力をいれず、来春2月の本命機を狙っての予算工程の組み直しで勝負をかけるホールの動きが多くなって来たのではないでしょうか。ですので、現状は買い控えが多い様です

 現在の中古機市場で活発なのは”CR牙狼(サンセイR&D)”ですね。

 コチラは現状で70万~の値段で動いてますので、CR北斗の拳の価格暴落も追い風となり、今の中古機市場の看板機になっています。

 但し、増販の話がありますので台数によっては・・・我々、業者にとっては気になるところです。



 今回の年末商戦は、案の定、あっさり終わったな・・・と言うのが感想でした。

 ボク自身は来春、2月以降の商戦は非常に気になります。
 
 ”エヴァ5(CR新世紀エヴァンゲリオン 最後のシ者DX)”を筆頭に京楽で噂されている”キン肉マン”や大都の本命機などメジャータイトルがどんどん出てくるので、後は使える機械である事を祈るだけです。(直江タッチ)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

| 直江タッチ-機械の虎 | 04:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

V-3の導入に変化が出てきた。【ナイトウ龍司-其の二十八】

写真キャプション=最近はCRパチンコ機に導入する事が多くなって来た。oneA(ワンエー)のV-3 今は12月8日(月)、もう、師走に入り、何かしら町中も年末の雰囲気がただよいだしている。

 人も車もあくせくと、落ち着かない様子は何なのだろうか?

 私は逆で先週は落ち着いて過ごす事が出来た。 

 とは、言っても又、明後日から地方へ週末まで工事の立会いなどで出張に行くことになるので、バタバタしそうだ。

 今年は8月頃から”サウンドチュチュ”の販売でバタバタしてきたのだが、最近は少し様子が変わってきた。

 当初、この”サウンドチュチュ”も年末までの商品かな?と思っていたのだが、意外や大手ホールの導入もあり、現状は来年の1月・2月の導入予定まで決まってきている。

 その様な中で、後発で販売を開始した。oneA(ワンエー)の”V-3”が面白い展開になってきている。

 ”V-3”も”サウンドチュチュ”同様、スロット(特にジャグラー)向けに販売してきたのだが、近頃はCRパチンコ機に導入を検討しているホールが多くなって来た。

 その様な中で先月、私も千葉県のNEW YAMATO(ニューヤマト)さんに”V-3”をCRくらげっちのコーナーに導入してもらった。

 これはCRパチンコ機への”V-3”の正規導入は関東初だと、oneAの営業担当M氏も言ってたので楽しみである。

 それと”V-3”は最近、関西(大阪府)でも光センサーの使用が認められる地域が再度出てきたので、大手チェーン店も導入してきているようだ。

 話に聞くとその大手チェーンはCRパチンコ機にも導入を検討されているそうなので、今後は”V-3”の導入が増えることは間違いないだろう。

 導入の理由は他にもある。 この”V-3”は入力方式の選択が不正入力、大当たり入力、小当たり入力の3回線あることから、これらの出力音源を自在に選べ、音源自体を自由に作製できるところも人気の要素になっている。(不正入力を取り入れているので不正防止装置となる
写真キャプション=サンプル音源も多彩の”V-3”

 上記のCDはoneA(ワンエー)の営業マン達がツールで持っている音源サンプルのCDだが、すでにCRパチンコ機への導入を見込んで、音源サンプルにも人気機種に対応した内容になっている。

 このCDはサンプル音源なので、実際は各ホールに導入する際、ホール側からの音源要望がある場合は別途費用はかかるがオリジナル音源を作製すると言う。

 ただ、オリジナル音源を作製する場合は著作権などの部分はデリケートに対応しなければならないとの事。

 なので、音源を作成する場合はメーカーもしくは販売代理店に相談するのがベストだと思います。

 CRパチンコ機の内規の改定話などが浮上する中、スペックの一律化が進めば、ホールにとってのイベントやサービスはさらに模索していくだろう。

 その様な中で、現在こういった商品がクローズアップされて来たのも時代の流れかもしれない。

 又、最近ではこの商品の購入方法にも変化が出てきている。

 ファイナンス会社が、割賦販売やリース販売で対応してくれる様になった。

 私の会社が提携する、㈱ブラザーエンタープライズもその内の一社である。

 当然、稟議・調査は通常と同じく必要となるが、このスキームによって、商品の購入を始めに事業資金の融資相談など、商談枠が大きく展開できる話も出始めた

 ここ2週間で、3社ほど融資相談を弊社でも受けている。

 こう言った購入を支援する土俵を作る事により、業界市場の活性化に通じるのではないかと私は思う。

 又、最近は導入されたホールからのリピート注文が増えてきている。

 現に私の会社でも、これらの商品のリピート受注率も40%程もある。この内容から見ても、導入してホールにとっても良い結果が出ている証だろう。 

 現在、業界市場の不況の中で、改装などで多額の設備投資をして、勝負をかけるホールも多いでしょうが、安価でピンポイント的にホールをアレンジできる。この様な商品が活躍していくのも別の角度で見れば、理に適っている様に思うので再考されてはいかがでしょうか。(ナイトウ龍司)
 

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

| ナイトウ龍司-業界の眼 | 19:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あのフェスティバルゲートが一般競争入札に【佐渡屋太郎-vol.126】

写真キャプション=JR新今宮駅前に巨大な姿を見せる「フェスティバルゲート」

 いまは12月4日(木)の18時25分。やっと葬儀雑誌の原稿2本を書き上げたが、単行本の原稿がまだ半分くらい残っている。最初、単行本の原稿を書いていたのだが、葬儀雑誌が早く原稿をほしいと言ってきた。そこで急遽、予定を変更して葬儀雑誌の原稿を書き始めたのである。単行本の担当者は何も言ってこないので、「まだいいのかな」と甘いことを考えていたら、きっちり12月3日に督促のメールが届いていた。それはそうだろう。締め切りは11月20日だったのだ。これは大変だと思い始めたら、何と“猪八戒”からも電話が掛かってきた。至急、このブログの原稿を書いてくれと言う。

 そこで佐渡屋太郎は、ブログの原稿を先に書くことにした。昨日から事務所に泊まりこんでいたので、外へ出て気分転換がしたかったからだ。ブログの原稿を書くためには、新今宮まで行って、フェスティバルゲートの写真を撮ってこなくてはならない。ちょうどいい散歩になった。ということで、今回はフェスティバルゲートが紆余曲折を経て、一般競争入札になって売りに出された件について書くことにしよう。実は以前、この物件を某大手ホール企業がほしいと言っていたのだ。それから気を付けて新聞の切り抜きなどをしていたのだが、京都の拠点においてきてしまった。肝心なときはこんなものだ
写真キャプション=地下鉄の車内に貼り出されていた入札の告知

 この件について、記事を書こうと思いたったのは11月末のことだった。帰りに地下鉄に乗ったら、何と地下鉄の車内に入札の告知が貼ってあるではないか。それが2点目の写真である。この物件は韓国ファンドが入手したのだが、金を払えずに“空中分解”したところまでは、新聞で読んでいた。しかし、いくら大阪市交通局の持ち物だといっても、こんな物を地下鉄に貼り出したことに驚いてしまった。その告知は向かい座っている女の子の頭の上にあった。あまり私が真剣に見ていたので、勘違いされてしまった。このヘロへロのオッサンには、もうそんな“元気”はありません。

 このフェスティバルゲートは、「都市型立体遊園地」として、97年7月18日にオープンした。総面積1.4ha、店舗面積5700㎡。8階建てで、中央部は2階から“吹き抜け”になっている。そのなかをジェットコースターの「デルピス・ザ・コースター」が建物を突き抜け、その外側まで疾走していくのだ。乗ってみると、空中を飛んでいるような感じがする。ラスベガスにある「ニューヨーク・ニューヨーク」のコースターみたいなものだ。当時は、大阪市南部における“再生の起爆剤”として、大きな期待を集めてオープンした。

 私もデートで何回か行ったことがある。しかし、回を重ねるごとに客は減り、最後に行ったときは薄ら寒い“廃墟”のような不気味さを感じたものだ。2階のステージで女の子が歌っていたが、何とも心寒い光景であった。まだ東京にいた頃、秋口になって新宿のビルの屋上にあるビアホールに行ったことがある。特設ステージでは女の子が“泥レスリング”をやっていたが、その近くをネズミが駆け回っていた。都会の“悲哀”を感じさせる光景として、この2つは私の頭の中にしっかりと刻み込まれている。
写真キャプション=「フェスティバルゲート」の立地を示した案内地図

 もともとこの土地は、大阪市交通局の市電天王寺車庫(霞町車庫)があったところだという。89年に「大阪市交通局霞町車庫跡地開発プロジェクト・土地信託事業計画提案競技」という長たらしい名称のコンペにより、Aゾーンの開発計画が決定された。それで採用されたのが、東洋信託銀行・中央信託銀行・三井信託銀行による共同事業で、総工費300億円を掛けてフェスティバルゲートが建設されたわけである。これは土地信託事業で信託期間は2020年3月まで。運営母体は第3セクターのフェスティバルゲート㈱であった。

 公共事業で失敗続きの大阪市は、銀行にアイデアと土地を託し、その有効活用とそこから上がってくる収益に大きな期待をかけたのであろう。しかし、開業4年目の2001年には年間入場者数が初年度の半数となる約300万人にまで落ち込んだという。そして、04年2月に信託銀行3行は事業から撤退を表明し、管理会社はついに倒産する。そのため、大阪市は最終的に200億円の赤字を補填しなくてはならなかった。

 ちなみに、Bゾーンは「スパワールド」が建設されて、同じ97年7月18日にオープンした。こちらは阪神住建が運営を行なっているが、有名タレントなどをCMに起用し、とても好調に推移しているようだ。この違いは果たしてどこに要因があるのだろうか。
写真キャプション=「フェスティバルゲート」の斜め前にあるJR環状線の新今宮駅

 その後、再建案がいくつも検討されたが、収益性の面から再建を断念。土地建物を売却することに決定し、08年2月に条件付一般入札が実施された。そこで落札したのが、韓国系の「FESTIVAL PLAZA APP」というファンドだった。落札額は26億円。施設評価額は約8億3000万円といわれ、建設費の約1/36まで下落していた。このとき某大手ホール企業が悔しがっていたことを憶えている。

 しかし、同ファンドは期限の08年3月31日までに売買契約に至らなかった。大阪市は保証金2億6000万円を没収し、さらに違約金など8億2500万円を請求する方針であるという。そして、今回の再入札となったわけだ。実施要領の概要で、私が興味あるのは以下の点である。
写真キャプション=地下鉄とも「フェスティバルゲート」は通路で直結している●入札物件……土地(地積=1万4303.12㎡)及び建物(附属建物を含む:延床面積5万1027.45㎡)
● 予定価格……土地及び建物=8億3000万円(建物にかかる消費税及び地方消費税相当額が別途必要)
● 不動産活用の条件
① 次の全ての条件を満たした不動産活用計画書を作成し、契約締結の日から起算して5年を経過するまでの期間内、計画どおりに事業を行なうこと
ア=賑わいや地域コミュニティを促進する機能を有すること
イ=施設封鎖期間を短期とすること
ウ=周辺社会との共存共栄に配慮すること
エ=周辺地域の環境に十分配慮すること
オ=通天閣を含めた地域の景観に配慮すること
カ=地下鉄動物園前駅、JR新今宮駅から通天閣側道路への通行機能を確保すること
キ=一時利用的な(暫定的)なものでないこと
② 禁止する用途
ア=風俗営業等の用途
イ=公序良俗に反する用途
※ ①及び②アについては契約締結の日から5年間の期間内、②イについては無期限において、第三者に所有権を移転する場合等には、活用計画の遵守及び用途制限の義務を継承させること。

 仮に、ホール企業が落札しても、5年間はパチンコ営業ができない。以前、そんなことを聞いたのを思い出した。それがこの条件だったのかと思い当たったのだ。しかし、大型複合施設を展開するには面白い物件だ。リスクは非常に高いが、成功すれば知名度は一気に上がることだろう。パチンコが5年間できない施設に、パチンコ業界から手を挙げる会社があるかどうか。さらに、最終的に落札するのはどんな業種の企業であるのか。そして、どのような展開をするのか。それが果たして10年のスパンで見て成功するのかどうか。今後の動向を注目していきたい。(佐渡屋太郎


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘


| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 02:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近の機械動向【直江タッチ-1回目】

写真キャプション=さぁ!いよいよ登場か?!5号機版 オリンピア【バニーガール】 ご無沙汰しております・・・直江タッチです。

 今回より、ボクも遊技租界に参戦して読者の皆様に“機械屋”としての意見で、何かをお伝えしていこうと思いますので宜しくお願い致します。

 この左の写真ですが、最近入手したのですが、何の機種かおわかりですか?

 画像が不鮮明なのが残念ですが、そうです!5号機版の“バニーガール”です。

 この機械は現在、テストである所に試験導入中です。

 実データー取りやスペック等での状況を分析しているらしいのですが・・・

 ”バニーガール”を2号機時代から知る人には結構そそりますよね(笑)

 早く市場に導入される事を期待したい1機種です。

 話は変わって、ボクは仕事上、中古機をメインに売り買いしたり、新台も販売しているのですが、今年は例年にないほど、年末らしくない動向だと感じます。

 理由は毎年、この時期には新台ラッシュでどのホールにも年末商戦の準備で慌ただしく、機械を導入していくのですが、今年は新台が・・・これと言ってないのです・・・

 ですので、新台に魅力が半減される中、当然、中古機市場にホールも目を向けてくる状況になるのですが、ここ2週間程で痛感するのは”CR北斗の拳”の暴落です

 当初、中古市場で青天井の勢いで高騰した”CR北斗の拳”も今では30万円代まで値崩れしている状況です。

 この値崩れもボクの推測ではメーカーのサミーが12月/2週目に追加導入されていくのですが、これにより市場的には台数飽和がおとずれてきているのも現実です。

 ですので、今後、メーカー側として販売方針上、追加導入されて行けば、さらに中古市場での値崩れは加速していくでしょう。

 ホール様の中ではこの”CR北斗の拳”の導入や売却によって、一喜一憂された方も多いのではないでしょうか。

 現状、中古市場的に見て安定しているのは三洋の”CR大海物語SP”ですね。こちらは30万円台後半ぐらいで動いています。

 今年は中小ホールのみならず全般的に年末の入替対象機種に中古機を導入されるホールが多くなりました。

 メーカーの入替サイクルが早い中で、良い機械でありながら見過ごされたり、後から使える機械になるなど中古機は時として輝く”時の機種”が出てくるので、それが面白い商売でもあるのですが(笑)

 ただし、この年末においては今のところは”決め打ち的”な機種選定はなく、甘デジやミドル・・バラバラです。

 多分、そのエリアやホール自身のカラーなどで機種選定されるホールも多いので、逆に言えば機種担当者の腕比べのように感じますので、今後が楽しみです。

写真キャプション= 最後に右の写真は大都技研初のART機が新筐体で登場する”忍魂”です。

 販売は来年1月末頃の予定らしいですが、試打した感想は役物効果の動きが新鮮で、液晶演出との連動など、なかなか良い”顔つくり”になっています。

 目押しも簡単にできそうなので、ユーザーを選ぶこともなく、無難に導入できそうな感じですね。

 ただ、限定5,000台との事なので・・・それが残念!

 爺サマーや24などの一連のお付き合いのあるホールが優先的に導入されるだとか・・・

 この後も押×番長や秘×伝などの期待機種が来春ささやかれる中では・・・

 この機種も流れの一機種になるのでしょうね。

 付き合い買いも、今のホールに取っては大変ですから・・・

 メーカーさんも、もっとホールを守る販売方針も考えて欲しいものです。(直江タッチ


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

| 直江タッチ-機械の虎 | 12:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。