遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「冬ソナ2」のスペックが発表された【佐渡屋太郎-vol.71】

写真キャプション=ついにスペックが発表された「CRぱちんこ冬のソナタ2」(京楽産業.)  いまは3月4日(火)の18時40分。実は3月2日の日曜日から、事務所での寝泊りが続いている。今日こそは家に帰りたいものである。昨日の3月3日(月)は15時から緑橋の某マンションで、ある件でバラバラに会っていた4人が一堂に会し、謀議を行なった。その打ち合わせの後、そのマンションの近くにある“衣(ころも)が厚くて有名な串カツ屋”で飲んだ。さらにその後、心斎橋の三津寺(みってら)町まで戻って飲み、また事務所でも飲んでしまった。

©KBS Media/Pan Entertainment All Right Reserved
 また、面白いことが始まりそうだ。もう少ししたら発表できると思う。乞う、ご期待といったところだ。そして気が付いてみると、今日は待ちに待った「冬ソナ2」の「特別先行展示会」が開催される日ではないか。何と言っても注目されるのは、そのスペックである。

 事前に私が得た情報は、「1/270が落ちて、1/310が通った」というものだった。それで「冬ソナ1」と大した違いはないと予測して、ブログではそのスペックを掲載しておいたのだ。しかし翌日、どうしても来てくれというセミナーがあって、時間がないのを無理して行ってみた。そのセミナーで講師の1人は、 「冬ソナ2」のスペックに関し、「1/280が落ちて、入れ直した1/346が通った」と、堂々と発表していた。

 正直に言うと、「え~い、一体どっちが本当なんじゃい!」と苛立っていたのだ。実は、どちらも違っていたのであった。ただし、私の情報の方が数値的には近かった。エッヘン(どちらも外れたという点では同じじゃ。しっかり反省しろ!)。しかし、噂とはこのように当てにならないものだ。逆に言えば、販社関係でも知らなかったわけで、このビッグタイトルに関しては、相当きつい箝口令が敷かれていたことになる。では、注目のスペックを発表しよう。

【「CRぱちんこ冬のソナタ2」のスペック】
● 賞球=3&10&14
● ラウンド=15R・8C
● 出玉=約1500個
確率=1/299.13→約9倍
● 確変突入率=62.8%(2R確変を含む)
 〈内訳〉
ヘソスタート/チュースタート
15R確変……37.2%/48.4%
2R確変……25.6%/14.4%
15R通常……37.2%/37.2%
● 時短=全図柄100回
● 備考=別系統8個保留
     小当りあり

 その実態は完全なミドルスペック機であった。では、スペック的な特徴はどのような点にあるのだろうか。知り合いのコンサルタントが分析しているので、簡単にまとめてみよう。①潜伏確変機能が「ミニョンモード」という形で導入されている。②ヘソと電チューで確変継続率が異なる。③ラウンドが8Cの15Rでさらに14個返しになっているので、調整がし易く、割も取りやすい。さらに、演出も飽きの来ない工夫がされており、長期使用ができるのではないかというのが、その予測であるようだ。


写真キャプション=ついに発表展示会が開催された「CRフィーバー春のワルツ」(SANKYO) しかし、このブログはこれで終わらない。前回、紹介したライバル機「CRフィーバー春のワルツ」スペックと、これも以前に掲載した前作の「冬ソナ1」スペックも掲載することにした。この3機種のスペックを比較してみると、何か見えてくるものがあるのではないだろうか。しっかり検討して、納得のいく機種選択をしてもらいたいものだ(もう予約を済ませているかもしれないが……)。私も明日の3月5日(水)は大阪の支店で展示会があるので、久し振りにチェ・ジウに再会してこようと思っている。(佐渡屋太郎)

                             ©YOON´S COLOR
【「CRフィーバー春のワルツMF-T」のスペック】
●賞球数=3&4&10&13
●大当り確率=1/300.6→1/37.6
●確変突入率=63%(うち2R確変は18%)
●ラウンド=15R
●カウント=9カウント
●出玉=約1520個
●大当りライン=1ライン
●特別図柄変動時間=通常時……約12.3秒(保留0~2個)、約8.3秒(保留3個)、         
約3.8秒(保留4個)
確変中・時短中……約8.4秒(保留0~1個)、約2.9秒(保留2~4個)
●リーチ確率=1/7.3(保留0個)
        1/11.0(保留1個)
        1/12.1(保留2個)
        1/27.3(保留3~4個)
●時短モード=すべての大当り終了後100回転

【「CRぱちんこ冬のソナタM62TF2」(「冬ソナ1」)スペック】
●賞球=3&4&13&14
●確率=1/317(低確率時)
   1/31.7(高確率時)
●確変突入率=62%
●時短=全ての大当り終了後100回転
●カウント=15R(9カウント)
●特賞出玉=約1700個


ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

春のワルツ DVD-BOX II春のワルツ DVD-BOX II
(2007/04/25)
ソ・ドヨン、ハン・ヒョジュ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 13:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春だ、春だ、春だ~!【佐渡屋太郎-vol.70】

写真キャプション=事務所のなかに春の雰囲気を醸しだしてくれる「アスター」の花 いまは3月3日(月)の13時50分。昨夜も事務所に泊まりこみ、懸案の2ページの原稿のみならず、その日に取材した1ページの原稿もついでに仕上げて、発注先の編集部にぶち込んでやった。先週はこの他にも1本の原稿を仕上げたので、1月から抱えていたものも含めて、私の“筆債”(原稿上における借金のこと)は完済した。つまり、注文を受けたのに書いていない原稿という“借金”を、すべて払い終えたのである。ばんざ~い。佐渡屋太郎は晴れて、“自由の身”になったのだ。それを記念して、まず事務所で咲き出した「アスター」の写真を載せることにしよう。
 
 思い返せば、昨年もちょうどこの時期だった。毎週、原稿の締切りがあるという“地獄”が、11月から2月一杯まで続いたのだ。それから比べれば、今年は本数こそやや少なかったが、長めの記事依頼が多く、このブログも抱えている中での原稿書きだった。正直に言って、それなりに苦しい3ヵ月であったのだ。そして、目の前に覆いかぶさっていた “プレッシャー”が取れて、あたりを見回してみると、なんと世界は“春”ではないか。すべてが明るく、輝いて見える。晴れて“自由な身”となった佐渡屋太郎は、ここで改めて叫びたい。“春だ、春だ、春だ~!”

 ということで、今回は「CRフィーバー春のワルツ」のことを紹介したい。前回まで「冬ソナ2」を引っ張ってきたのに、現金なヤツだと思う人もいるだろう。しかし、佐渡屋太郎はそんな心の狭い人間ではないのだ。興味のあることには、何でも首を突っ込んでいく。ましてや、“敵を知り、己を知らずんば、百戦あやうからず”なのである。「冬ソナ2」と「春のワルツ」のどちらが敵で、どちらが己(おのれ)なのかは分からないが、これだけ喧伝されている機種を、素通りにはできないではないか。

 さて、テレビのCMでは「春のワルツ」を“四季シリーズの最終章”と紹介していた。そういえば昔、作家の五木寛之も「四季シリーズ」という小説を書いたことがあった。自立して生きようと葛藤する「四季・奈津子」「四季・亜紀子」「四季・布由子」「四季・波留子」という4人の女性の物語だった。映画になった「四季・奈津子」の主演をした烏丸せつこはよかった。こんなことを書くと、“おじさん”丸出しである。しかし、私が“おじさん”だからこそ、CMで言っている「四季シリーズ」という意味がわからないのである。プン、プン。カワイコぶって、つい “さとう珠緒”になってしまった。ゴメン。


写真キャプション=ついに発表展示会が開催された「CRフィーバー春のワルツ」 そこで佐渡屋太郎は“記者魂”を発揮して、その謎に向かって生死を顧みず、嵐の中を突撃していった(そんな大げさなことではない。キーボードを叩けば、すぐ答えは得られるのである。実に便利な世の中になったものだ)。そして、その謎はたちまちのうちに解けていった

 この「四季シリーズ」というのは、韓国の監督であるユン・ソクホ氏が、所属するテレビ局KBSで制作したドラマのシリーズであった。いま、私のことを「そんなことも知らないのか」とバカにしている読者の視線を感じる。では、貴方たちはそのドラマ4本のタイトルを答えられるのか!。     ©YOON´S COLOR
少なくとも、私の周りにいるむさ苦しい“オジサン”たちは知らなかった。

 では、答えることにしよう。ユン・ソクホ氏が監督した「四季シリーズ」とは、『秋の童話』(2000年)、『冬のソナタ』(2002年)、『夏の香り』(2003年)、『春のワルツ』(2006年)の4作であった。ちなみに「ソナタ」とは、3または4楽章からなる独奏曲のことで、奏鳴曲ともいう。また「ワルツ」とは、4分の3拍子の軽やかな舞踏やそのための曲のことで、円舞曲ともいう。ああ、スッキリした。

 しかし、「ソナタ」「ワルツ」があるのに、どうして音楽シリーズのタイトルを付けなかったのか。「童話」と「香り」では統一が取れないではないか。『秋のセレナーデ』、『夏のタンゴ』でもよかったのではないか。あまりにも陳腐すぎるか。このあたりが“オジサン”には分からないのである。こんな下らない文句をタラタラ書いていたら、1回分の原稿量になってしまった。急いで、そのストーリーの概要をカタログから丸写しにして、注目のスペックを紹介しよう。

【ストーリーの概要】=父親に連れられて、ウニョン(ハン・ヒョジュ)が住む島で生活することになったスホ(ソ・ドヨン)。2人は実の兄妹のように仲良く暮らしていたが、ある日、病弱なウニョンの生命に危機が訪れる。自分に瓜2つの息子を亡くした夫婦の養子になれば、ウニョンの手術費が払ってもらえると知ったスホは、ウニョンと離れ離れになることと引きかえに、養子になることを決心する。それから15年後。スホはチュハという名で、世界的なピアニストとして活躍していたが、ある日、2人はオーストリアで偶然にも再会することとなる。お互いの過去を知らないままに……。(佐渡屋太郎

CRフィーバー春のワルツMF-T」のスペック
● 賞球数=3&4&10&13
● 大当り確率=1/300.6→1/37.6
● 確変突入率=63%(うち2R確変は18%)
● ラウンド=15R
● カウント=9カウント
● 出玉=約1520個
● 大当りライン=1ライン
● 特別図柄変動時間=通常時……約12.3秒(保留0~2個)、約8.3秒(保留3個)、約3.8秒(保留4個)
      確変中・時短中……約8.4秒(保留0~1個)、約2.9秒(保留2~4個)
● リーチ確率=1/7.3(保留0個)
          1/11.0(保留1個)
          1/12.1(保留2個)
          1/27.3(保留3~4個)
●時短モード=すべての大当り終了後100回転


ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

春のワルツ DVD-BOX 1春のワルツ DVD-BOX 1
(2007/02/21)
ソ・ドヨン、ハン・ヒョジュ 他

商品詳細を見る

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 11:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。