遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

販売ロットが限られた中で展開される近頃の新台状況【直江タッチ-12回目】

写真キャプション= こんばんは直江タッチです。 今回は最近の機械販売の状況をお伝えしたいと思います。

 今日は久しぶりにナイトウ兄貴から連絡が入ってきた。

 『(ナイトウ兄貴)タッチどうだった?盆休みはゆっくりできた?』

 『(私)・・・いや、けっこうバタバタでしたね』

 『(私)そっちはどうだったんすか?』

(c)2003 SBS Productions.inc
(c)2009 KYORAKU SANGYO

 『(ナイトウ兄貴)いや、色々バタバタしただけで、休みなんか墓参りの一日だけだったかな』

まぁ、業界ぽい会話と言うか、状況が良いのか悪いのか分からないのが近頃だ。

 最近はこの盆休みも色々と話が回ってきた。

 某大手機械メーカーで大幅なリストラがあるだの、我々機械販社にも静かに業界不況のかげりが見え隠れしてきている。

 その様な中で、最近の機械動向は話も一本通しで引き合いのある売れる機械の話ばかりが横行するのだが、その内容に今の状況が垣間見れる。

 まず、CRパチンコでは京楽の”CR天国の階段”である。

 この機種も情報では初回の販売ロットが7万5000台との事なのだが、現状は21万台の発注が着ているらしい。

 京楽はここ最近はこの生産ロットの制限に徹している気がする。それに輪をかけて機暦条件をクリアする事も契約上厳しい感じがする。

 機暦条件としては、まず”CRグラディエーター”と”CRキン肉まん”そして”CRキン肉まんMAX”と3機種の購入機暦がないと”CR天国の階段”を購入できないらしい。

 この条件でも最後の”CRキン肉まんMAX”を購入していないホールも結構多いので、今回の”CR天国の階段”を購入しようと期待していたホールは購入予算の修正をよぎなくされていた。

01.jpg この販売方法も僕から言えば、直販あり気の暴挙にも見える。

 我々、業販がこつこつ販売して行くも常にこの機暦がベースとなる販売条件はホールを痛めている事は昔から分かっていることである。

 今や世界同時不況などと言われる中でも、業界の一部だけは売り手市場で販売されて、買い手やそれに携わる者のことなどは一切考えていないのが、末恐ろしくも感じられるのは僕だけでしょうか。

 ただ、この機暦条件が通用する根底にはメーカーが部材調達がうまく取れなくて、初版や生産台数に限定数量を確定して販売する方法があるのではないかと最近では思います。

 欲しい台の数量が限られる事になれば、必然的にプレミア的な評価に勝手に引きあがって、導入される前に、顔も見ない内から購入条件だけが吊り上げられて行く、この販売は近い将来考え直した方が業界に取って最善だと僕は思います。

 話は変わって、スロットでは9月27日の週からと噂されていた。本命機のサミーの”エウレカセブン”の話が市場に回り始めている。 この機種も生産台数は4万台との事、ただし現状では再販の予定をしないとの事なので、こちらも取り合い状態である。

写真キャプション= その中で、追従しそうな勢いがあるのは大都の”デコトラの鷲”だ。ここ最近の大都は静かに展開している様に見えるが、今後の噂を聞けば、今年の下半期の巻き返しが充分うかがえるように思う。この”デコトラの鷲”もキャラクターの出来は上々のようの思える。後はホールが期待する頭が良ければ言う事なしになりそうだが、最近の大都のスロットにおいてはあまり外れを感じた事はない。

 確かに販売方法にはいくしか問題はあったとしても、機械スペックでの期待はずれを出していない所が凄いと思う。

 この様に見ても最近の台販メーカーはどのメーカーでも新台販売時には命取りにならぬ様に、無難以上に高スペックのより良い台を提供しているのだから、最終的には買い手側のホールに対しても共存共栄の精神で販売を展開して欲しいと僕は思います。

 最近は非加盟メーカーなどが混同する業界の中で、メーカーの同士で大きな格差が生まれてきているのも事実です。

 競争社会の中で独占販売も正論ですが、今一度、真の競争社会を実現する事が業界の将来に役立つのではないでしょうか。

 それには、機暦販売を封印し、機種同士のガチンコ勝負できる土俵を勝ち組メーカーが演出して欲しいと思います。
 長々と語りましたが、何が言いたいかは簡単なのです。我々販売側もお客様に公正なジャッジメントできる商品を提案できる場所があればと考えるからなのです。

 機暦販売方式がある現状では良い台・使えない台も理解した上で販売して行かなくてはならない事が現実で使えない台を販売しても、その後の中古市場で際立つ事も無く。 ただ、お金をホールに無駄遣いをさせている事が不安に感じてならないのです。

 最後に、僕はこの業界が好きなので、この状況の中で早く買い手側の気持ちを察するメーカーが現れる事を期待したいと思います。(直江タッチ)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
banner_22.gifにほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題 ブログランキング★パチンコ ブログランキング★パチスロ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
人材派遣・紹介、請負業務、人材育成・コンサルタントならウイング。

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

 
スポンサーサイト

| 直江タッチ-機械の虎 | 02:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。