遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マルハンが年度末の出店攻勢【佐渡屋太郎-vol.171】

写真キャプション=「ソメイヨシノ」より一足先に咲き出した鶴見緑地の「ヨーコーザクラ」


 いまは3月26日(木)の21時30分。今週はA社のゴト問題で、忙殺されてしまった。他にやることが一杯あるのだが、その時間がほとんど取れなかった。お陰で問題の起因から現在の方針に至るまで、だいたいの全貌が分かったが、ここで書けないことがほとんどだ。他の取材でも同じだが、知れば知るほど書けないことが多くなる。今後の同社が下す措置を見ていけば、それが徐々に分かってくると思う。

 しかし、いろんな情報が氾濫している。必要があってファンやホールの反応をWebなどで見ているのだが、無責任な中傷や事実と反する情報が氾濫している。そのなかでパチンコ業界がどのように見られているのかも、直視しなければならない。媒体としての問題もあるが、業界関係者にとっては快くない作業である。

 同社はそうした動きを静めるためにも、迅速で的確な情報発信を行なうべきだった。現状で言うと、「『鬼浜爆走紅蓮隊2』ゴト行為に関する注意喚起について」という文書がホールに送られようとしているだけで、責任は十分に果たされていない。逃げていては、問題は解決しないと思う。

写真キャプション=「ヨーコーザクラ」と「ユキヤナギ」が咲き乱れる小径(こみち)


 一方、ホールは問題機種の“枠”が2年前から使われていることを念頭に置き、対策を講じる必要がある。さらに該当する機種を導入しているホールは、電源を切ったり代替機を入れて対応していると思うが、その営業記録をきちっと保管しておいた方がいい。以前、アルゼの「ゴールドX」の不具合問題で、ホール側が全面勝訴する判例が最高裁で出ている。今回の件が損害賠償問題に発展するなら、その損害の具体的な証明資料が必要になるからだ。

 いずれにしても、今後の同社の動向に注目したい。こうした危機的な事態に陥ると、その会社の姿勢が如実に現れてくる。果たして、自社の商品に責任を持っているのか。導入してくれたホールのことをどのように思っているのか。それが1つひとつの決断から窺い知ることができるだろう。さらに、私も紹介記事を書いたが、同社が提唱する「ビズシェアシステム」もすでに稼働している。すでに100店ほどの賛同ホールがあるようだ。当然、加入する前には契約書も交わされているはずである。これらホールはいま、どのような対応を取っているのだろうか。

写真キャプション=小さな花が集まって、まるで雪をかぶったように見える「ユキヤナギ」の群生


 さて、前置きはこれくらいにして、今回のテーマはマルハンの新規出店である。同社は3月中旬から5店舗を集中出店した。年末にも相次いで3店舗を出店したが、今回は年度末を前にして、それを超える5店舗の出店攻勢をかけてきた。今年度はすでに10店舗の新規出店を行なっている。したがって、現時点では合計15店舗の出店を行なったことになる。一方、今年度の新規出店の目標は20店舗であった。まだ、3月31日までに出店はあるのかと思って聞いてみたら、今年度はこれで打ち止めであるという。

 目標未達の要因として、申請などに時間が掛かって予定通りに進まない物件も多いようだ。大阪でも建築中の物件がいくつかある。来期は東京や大阪での出店や、もっと効率のよいM&Aによる店舗取得にも力を入れるようだ。したがって、今期は目標より5店舗ほど少ない15店舗の新規出店で確定した。やっと、一覧表が完成することになった。まずは3月中旬から出店した店舗から見ていこう。

写真キャプション=乱舞する花の競演に酔いしれるおじさん


①3月18日=「マルハン石和店」=山梨県笛吹市、730台(P=560台、S=170台)、山梨県3店舗目)
②3月19日=「マルハン黒磯店」=栃木県那須塩原市、540台(P=400台、S=140台)、栃木県4店舗目)
③3月19日=「マルハン由利本荘店」=秋田県由利本荘市、520台(P=400台、S=120台)、秋田県7店舗目)
④3月24日=「マルハン原山台店」=大阪府堺市南区、632台(P=480台、S=152台)、大阪府28店舗目)
⑤3月25日=「マルハン浜松泉店」=静岡県浜松市中区、888台(P=720台、S=168台)、静岡県27店舗目)

 この5店の新規出店によって、同社の保有店舗は全国で258店舗となった。では、この5店舗を加えて、今年度(2010年3月期)の新規出店一覧表を完成させると次のようになる。ちなみに、前年度は新規出店21店舗、改装3店舗、閉店3店舗であった。したがって、今期の新規出店においては、6店舗ほどのペースダウンとなっている。

写真キャプション=スズメを餌付けした心優しい名物おじさん


●今年度(10年3月期)の新規出店店舗一覧
①5月3日=「マルハン高知高須店」=高知県高知市、739台(P=560台、S=179台)、高知県2店舗目
②7月7日=「マルハン摂津店(ライト館)」=大阪府摂津市、400台(P=320台、S=80台)、大阪府27店舗目
③7月16日=「マルハン氏家店」=栃木県さくら市、680台(P=560台、S=120台)、栃木県2店舗目
④7月16日=「マルハン小山千駄塚店」=栃木県小山市、923台(P=720台、S=203台)、栃木県3店舗目)
⑤8月6日=「マルハン西条店」=愛媛県西条市、644台(P=480台、S=164台)、愛媛県2店舗目
⑥8月7日=「マルハン土浦店」=茨城県土浦市、700台(P=560台、S=140台)、茨城県3店舗目
⑦9月16日=「マルハンぶらくり丁店」=和歌山県和歌山市、520台(P=400台、S=120台)、和歌山県3店舗目
⑧9月19日=「マルハン萩原店(ライト館)」=静岡県御殿場市、320台(P=280台、S=40台)、静岡県28店舗目
⑨12月23日=「マルハン中石切店」=大阪府東大阪市、560台(P=440台、S=120台)、大阪府28店舗目)
⑩12月25日=「マルハン新守山駅前店」=愛知県名古屋市、957台(P=760台、S=197台)、愛知県6店舗目
⑪3月18日=「マルハン石和店」=山梨県笛吹市、730台(P=560台、S=170台)、山梨県3店舗目
⑫3月19日=「マルハン黒磯店」=栃木県那須塩原市、540台(P=400台、S=140台)、栃木県4店舗目
⑬3月19日=「マルハン由利本荘店」=秋田県由利本荘市、520台(P=400台、S=120台)、秋田県7店舗目
⑭3月24日=「マルハン原山台店」=大阪府堺市南区、632台(P=480台、S=152台)、大阪府28店舗目
⑮3月25日=「マルハン浜松泉店」=静岡県浜松市中区、888台(P=720台、S=168台)、静岡県27店舗目
※12月25日=「マルハン茨島店」(リニューアル)=秋田県秋田市、760台(P=600台、S=160台)
 
 今年度の最大ホールは「マルハン新守山駅前店」の957台(P=760台、S=197台)で、最小ホールは「マルハン萩原店(ライト館)」で320台(P=280台、S=40台)であった。平均すると総台数が653台で、パチンコ=511台、パチスロ=142台となる。平均総台数は前年度とほとんど変わっていないので、このあたりが適正規模と考えているのだろう。一方、パチンコとパチスロの比率は78%:22%で、昨年12月時点の79%:21%からパチスロが少し盛り返し、09年3月時点(77%:23%)に戻りつつあるようだ。新店で見る限り、パチスロ減台に歯止めが掛かったような気配が感じられる。

写真キャプション=花の開花を待っている野鳥


出店地の内訳を見ると、北海道管区=0、東北管区=1(秋田=1)、警視庁(東京)=0、関東管区=7(茨城=1、栃木=3、山梨=1、静岡=2)、中部管区=1(愛知=1)、近畿管区=4(大阪=3、和歌山=1)、中国管区=0、四国管区=2(愛媛=1、高知=1)、九州管区=0、という結果になった。今年度は関東や近畿での出店が活発であったようだ。

 来期も不況の影響による顧客の減少傾向はさらに続いていくだろう。そのため、同社では前述の通り、東京や大阪などの人口集中エリアへの出店に力が入れられるようだ。一方、北海道、東北、九州エリアの更なる活性化も、来期の課題としてクローズアップされてくるだろう。ホール業界のリーディング企業として、同社における今後の動向は常に注目を集めている。(佐渡屋太郎)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
banner_22.gifにほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題 ブログランキング★パチンコ ブログランキング★パチスロblogramランキング参加中!
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘


スポンサーサイト

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 01:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。