遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「京一七条店」に行ってきた(2)【佐渡屋太郎-vol.88】

写真キャプション=5月3日にオープンする松原興産の最大店舗「京一七条店」(1840台)

 いまは5月1日(木)の15時55分。4月25日(金)締め切りの原稿7ページを、26日(土)と27日(日)にやっと書き上げ、ほっとしていたら、また取材依頼があった。そのため、昨日は7時30分に京都の“拠点”を出て、岡山に行ってきた。編集担当者との同行取材となったのだが、聞けば、締切りは5月2日(金)であるという。私は、5月3日(土)から6日(火)まで4連休することにしており、もう和歌山県御坊のキャンプ場に予約も取ってあるのだ。

 27日(日)に原稿を書いているときは、これが“最後の山場”だと思って、こちらも“最後の力”を絞って書き上げた。あとはこのブログや有料Webのストック原稿を書いて、楽勝で連休に突入しようと思っていたのだ。しかし世の中、そんな甘いものもではなかった。今度の原稿は3ページものだが、かなり入り組んだ内容なので、かなり難航しそうな予感がする

 このところ、やけに毎日が慌しく、その慌しさが一向に途絶えることがない。一体、この世の中はどうなってしまったのだろうか。もうこうなったら佐渡屋太郎は、この慌しさと“根競(こんくら)べ”をするしかない。ヘロヘロになってダウン寸前の佐渡屋太郎は、果たしてこの勝負に勝つことができるのであろうか。

 実は4月25日に東京で、“4時間トイレ立てこもり事件”を起こしてしまった。その前日の24日は渋谷で取材をして、その後に友人と飲んでから東京の事務所に帰った。翌25日は原稿の締切りもあるので8時に起き、支度をして大阪に帰ろうと9時にドアを開けようとした瞬間、パチンコ雑誌のメンバーが出社してきた。久し振りに会ったので、私だけまた飲みながら話をしていたら、昼になってしまった。それで出前を取ってくれるというので、私はトイレに入った。

 そこまでは(その日が原稿の締切日であること以外)、よかったのである。しかし、便器に1度座ったら、立ち上がれなくなってしまい、どんどん意識が遠のいていった。途中で意識が戻ったのだが、まだ立ち上がることはできず、背中がたまらなく痛かったので、床に倒れ込んで横になることにした。ドアを開けて、4歩も歩けば、私のベッドがある。しかし、その1枚のドアが“ベルリンの壁”のように厚かった。ドアの向こうから、笑い声や「大丈夫ですか~」という声も聞こえる。入ってから、だいぶ時間も経っているようだ。ただ、それは分かっていても、体が動かないのである。そしてまた、甘い眠りの世界にどんどん引きずられていってしまった。

 酒にそれほど酔っているわけではなかった。これしきの酒なら、毎日にように飲んでいる。日々のうちに積もり積もった疲労が、トイレに入った安堵感とともに、一気に噴出したのだと私は分析している。やっとの思いで“甘い誘惑”を断ち切り、ドアを開けたら、窓の外は“夕闇”に包まれていた。2時から6時までのキッチリ4時間、トイレのなかで過ごしてしまった。皆には「いや~、電池が切れてしまった」と説明しておいた。

写真キャプション=七条通りを挟んで「ニック七条店」の向かいに出店した「京一七条店」

 と、いうわけで「京一七条店」の2回目である。前回は少し頑張り過ぎた。さらに、今回も周辺ホールのデータ収集や、各ホールの地図へのスポッティングまでやったため、原稿が遅くなってしまった。しかし、そのお陰でいろんなことを発見することができた。まず、現在の京都における出店状況から報告しよう。昨年度、ホール組合に加盟している企業の出店は1店舗もなかったという。それに対し、組合に加盟しない“アウトサイダー”の新規出店は3店舗あった

 これがいまのホール組合の状況を象徴していると言えるだろう。元気のあるホール企業は、わざわざ組合に入ることはしないだろう。加入するメリットが見出せないからだ。組合加盟の多くのホール企業は新規出店どころか、いまあるホールを守ることで精一杯なのである。そして、新年度に入ってやっと組合加盟の新店ができると喜んでいたら、そのホールが1840台の巨艦店であったため、関係者はズッコケてしまったという笑い話を聞いた。通常、この規模のホールができれば、周辺の6店舗は潰れる計算になる。そうなると差し引き、5店舗の減少になる。組合にとっては決して喜んではいられない状況だ。

 「京一七条店」が出店したのは、染物会社の跡地であるという。私もこのホールの前にある「ニック七条店」には何回も通ったが、以前そこに何があったのか全く記憶がない。それにしても七条通り沿いに、よくこれだけまとまった土地があったものだ。ただ、松原興産にとっては、これまでドミナント展開していた京都伏見区や宇治市から少し離れたエリアになる。

写真キャプション=京都色に染まってしまったカーネル・サンダース

 しかし、この店舗を以前に紹介した「マルハン堺店」のように、既存店群をリンクする “結節店”としてみると面白い。まず、南には前述のように地盤である京都伏見区や宇治市の“一大店舗群”がある。一方、北の京都市の中心部には、巨艦店「京一四条店」(1043台)がある。さらに、今回注目したいのは、西隣の西京区にある「京一大枝店」(702台)や、少し離れるが「新天地大原野店」(903台)の存在だ。つまり、同社ホールの“南と北”、さらに “西と東”を結びつける役割を、この最大店舗「京一七条店」(1840台)が果すのでないかという推測である。この東西南北に張り巡らした店舗ネットワークの、やや北よりの中心部にこの「京一七条店」は位置しているのだ。

 今回は下らない前フリが長すぎて、ちょうど核心部分に入ったところで1回分の原稿量になってしまった。続きを書き出してみたのだが、ネタが一杯あってこれも相当の原稿量になりそうだ。読者の皆さんには1回読みきりでお伝えしたかったが、書き手の私としては、これを1回で使い切るのは何とも勿体ない。ここはGWのためのストック原稿も必要なので、当然3回まで引っ張っていく佐渡屋太郎なのである。(佐渡屋太郎


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
パチンコ業界の商品をオンラインショッピング(通信販売)で販売致します。
遊技租界-通信販売百貨

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

ホームページで広告収入をお考えの方
今なら無料登録だけで、もれなく1000円




スポンサーサイト

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 16:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。