遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

部備品のエコ化を考える【ナイトウ龍司-其の六拾】

省エネ・環境問題と経費削減を考えた”エコプレート”


今日は12月4日(金)、空は快晴。しかし、外はかなり冷え込んでいる気がする。

最近、仕事で部備品のプレート関連で新しく企画し製品を販売する事になった。

製品名はエコプレートと名付けたのですが、内容は従来のプラスチック製だったプレートを紙製に変えた製品。

なぜこの製品を選んだのかは、省エネや環境問題が取り立たされる中で、パチンコ業界的にも環境問題に対応できる商品を作りたいと思っていましたので、プラスチック製品を中心として製作されている部備品のカテゴリーでこのプレート・POP関連を選んで取り組んでみました。

これには当ブログで省エネや環境問題を話していますが、現状は設備などである程度の投資が必要となる商品を購入することはホールにとっても、お金がかかることは難しいと思ったからなのです。

それなら、もっと簡単に無理なく省エネ対応や経費削減を実行していけそうだと感じたのが紙製プレートだったのです。

なぜ?今更、紙製プレートなのか?と思われるでしょうが、まず、経費削減を実行していく中で、業界的に真っ先に節約されていくのが消耗品として扱う部備品なのです。この部備品という分野は現在、恐ろしいほどのデフレ現象が起きています。その理由にホールから部備品販売されている会社に見積り依頼が重複し、その中で一番安い価格を出した会社だけが購入してもらえる相見積りという形が定番になっています

もちろん、経費削減する為には、ホールの担当者にとって安く仕入れる事は仕事ですのであたり前です。

しかし、この相見積りの競争が激化した今日では、販売会社の中では仕切値を割ってまで販売しているという現実もあるのです。それでは、いつかは販売している会社も体力を失い生き残れなくなるのではないでしょうか。

そうならない為にはどうしたらいいか?安価な商品を無理なく作り上げていかなくてはならないかもしれません。

口で言うのは簡単ですが・・・そこで、今回私は製品自体の素材を変えてはどうかと思ったのです

私個人の考えとしては、従来品の原価調整を考える事も大事ですが、材質を変える事で色々な商品として適応していければ安価に設定された商品でも商売としてやっていけるのでは思ったのです。

ここで商品として材質を変えても商品が適応できるかが一番大事で、この話を今回のエコプレートで例えますと、まずプレートの使用方法を考えて見ます。

昔からスタートプレートなどは白板(プラスチック製)でできているのが定番でした。それは大当たり時に札(スタートプレート)を差す習慣がありましたので、何度も抜き差しする為にはある程度の強度が必要だったからだと思います。

このプラスチック製のプレートは営業形態が1回交換やラッキー制の時代に適応していたプレートでしょう。

現在はどうでしょう。ほとんどのホールが無制限営業に変わっています。以前なら大当たり時に回数を扇の形に演出して、小さなスタートプレート沢山取り付けるホールがありましたが、今はどうでしょう?

現在では、スタートプレートはどう言った意味で取り付けられているのでしょう。それはホール装飾の演出効果の一部と同時に遊技機種の案内板として各台に取付けられているのではないでしょうか?

ですので、現在の無制限営業店舗ではスタートプレートはほとんど抜き差す回数も少なく、常設されているホールも多いと思うのです。その様に営業形態が変化してきる中で、使用するプレートが是が非でもプラスチック製のプレートを使用する必要があるのかと、私は疑問に感じ、常設するなら紙製のプレートでも充分だと思ったのです

そこでこの紙の仕様が面白いと思うのは、紙製ならリサイクルなどで省エネ・環境問題にも対応いたしますし、一番大事な経費削減に直結できるのです。

現在、大半のホールではラミネート仕様を多様されていると思いますが、このラミネート仕様にする意味は多分、中に入れている紙の耐久性を考え丈夫なラミネートで保護する事で長く使えたらとお考えだと思います。これには紙が非常に弱くもろい物だと思われているからだと思います。そしてラミネート仕様には特有の透き通る光沢感があるので、中の素材の色がいつまでも発色良く映るのが人気なのでしょう。

しかし、最近では業務用で取り扱われている紙にはかなり硬質なものもあります。そして紙にも光沢仕様がありますのでプリントするインクがしっかりしていれば、紙製プレートでも、色落ちするする事無く、長期に渡り使用できるのです。

私は今回のエコープレートは常設するプレートの代用として使用したり、機種案内など1枚物で作られているPOPにこの製品素材を用いて硬質光沢仕様プレートの作製を提案したいと考えるのです。

ですので、全てを紙製プレートへと奨めているのではなく、商品がその場所に適応できるかを考えて導入できれば、きっと新しい部備品の商品の選び方につながるのではないでしょうか。

最後にエコプレートの魅力はやはり価格だと思います。紙自体は少し特殊な材質でできていますので普通の紙よりは高いですが、従来のラミネート仕様のプレート製品と比べれば、製造コストは半分以下になり、販売価格も格安でできました。

そして、私が次回に取り組みたいのが玉箱です。これもエコプレートと同じ発想で考えています。これにはかなり時間がかかりそうですが、実現できれば面白い商品になりそうです。(ナイトウ龍司)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
banner_22.gifにほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題 ブログランキング★パチンコ ブログランキング★パチスロblogramランキング参加中!
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
スポンサーサイト

| ナイトウ龍司-業界の眼 | 14:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

省エネを考える.2。経費削減-電気。【ナイトウ龍司-其の三拾九】

写真キャプション=株式会社近計システム デマンドモニタⅡDMX-2000/2000K 今は4月21日(火)、小雨がパラパラ降っている。

 このブログにも書かなくてはいけないと思いながら、なかなか書くことができず、ヤキモキしていた。

 最近は前回お話していた。消費電力削減の件で色々なところで話をしたり、聞いたりでバタバタと時間だが過ぎていったが、この省エネ問題は勉強すればするほど”面白く”なってきた。

 今回の消費電力削減の話題の発端になったのが、左図のデマンド監視装置『デマンドモニタ』です。

 このデマンドモニタは簡単に言うと電気使用量を”見える化”しようとするものなのです。

 なぜ?”見える化”にと言うことですが、現在はキューピクル高圧機器などを使用するパチンコホールなどは電力会社の推奨によりデマンド契約と言う一定値に対しての定量制で基本料金を算出する契約に切り替わってきています。

 ただし、このデマンド契約も契約上の使用量(デマンド値)の一定基準値を飛び抜けてしまうと、翌月にはその飛び越えた所が一定基準値となって、基本料金も上がってしまうと言う契約なのです。

 ですから、節電する為に”デマンド契約”していても使用量の一定基準値(デマンド値)が飛び越さない様に管理しなくてはいけないのです。

 そこで、常時デマンド値を可視化”見える化”するができればと考えて作られたものがデマンド監視装置『デマンドモニタ』です。

㈱近計システムのデマンドモニタのPC管理画面


 上記は株式会社近計システムデマンドモニタのPC管理サンプル画面です。

 実際に画像をクリックすると、PCサンプル管理システムにアクセスできます。ご自由にご操作ください。

 このシステムの有効な使用方法は、電気使用量を見ることができるので前月や前年度での使用量をシステム上で映し出し、現時点との対比を分析することができるのです。

 ですが、このシステムを導入したからと言って、すぐに消費電力削減はできません。

 ここからが、このシステムを活用して電気使用量をリアルタイムで見えることを利用し、様々な消費電力削減のノウハウが実行されるのです。

 消費電力削減する方法としては2つの方法に分かれます。

 1.人為的努力で節電に徹する。
 言葉の通り、スタッフ及び従業員がデマンドモニタの利用方法を理解して、デマンド値を管理する事です。 この管理方法はデマンド値がMAXに到達しないように電源の入り切りを人為的に行う事で約10%~15%の削減ができると言います。
 
 ただ、入り切りについても、専門的な知識を持った指導者からの説明が必要だと思いますので、事前に講習等は受ける必要があります。

 2.消費電力を削減できる機器を導入する。

 15%以上の削減を考えられる方には消費電力を削減できる機器を導入する事をお勧めいたします。

 これは具体的には照明器具や空調設備等の大量に電力を消費する部分の機器を省エネ対応商材に切り替える事です。

 これを実行することにより、約10%~25%の削減ができると言います。人為的に削減さす方法と比べれば導入後にはすぐに答えが出ると思いますが、設備投資が必要となります。

 上記の方法の2つを行う事で最大、人為的15%+設備25%=40%の節電が可能となれば凄い節電となるでしょう。

 パーセント表示ならピン!と来ないでしょうが、具体的に金額に変えると

ケース1.

P400台の場合(簡単に算出するには台あたり¥3,000円で計算します)

400台 × 3,000円 = 1,200,000円(電気使用料金/月)

1,200,000円 × 15%(人為的のみ) = 180,000円(削減成功料金/月)

180,000円 × 12ヶ月 = 2,160,000円(1年で経費削減成功費)

 1年間で人為的な努力だけで、これだけの金額を削減させることができれば凄いと思いませんか?

 経費削減の話についてはある環境改善関連会社の方の話は省エネを実行することが、最終的に省マネー(節約)に必ず連動しますからと教えていただいたことがある。

 その通りかも知れない。

 実際は社会的に環境問題等で騒がれて、CO2排出削減だの聞いても、何を協力していいか解らない人も多いかもしれないが、この消費電力削減は、はじめは経費削減の為、お金の節約を考えて実行してもらえればいいと思う。 だが、実行すれば必ずCO2排出削減も同時にできているのだから大義名分も含めて一石二鳥になるのです。

 まだまだ、奥の深い省エネ

 次回は省エネ機器を設備投資する際の国から出る、助成金の事も考えたいと思います。(ナイトウ龍司)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力banner_22.gif
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題
ブログランキング★パチンコ
ブログランキング★パチスロ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
 



 

 

| ナイトウ龍司-業界の眼 | 09:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。