遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

部備品のエコ化を考える【ナイトウ龍司-其の六拾】

省エネ・環境問題と経費削減を考えた”エコプレート”


今日は12月4日(金)、空は快晴。しかし、外はかなり冷え込んでいる気がする。

最近、仕事で部備品のプレート関連で新しく企画し製品を販売する事になった。

製品名はエコプレートと名付けたのですが、内容は従来のプラスチック製だったプレートを紙製に変えた製品。

なぜこの製品を選んだのかは、省エネや環境問題が取り立たされる中で、パチンコ業界的にも環境問題に対応できる商品を作りたいと思っていましたので、プラスチック製品を中心として製作されている部備品のカテゴリーでこのプレート・POP関連を選んで取り組んでみました。

これには当ブログで省エネや環境問題を話していますが、現状は設備などである程度の投資が必要となる商品を購入することはホールにとっても、お金がかかることは難しいと思ったからなのです。

それなら、もっと簡単に無理なく省エネ対応や経費削減を実行していけそうだと感じたのが紙製プレートだったのです。

なぜ?今更、紙製プレートなのか?と思われるでしょうが、まず、経費削減を実行していく中で、業界的に真っ先に節約されていくのが消耗品として扱う部備品なのです。この部備品という分野は現在、恐ろしいほどのデフレ現象が起きています。その理由にホールから部備品販売されている会社に見積り依頼が重複し、その中で一番安い価格を出した会社だけが購入してもらえる相見積りという形が定番になっています

もちろん、経費削減する為には、ホールの担当者にとって安く仕入れる事は仕事ですのであたり前です。

しかし、この相見積りの競争が激化した今日では、販売会社の中では仕切値を割ってまで販売しているという現実もあるのです。それでは、いつかは販売している会社も体力を失い生き残れなくなるのではないでしょうか。

そうならない為にはどうしたらいいか?安価な商品を無理なく作り上げていかなくてはならないかもしれません。

口で言うのは簡単ですが・・・そこで、今回私は製品自体の素材を変えてはどうかと思ったのです

私個人の考えとしては、従来品の原価調整を考える事も大事ですが、材質を変える事で色々な商品として適応していければ安価に設定された商品でも商売としてやっていけるのでは思ったのです。

ここで商品として材質を変えても商品が適応できるかが一番大事で、この話を今回のエコプレートで例えますと、まずプレートの使用方法を考えて見ます。

昔からスタートプレートなどは白板(プラスチック製)でできているのが定番でした。それは大当たり時に札(スタートプレート)を差す習慣がありましたので、何度も抜き差しする為にはある程度の強度が必要だったからだと思います。

このプラスチック製のプレートは営業形態が1回交換やラッキー制の時代に適応していたプレートでしょう。

現在はどうでしょう。ほとんどのホールが無制限営業に変わっています。以前なら大当たり時に回数を扇の形に演出して、小さなスタートプレート沢山取り付けるホールがありましたが、今はどうでしょう?

現在では、スタートプレートはどう言った意味で取り付けられているのでしょう。それはホール装飾の演出効果の一部と同時に遊技機種の案内板として各台に取付けられているのではないでしょうか?

ですので、現在の無制限営業店舗ではスタートプレートはほとんど抜き差す回数も少なく、常設されているホールも多いと思うのです。その様に営業形態が変化してきる中で、使用するプレートが是が非でもプラスチック製のプレートを使用する必要があるのかと、私は疑問に感じ、常設するなら紙製のプレートでも充分だと思ったのです

そこでこの紙の仕様が面白いと思うのは、紙製ならリサイクルなどで省エネ・環境問題にも対応いたしますし、一番大事な経費削減に直結できるのです。

現在、大半のホールではラミネート仕様を多様されていると思いますが、このラミネート仕様にする意味は多分、中に入れている紙の耐久性を考え丈夫なラミネートで保護する事で長く使えたらとお考えだと思います。これには紙が非常に弱くもろい物だと思われているからだと思います。そしてラミネート仕様には特有の透き通る光沢感があるので、中の素材の色がいつまでも発色良く映るのが人気なのでしょう。

しかし、最近では業務用で取り扱われている紙にはかなり硬質なものもあります。そして紙にも光沢仕様がありますのでプリントするインクがしっかりしていれば、紙製プレートでも、色落ちするする事無く、長期に渡り使用できるのです。

私は今回のエコープレートは常設するプレートの代用として使用したり、機種案内など1枚物で作られているPOPにこの製品素材を用いて硬質光沢仕様プレートの作製を提案したいと考えるのです。

ですので、全てを紙製プレートへと奨めているのではなく、商品がその場所に適応できるかを考えて導入できれば、きっと新しい部備品の商品の選び方につながるのではないでしょうか。

最後にエコプレートの魅力はやはり価格だと思います。紙自体は少し特殊な材質でできていますので普通の紙よりは高いですが、従来のラミネート仕様のプレート製品と比べれば、製造コストは半分以下になり、販売価格も格安でできました。

そして、私が次回に取り組みたいのが玉箱です。これもエコプレートと同じ発想で考えています。これにはかなり時間がかかりそうですが、実現できれば面白い商品になりそうです。(ナイトウ龍司)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
banner_22.gifにほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題 ブログランキング★パチンコ ブログランキング★パチスロblogramランキング参加中!
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
スポンサーサイト

| ナイトウ龍司-業界の眼 | 14:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

環境にやさしい省エネ”エコプレート”は紙製で登場!【ナイトウ龍司-其の五拾三】

写真キャプション=見た目だけではわからない”紙製のプレート”軽くて・丈夫そう


 今日は11月18日(水)、昨日の夕方、佐渡屋兄貴と電話で話していると、『おい!猪八戒!明日から九州に取材に行って来るから、週末には戻る予定だけど、ブログの方頼んだよ!!』との話で、取材の内容を軽く聞くと省エネ関係の話らしい。

 この業界での省エネ取材だと言うので、帰ってから聞ける話が楽しみだ。

 私の方は昨日の話の続きで、昨日お話していたT社から約束通り、今日の昼頃にプレートのサンプルが来た。

 開けてみると、数種類のプレートサンプルが今回も送ってきてくれた様だ。

 特に興味深く思えたのが紙製プレート”だった

写真キャプション=紙製なのでプラスチックまでの弾力はないが、しっかり曲げてもキチンと元通りになるのがすごい 紙製プレートは昔の仕様と今の仕様では数段、技術が向上しているように思えた。

 一見は昔の0.5mmの白板にプリントして液体のUVコートを施している様に見えたのだが、曲げてみるとプラスチック特有の弾力ではないので、紙製だとわかった。しかし、紙製にしてはしっかりと腰があるし、光沢もきれいに出ているので普通にホールで差していたらわからないだろうなぁ・・と感心してしまった。

 早速、送ってくれたお礼に担当者のH氏に連絡してみた。

 私:『Hさんですか、サンプル届きましたので、今拝見させて頂いてます!ありがとうございました。』

 H氏:『あっ!届きましたか、良かったです。どうでしたか?紙製のプレートは!結構、腰があるので使えると思うんですけど!』

 私:『そうですね、これは紙製だと言われてましたが、この表面には何か液体コート仕様でも施しているんですか?』

 H氏:『いえ、それは光沢紙をベースにしてプリントしているから、紙だけと思っていただいたらいいんですよ。だから、燃えるゴミにも出せますし、再生紙の回収などにでも出せますから、従来のプラスチックと違って環境にやさしいと私は考えているのですが。』と言った。

 確かにホールで使われている部備品で、商品として最後の処分を考えれば、この紙のプレートは今の環境問題から考えれば適している。

 実際、玉差しなどの大判仕様のプレートもこの技術で作れるのだから面白い。プレートは元来、プラスチックにプリントする物が大半だが、一旦、紙にプリントしてクリアーの板を両ハサミにする技法もある。 その後、一般でポピュラーに用いられたのがパウチ加工だ。

写真キャプション= このパウチ加工が流行った理由も、紙自体の耐久性が無い理由からパウチ加工にして、長く使える様にしたかったと思うのだが、今回の”紙製プレート”はパウチする必要がないと思えた。それだけ、しっかりしているのだ。

 最近ではパウチ素材であるラミネートのコストも結構高いので、紙だけのプリント方が断然安いと担当者のH氏も言っていた。 また、この紙製プレートの電話でのH氏のプレゼンは面白いヒントもくれる事になった。

 サンプルの中の紙製プレートの中で少し厚みが薄めの商品があった。掲載している海物語のタコのプレートですが、裏面には”料金別納郵便”と印刷していた。 H氏に聞いてみると、この形成DMに力を入れているとの事だった

 形成DMとは通常のDMではできない特殊な形状のDMで、新しい開拓先を模索していると言う。

 そう言う中では、この業界用で言うならプレート型のDMを顧客先に送り、そのDMを持参してして来て頂いたお客さんに来店サービスの目印としてこのプレート型DMを遊技中に差す事で新たな展開が出来ると考えられる。
 この紙製プレートは今までのプレートの利用価値が変わるかもと言っても言い過ぎでは無ないと思う。

写真キャプション=フラッグの旗の部分も紙製、柔らかい紙に両面印刷を施しているが、薄い素材にしては破れそうな感じはない。 この他にも紙製のフラッグなども試作で作られていたのだが、両面印刷しているので、逆文字になっていないのがいい。普通はポンジなどの布に片面のみプリントする物が多いので、旗としての風合いは出ているが、逆から見ると逆さ文字になっているので読みにくいなど、昔からそう感じていた。 この紙製のミニのぼりの旗の部分は紙製だが、少し柔らかい紙質を使っている様で、良く出来ているなぁと感心してしまった。

 但し、ポールの部分はプラスチックなのでここまでは、紙製にはできないのは当然かもしれない。

 私も、この二日間で色々とサンプルを見て、昔はよく別注商品の注文などを受けていたなぁと懐かしくもなったのですが、今回の商品群を見て、もっと勉強していかなくてはと思い知らされた

 商品を持ち込んできてくれるメーカーの方々に感謝することはあたり前ですが、売れない時代と言いながら、こんなにも色々な分野で技術は向上して来ているのであるからには、メーカーに対してのセールスマンとしては頑張らねばならないと思う日々となった。(ナイトウ龍司)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
banner_22.gifにほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題 ブログランキング★パチンコ ブログランキング★パチスロblogramランキング参加中!
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

| ナイトウ龍司-業界の眼 | 17:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。