遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ぱちんこ情熱リーグ」が1次予選第1回審査結果を発表【佐渡屋太郎-vol.154】

写真キャプション=1次予選第1回審査で200点満点を取った「WING21 深江店」(358台、兵庫県神戸市)


 いまは10月22日(木)の21時20分。定例となっている各雑誌の11月号を何とか書き上げ、何とか生きている佐渡屋太郎である。しかし、“引越し後”の脱力感がひどく、何ともテンションが上がらない毎日を送っている。このブログのことも気になってはいたのだが、前から予定されていた打ち合わせの波に巻き込まれ、酒と付き合いに“沈没”してしまった。

 また今月は満を持して、特殊景品の新顔となった「SDカード」の突っ込んだ記事を書こうと思っていた。しかし「SDカード」側の業者は、既得権を握っている「金商品」側の業者から、かなりの圧力を掛けられているようだ。その結果、「SDカード」側から“泣き”が入り、しばらく静観することにした。巨額の“金”(かね)が絡むと、その当事者たちは命がけになる。いろんな勢力の暗躍もあるようだが、一体だれのための“換金システム”なのかと首を傾(かし)げたくなる。しかし、最終的にはホールとパチンコファンの判断に委ねられなくてはならない。何とも“ドロドロの世界”であった。

写真キャプション=195点で5位となった「ARROW 浪速店」(1200台、大阪市浪速区)


 さて引越しを終えて、パチンコ業界の状況を聞いてみると、状況は一層の悪化を辿っているようだ。まず、「1円パチンコ」をはじめとした“低貸営業”の導入ホールが、全ホールの50%を超えたこと。パチスロART機の自主規制の件。パチンコMAXタイプの頭打ちのことなど、いい話はほとんどなかった。そのなかでも“低貸営業”の件は、いよいよ来るべきものが来たという感じだ。

 つまり、差別化戦略のために始まった“低貸営業”がついに“同質競争”の域に達したということだろう。2円とか50銭とか、5スロがいいとか言っているが、要は“同じ土俵”での勝負が始まってしまったわけだ。こうなると、強い者が勝ってしまう。以前、等価営業でマルハンが“1人勝ち”したパターンを思い出す。いよいよ“低貸営業”も先が見えてきた。これから中小ホールにとっては、さらに苦しい戦いに突入していくことになるだろう。

写真キャプション=192点で8位となった「オーロラ」(250台、大阪府高槻市)


 そうした事態に、“定量制”の復活を唱える関係者もいる。しかし、今のファンに果たして分かってもらえるだろうか。昔、懐かしい“打ち止め”の復活である。しかしこうしてみると、この業界は永遠の“堂々巡り”を繰り返しているように見えて仕方ない。つまり、「射幸性」と「規制」の“いたちごっこ”である。ただ、そのゲームが空しく思えるのは、ゲームのなかに“起点”がないからだ。困ってきたら“射幸性”頼みになり、その“射幸性”に突っ走ったところで、規制の強化につながっていく。

 大衆娯楽という“金科玉条”を十年一日のごとく唱えるのなら、その拠って立つところを示し、ここだけは譲れないという点を、パチンコ業界を挙げて正々堂々と主張する場面は生まれないのだろうか。いつもコソコソと法の穴を突いたり、負け犬の遠吠えのような気勢を上げて、業界内で傷を舐め合っているように見えて仕方ない。これでは世間から信用を得ることは難しいだろう。

写真キャプション=190点で9位となった「P-ROOTs CASINO」(580台、大阪府堺市)


 なかには独自の理念を持ち、毅然と業界改革に立ち向かっているホール企業もあるが、全体から見ればほんの“一握り”しかない。そんなホールは、それなりにファンの支持が得られている。しかし、それ以外の多くのホールは“付和雷同”型であると言わざるを得ない。それが今回の“低貸営業”にも如実に表れている。この営業方法がいいかどうかは別にして、結局は“付和雷同”的な流れによって、“同質”に固まってしまうことになる。これも1つの“堂々巡り”と言えるだろう。

 しかも、すでに苦しくなって、“低下営業”で抜きまくっているホールが出てきているという。その結果、ホールがつぶれるだけでなく、顧客も殺してしまう。こんなことを繰り返していれば、“信用”を得るどころの話ではなくなってくる。“低貸営業”で裏切られたら、顧客の憤懣も倍加するだろう。ますます、ホールに対する風当たりは強くなっていきそうだ。さて、業界に対するグチで、前置きが長くなった。今回はこれまで継続的に追ってきた「ぱちんこ情熱リーグ」に関することがテーマだ。

写真キャプション=「第1回ぱちんこ情熱リーグ」の1次予選第1回審査の結果、発表されたトップ30ホール


 いよいよホール審査が始まり、1次予選の第1回目の審査が出て、トップ30ホールが公表された。審査方法は㈱MS&Cのミステリーショッピングリサーチを採用して行なわれた。これは“覆面モニター調査”とも言われ、審査ホール周辺からモニターを募集し、選ばれたモニターはチェックシートに従い、“顧客の視点”で審査項目の査定・評価を行なうというものだ。今回の審査ホールは全部で137ホール。審査は200点満点で実施された。そのうち、200点満点を取ったホールが4店舗もあった。まず今回、公表されたトップ30のホールの顔ぶれを見てもらいたい。

 まず、地区的に見ると、東北=1店舗、関東=2店舗、北陸=3店舗、関西=21店舗、四国=3店舗であった。北海道と九州のホールの姿はなかったが、東北から四国までのホールが出揃った。当初、“関西偏重”に懸念を持ったが、一応の全国的な拡がりは確保されたようだ。関西以外のホールは、それなりに自信のあるところが参加したということか。今後の健闘に期待したい。また、同一企業(グループ企業も含む)でトップ30に2ホール以上ランクインしたところも4社ほどあった。これは企業として、高レベルの取組みを行っているということだろう。素晴らしい快挙と言える。

 一方、審査は200点満点で、①業務チェック項目=100点(サービス部門=37.5点、クオリティ・プロモ-ション部門=34.4点、設備・クリンリネス部門=28.1点)、②総合項目=100点の配点で行なわれた。全体的な評価を見ると、総合平均点=160点(得点率80%)、①業務チェック項目=85点(85%)【サービス部門=32点(85.3%)、クオリティ・プロモーション部門=28点(81.4%)、設備・クリンリネス部門=25点(89.0%)】、②総合項目=75点(75%)という結果だった。意外と全体的なレベルは高かったと言えるだろう。

写真キャプション=各審査項目の達成度と、「また来たい」店舗と「また来たくない」店舗の平均得点


 個々の項目に対する評価は【図表2】に示した。パチンコ雑誌では詳細な分析を行ったが、ここでそれをもう1度やる元気はない。結論としては、基本的な事項はきちんとできているが、もう一歩踏み込んで顧客にアピールするところまでは行っていないというのが現状だった。たとえば、「入店時の挨拶は元気よく、笑顔で気持ちよいものでしたか」=63.0%、「スタッフから親しみのあるお声がけ、アイコンタクトはありましたか」=65.9%、「出玉感を感じられる演出がありましたか」=69.6%、「入りたくなるための工夫がありましたか」=70.4%、といった項目の達成度が低かった。

写真キャプション=189点で10位となった「夢太郎」(242台、大阪市西淀川区)


 さらに、総合評価の中の「またこのお店に来たいと思いましたか」という項目と、他の項目のクロス集計も行なっている。つまり、「また来たい」店舗と「また来たくない」店舗の平均得点を算出したのだ。この差が大きいほど、顧客の来店動機に大きな影響を与えることになる。その差が20%以上あるものを、差が大きい順から列記してみる。これはリーグに参加しなかったホールでも参考になるのではないか。1度、自店の現状を点検してみてはいかがだろうか。“スタッフの印象”と“ホールの演出”が、「また来たい」と思わせるホール作りには重要なテーマであるようだ。ということで、久しぶりのグログ記事を終えることにする。(佐渡屋太郎)

①「出玉感を感じられる演出がありましたか」=38.3%
②「スタッフから親しみのあるお声がけ・アイコンタクトはありましたか」=38.1%
③「各コースの空間演出に魅力を感じましたか」=35.6%
④「スタッフの表情は笑顔があり、好印象でしたか」=34.9%
⑤「入店時の挨拶は元気よく、笑顔で気持ち良いものでしたか」=34.4%
⑥「お店の活気・雰囲気はいかがでしたか」=1.56(31.2%)
⑦「灰皿の清掃頻度は、タイミング良く行っていましたか」=28.1%
⑧「カウンターの景品は選びやすく、魅力的なものがありましたか」=27.9%
⑨「お店の看板や入り口はわかりやすかったですか」=27.5%
⑩「入りたくなるための工夫がありましたか」=25.7%
⑪「タバコの臭いは気になりませんでしたか」=23.2%
⑫「スタッフの気配り具合は、いかがでしたか」=1.09(21.6%)
⑬「スタッフは笑顔で、明るく接していましたか」=1.05(21.0%)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
banner_22.gifにほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題 ブログランキング★パチンコ ブログランキング★パチスロ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
スポンサーサイト

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

韓国からやってきた不思議な“卵”【佐渡屋太郎-vol.108】

写真キャプション=韓国からやってきた不思議な“卵

 いまは7月25日(金)の18時20分。昨日から徹夜して、葬儀関係の原稿2本をやっと書き上げたこところだ。あと1本、書かなければならない3ページの原稿があるのだが、もう今日は限界だ。眠くて頭が回らない。本当なら早めに帰りたいのだが、何せ外は36.5℃なので、出て行く勇気がない。仕方ないので、この原稿でも書いて時間を潰し、日が暮れるのを待つことにしようと思ったわけだ。

 何と、大阪では35℃以上の“猛暑日”が、ここ4日間も続いている。さらに、京都は連日の“37℃超え”である。よく今日まで生き延びて来れたものだ。私は36.4℃が平熱なので、気温が体温より高いという、インドかアフリカのような現象がここ日本でも起こっている。やっぱり、何かおかしいと思わざるを得ない。休み明けの22日(火)は京都のお寺へ葬式の取材に行ってきた。2時間にわたる式が終わってタクシーの中でスーツを脱いだら、ワイシャツがビショビショで体に貼り付いていた。こうなると、取材も命がけになってくる。

 さて、今回の話題は、“韓国からやってきた卵”である。H君がわざわざ韓国から持ってきてくれたものだ。これは一体、何なのだろう。韓国版の「ガチャポン」だろうか。形はまさに「ガチャポン」だ。ただ、使用目的が少し違う。実はこの“謎の卵”は、韓国のゲームセンターで使われている、換金用の“特殊景品”なのである。店によって使っている景品は異なるが、たとえばH君が入った店では、この“謎の卵”を特殊景品として使用していた
写真キャプション=換金が認められているとき、ゲームセンターがくれた商品券。換金時に10%の手数料が取られる

 この写真を販社の社長に見せてやったら、「こんなものやったら、いくらでも偽造できるやろ!」と怒っていた。私に怒られても困るが、日によって景品を代えているのかもしれない。こんな安物なら色違いとか、物違いとか、何とでもなるだろう。それにも増して、これの偽物をわざわざ探してくる者がいるかどうかも疑問だ。釜山では、店のスタッフも買取のブローカーも、かなり慎重になっていたという。

 私も前に台湾に取材に行ったとき、写真を撮っているのがバレて、換金所を教えてもらえなかった。結局、店の外で次の換金客が来るのを待って、事なきを得たが、目付きや人相が悪いと無邪気な日本の観光客には見てくれない。そういえば、H君は以前、公安関係の警察官だったという。それは警戒されて当然だろう。まだ、そのころの匂いは抜けきっていないはずだ。実は、私も正直言ってH君が怖い。20年前だったら、きっと捕まっていただろう。韓国のブローカーは勘がいいのか、幸いにもH君には近寄ってこなかったという。正解である。
写真キャプション=卵の中から出てきた金属製の「しおり」

 この“謎の卵”の殻を開けて、包まれていたセロファン外して出てきたものを見て、思わず笑ってしまった。一体、何だったと思いますか。しおりですよ。しおり。あの本に挟む栞であった。業界関係者なら知っていると思うが、日本の三重県では凸版印刷で特殊印刷された「しおり」を実際、特殊景品として使っている。日本の幼稚な“パクリ”か、さもなくば韓国流のパロディだろう。これで警察に捕まったとき、ブローカーは「日本の三重県では、『しおり』は警察も認めているんですよ!」とでも、食ってかかるのだろうか。アホくさい。

 誰か、たちの悪い日本人か在日韓国人がからかったのか、いたずらをしたのではないか。これがもし純金であったのなら、市場での等価性を持つ賞品なので、それはそれで東京の金地金システムに似てくる。しかし、裏をみたが証明もナンバーも入っていなかった。ただ、その表面には何かハングルが刻まれている。しかし、H君も佐渡屋太郎もハングルが読めない。そこで前出の販社の社長に連絡したわけだ。果たして、何と書いてあったのだろうか。
写真キャプション=「本の中に道がある――しおり」とハングルで刻まれていた金属製の「しおり」

 その結果を聞いて、また笑ってしまった。「これは偽物だ――李明博」でもいいし、「逮捕するぞ――釜山警察署」でも良かった。「悪銭、身につかず――歴代大統領」でも「額に汗して働け――韓国マフィア」というのも面白い。しかし、正解は「本の中に道がある――しおり(ケッカルピ)」というものであった。これがやはり最高にウケた。これをもじって「卵の中に抜け道がある――しおり」というのもアリだろう。

 いけない。こんなアホことを書いていたら、すっかり日が沈んでしまった。もう、外の気温は32℃くらいにはなっているだろう。今日は「天神祭」だが、見に行く元気は残っていない。今夜は酒を飲んでバタンキューで寝て、また明日の原稿書きに賭けることにしよう。「読者の皆様も、暑さ厳しき折、お体にはくれぐれもご自愛のほどを――しおり」より。「いかん、いかん、だんだん頭が狂ってきたようだ――佐渡屋しおり」。(佐渡屋太郎


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘



| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 13:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。