遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪に「冬ソナ2」の専門店が誕生(3)【佐渡屋太郎-vol.86】

写真キャプション=「冬ソナ2」のボードに仕込まれたポラリスのネオン演出

 いまは4月17日(木)の20時30分。昨日はついに、“総台数1840台”の「京一七条店」へ視察に行ってきた。実に、凄いスケールであった。その件に関して、資料や情報を収集しているので、もう少し待ってほしい。その前に、この「冬ソナ2」専門ホールの原稿を、完結させなくてはならない。これまで同店に関しては、出店の背景、営業戦略と見てきた。そこで、いよいよ最終回となる今回は、個人的にも興味があるホール演出に焦点を絞って、紹介していくことにしよう。

 ここでは顧客がこのホールにアプローチする順に、各所の工夫を見ていくことにする。まず、建物の外観には「冬ソナ」の写真入りの懸垂幕と、その両側に写真パネルが掲げられている(1回目の写真参照)。これは、“ホールの外へのアピール”ということで、経営する㈱播磨屋では、非常に重視していた。また、私自身も新規客、スリープ客、他店客へのアプローチということで、とても注目していたのだ。客層のパイを拡げるには、外へ向けて情報を発信する必要があるからだ。

 実は、この懸垂幕には個人的な因縁がある。オープンした4月10日(木)15時の取材時には懸垂幕は間に合わず、その夜に取り付けられたのだ。そのため私は翌日、この懸垂幕を撮影するためだけに、再度「あびこ」まで行かなければならなかった。実はその日はちょうど、パチンコ雑誌の原稿締切日であった。

写真キャプション=スポットライトに浮かび上がるホワイトリーフと色玉

 しかし行ってみて、少しがっかりした。想像していたものより、随分と小さかったし、おまけに片方しか懸かっていない。道路の向こう側から見ると、全然目に入ってこないのだ。できれば、ビルの壁面を覆う尽くすような懸垂幕が欲しかった。費用の面もあるだろうが、コテコテのあびこの街には、もっと徹底した“いちびり”が必要だ。中途半端が1番いけない

 次に、ホールに入るメイン動線は、2階までのエスカレーターになる。この他にもエレベーターと階段はあるが、こちらはどちらかと言うと“帰り用”の動線となる。その壁面には、「冬ソナ」のポスターが1枚だけ貼られてあった。これも弱いと言わざるを得ない。顧客への訴求としては、何と言っても「はりまやが『冬ソナ専門店』(137台)をオープン」したのを伝えることにある。このポスターをエレベーター沿いに20枚は貼って欲しかった。これは、顧客への“専門店”の意識付けとして、是非とも必要である

 エスカレーターを上がると、2階ホールのエントランスとなる。ドアを開けると、いきなり「冬ソナ2」のロゴボードと数々の写真パネルが掲げられている(1回目の写真参照)。これは、来店客にとっては大きなインパクトで、外界から「冬ソナ」の世界に入る1つの“結界”の役目を果している。欲を言えば、エントランスのドアである。折角、白く塗ったのなら、周りに樹氷やポラリスのネオンを付け、「『冬ソナ』の世界へ、ようこそ(ハートマーク)」くらいの看板は必要だろう。

写真キャプション=色玉を効果的に使い、ポラリスを浮かび上がらせた大胆な島上演出

 このホールのコンセプトは社内だけでなく、外に向けてアピールしなくてはならない。くどいようだが、大阪の“おばちゃん”は豹柄の服を着ていても、心は“ロマンチスト”なのである。はやり礼儀として、真っ赤なハートマークの1つくらいは、純白の看板装飾のなかに必要だろう。清純な“恋愛の世界”に酔いたくて、このホールにやってきてくれるのだ。“バーチャルな異空間”への入口を通過することによって、大阪の“おばちゃん”は、自らの意識を“チョン・ユジン”(チェ・ジウ)へと異化させていくのだ。これを学術用語で“通過儀礼”という。

 ホール内の演出に関しては、島上の装飾がメインになる。ハートマーク、雪だるま、ポラリス、樹氷など、各ギミックをモチーフに、“白”を基調にした大胆で幻想的な装飾グッズが並べられている。中心となるのは樹氷を模したホワイトリーフだが、それだけでは華やかさに欠けるので、淡色の色玉を入れてアクセントを付けたのだろう。また、照明も少し落とし加減にして、スポットライトを島上装飾グッズに当てていた。こうすると、ホワイトリーフが照明で浮き上がり、輝くように見える。

 ホール内演出の2つ目のポイントは、共用スペースの徹底したイメージ作りが挙げられる。まず、ホール内にある2ヵ所のレストコーナーには白いベンチが置かれている。とくに大きい方のレストスーペースには、ホワイトリーフを付けた木まで立てるという凝りようだった。また、トイレのドアにはジュンサンとユジンのポスターが貼られていたのをはじめ、ホール内の各所に「冬ソナ」の写真パネルが掲げられている(2回目の写真参照)。さらに、すべての椅子にも「冬ソナ」の写真入りの椅子カバーを付けるという徹底振りだった。

写真キャプション=「冬ソナ」グッズを取り揃えて陳列する景品ケース

 これでホール内の温度を少し下げてひんやりとさせれば、まさにこの空間は“冬”となり、外界とは隔絶されたバーチャルな世界となる(少し、やりすぎだろうか)。10年くらいまえには、多くのホールでパチスロを増台するとともに、パチスロ専用コーナーを作ったものだ。パチンココーナーとの差別化を図るために、ラスベガス風に照明を落としたり、アール島を作って雰囲気を作った。また、店内にシーサーやハイビスカスなどを置き、沖縄のモチーフで埋め尽くした「沖スロ専門店」というのもあった。そのホールではスタッフは全員、「海人(ウミンチュー)」のTシャツを着ていた。そんな延長線上で、この専門店を考えればいいのだろうか。
写真キャプション=景品コーナーには女性用の装飾品も取り揃えられている

 そうならば、「冬ソナ」風のコスプレがあってもいい。たとえば“ヨン様ヘア”や、「冬ソナ2」の新たな映像となった高校生時代の学生服姿も面白い(少し、個人的な趣味に走り過ぎたかも知れない)。また、イベントにはヨン様の“そっくりサン”を呼ぶという手もある。この「冬ソナ2専門店が今後、どのような演出作戦を考えるのか。これも定点観測を続ける価値がありそうだ佐渡屋太郎)。
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
業界販売価格調査で様々な商品の最安値が入札方式でわかる!
遊技租界-通信販売百貨

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

ホームページで広告収入をお考えの方
今なら無料登録だけで、もれなく1000円





SUN-DENSHI DIRECT
トークマスター直販ショップサイト

スポンサーサイト

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 13:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大阪に「冬ソナ2」の専門店が誕生(1)【佐渡屋太郎-vol.84】

写真キャプション=地下鉄御堂筋線「あびこ」駅の直近にある「あびこはりまやビル」。懸垂幕で「冬ソナ2」専門店のアピールを行なう いまは4月15日(火)の11時15分。やっと昨日、パチンコ雑誌の原稿書きが終わった。そして昨夜は、以前このブログでも紹介した「エコキメラⅡ」の社長と飲んだ。もちろん、佐渡屋太郎はシマチョウの店「サンちゃん」に連れていった。その社長はこのブログを見てくれていて、自分からシマチョウを食べたいとリクエストしてきたのだ。

 さすが社長である。人間ができている。そこで飲んで店を出ようとしたら、オーナーである販社の社長が社員3人を連れてきたので、今度はそちらと合流してしまった。結局、ラーメンまで一緒に食べて、事務所に帰ってきたら2時30分だった。

 パチンコ雑誌が終わって、ほっとしていたら、いま東京から電話があった。何と、“ゾウ”のお別れ会の取材依頼だった。私もこれまでいろんな有名人の葬式やお別れ会の取材をしてきたが、“ゾウ”のお別れ会の取材は“処女体験”である。動物園好きの佐渡屋太郎にとっては、実にワクワクする取材で、いまから興奮している。ペット葬以来、やけに動物づいている佐渡屋太郎である。どうも、動物の霊が乗り移ったようだ。もしかしたら、“動物葬ライター”としての新境地が切り拓けるかもしれない。

 というわけで、テーマはパチンコであった。実は4月10日(木)に大阪で、パチンコファンにとっては大きな事件が起こった。市内の地下鉄御堂筋線「あびこ」駅の直近に、話題機「冬ソナ2」の“専門店”が出現したのだ。そのホールは、大阪府内で17ホールを展開する大手ホール企業の播磨屋が経営する「はりまや あびこ分店」で、何と「冬ソナ2」の1機種だけ“137台”を設置して、リニューアルオープンしたのだ。

写真キャプション=「冬ソナ」のロゴボードと数々の写真を飾って、雰囲気作りを行なう「あびこ分店」の入口

 まず、話を整理していこう。まず、我孫子は播磨屋の発祥の地であり、本拠地でもある。同社はそこにフラッグシップの「はりまや あびこ本店」が入る複合ビル「あびこはりまやビル」を持っている。その2階にある「はりまや あびこ分店」のフロアすべてを、137台の「冬ソナ2」で埋め尽くし、“1機種専門店”としたのだ。では、そのビルの全貌を紹介しておこう。

【「あびこはりまやビル」の構成】
1階「はりまや あびこ本店」パチンコ=322台
2階「はりまや あびこ分パチンコ「冬ソナ2」=137台
3階スロ専「SUPER SLOT」パチスロ=130台
4階スロ専「SUPER SLOT」パチスロ=108台
5階カラオケ  
6階カラオケ、インターネットカフェ  
7階居酒屋  
8階事務所
 

 つまり、このビルには3店のパチンコホールが、4フロアに分かれて入っているわけだ。以前「はりまや あびこ分店」は、パチスロ131台を設置したスロ専だった。しかし、パチンコ優勢の現状から、パチスロ島をすべて倒し、パチンコ島にすることを考えた。これは、妥当な判断だろう。しかし、そこで播磨屋は考えた。何か、他にマネのできないような特色づけはできないだろうかと……。 
写真キャプション=「冬ソナ2」の椅子カバーなど、徹底した「冬ソナ」演出で顧客を楽しませてくれる店内
 
 播磨屋といえば10年くらい前、最初に「低玉貸」に挑戦し、「出玉共有」を始めたアイデア企業である。今回も、他をアッと言わせたかったのだ。さすが、“ノーパン喫茶”を生んだ大阪の企業である。この“いちびり”加減が、私は大好きだ。一方、「あびこ本店」は地域1番店で、地元客に永年にわたって愛されてきた。同店の男性客:女性客の比率は4:6で、大阪の“おばちゃん”に絶対的な支持を得ているのが特徴だ。大阪でいちばん力を持っているのが “おばちゃん”で、大阪では“おばちゃん”に嫌われると生きていけない。

 そういう意味では、「あびこ本店」は地域に密着した優良ホールだ。その1番店であるメインホールの地位を不動のものにし、さらにサブホールとしてどこにもない特色づくりがしたかったわけだ。つまり、“バックアップホール”としての役割である。そこに、新機種「冬ソナ2」が出てくるという噂がもたらされた。同社が狙うメイン客層の“おばちゃん”にピッタリの機種である。そこで、“1機種専門店”の構想を暖めながら、昨年秋から「冬ソナ2」の発売をじっと待っていたのだ。

 やっと今年3月4日に実機が展示されると、わざわざ東京まで飛んでいき、担当者は自分の目と腕でそのスペックを点検してきた。そこで、“いける”という感触を掴んで、全社で361台の「冬ソナ2」を大量注文することになる。そして、その1/3以上の台数となる137台を、一挙に「あびこ分店」に投入したわけだ。どうして、私はそんなに詳しく知っているのだろうか。実は3月6日からこのホールを密着取材していたのである。もう、4回も取材に行ってきた(行き過ぎだろう!)。それほど、力が入っていたのだ。

写真キャプション=台上に掲げられた「冬ソナ」のボード。このホールでは台上の演出が大きな見所となっている

 このテーマで2~3回は引っ張るつもりでいる。ネタは山ほどある。知り合いである同社の課長は、『「冬ソナ2」をゆっくり落ち着いて打ちたかったら、「はりまや あびこ分店」にきてほしい』と言っていた。地下鉄の御堂筋線「あびこ」駅のすぐ上にある。何しろ、137台も「冬ソナ2」が並び、ホールの雰囲気もまさに「冬ソナの世界」が再現されている。「玉もガンガン出しまっせ!」と言っていたが、そちらの方は保証できない。ただ、一見の価値はあるだろう。ということで、1回目はこんなところで切り上げることにしよう。

 いま、京都七条の大門町(最寄り駅は阪急京都線の「西京極」)に、「京一」が1840台の巨艦店を作り、GW前にオープンするという情報が入ってきた。明日はこのホールと「マルハン羽曳野店」(1100台)の視察に行くことにした。しかし、1840台とは何事だろう。千日前の「キョーイチなんば店」(1833台)を超え、経営する松原興産の最大店舗となる。しかも、出店地は京都の七条である。大丈夫だろうか。明日はその隠された謎を探ってくることにしよう。(佐渡屋太郎


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
業界販売価格調査で様々な商品の最安値が入札方式でわかる!
遊技租界-通信販売百貨

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

ホームページで広告収入をお考えの方
今なら無料登録だけで、もれなく1000円





SUN-DENSHI DIRECT
トークマスター直販ショップサイト

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 10:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。