遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

昭和のパチンコ博物館、えびす会館に行ってきた。【ナイトウ龍司-其の八拾参】

写真キャプション=昭和のパチンコ博物館、えびす会館を案内する看板 今日は4月25日(日)、先週は1週間4月とは思えないほどの寒さだった。

今回の話は、17日(土)に前々から興味になっていた、えびす会館に行ってきたので、その事を書こうと思います。

そもそも、このえびす会館については、以前に佐渡屋兄貴から聞いて知った。

えびす会館では旧名機のパチンコ機を博物館というスタイルで展示しながらも、自由に手で触れてしかも遊技できるとはすごい事だと思っていた。

そのえびす会館の当主である”ゆきちさん”とは意外や、早くに出会う事になった。

さかのぼる1ヶ月前にある知人の紹介で、えびす会館に行く前に”ゆきちさん”と出会える事になった。

その時は知人の紹介のもとで、3人で飲みに行き。 知人が所用で先に帰った後で再び2人で朝まで飲みながら色々な事を話した。

話していると、ゆきちさんのパチンコ業界に対する真剣な情熱がヒシヒシと伝わってきた。

その時にゆきちさんから「実はもうすぐ、えびす会館をリニューアルするんですよ!是非、オープニングに遊びに来てくださいね」と言われ、とても嬉しかった。

その後、4月3日(土)に、えびす会館はリニューアルオープンし、大盛況の様子だった。

当日、私は私用で行く事が出来ず。とても残念だった。

しかし、翌々週に時間がとれたので、昼過ぎに待望のえびす会館に訪れた。

えびす会館はテナントビルの7Fにあり、1Fの入口に案内の看板が立っていた。

エレベーターに乗って、7Fの入口からえびす会館に入場し、受付で挨拶をすると中にいたゆきちさんが出向いてくれた。「あっ、来てくれたんですね!今日はゆっくり見て遊んで帰ってくださいね」と言われ、中で機種を案内する店長の親方さんやスタッフの方達を紹介してくれた。

中では、店長の親方さんから「遊技租界!いつも拝見させて頂いてますよ!」と嬉しい応援を頂いた。

えびす会館の中の様子は、思った以上にスペースが広い事に驚いた。

1フロアーを利用しているので、奥に個の字型で構成された島も本格的で、台間もゆったりとして機械台も友の会会員様からの提供(寄付・無償貸出)してもらっているというが、とても整備された。状態の良さだった。

昭和のパチンコ博物館という名の通り、私も旧名機を見入ってしまった。

懐かしい機械台が目白押しに並べられている。

見ているだけじゃ、もったいない!打ってみたい~ と自然と昔を思い出し、稼動する音が聞いてみたい衝動に駆られる。

打ちたい衝動の気持ちを抑えながら名機を見ていると、「ナイトウさん、打つ事も出来ますので、後でゆっくり遊んでくださいよ」とゆきちさんは言うと、私を喫茶スペースに案内してくれて、コーヒーを差し出してくれた。

「うちは、飲み物やタバコはこちらのバーカウンターでお願いしてるんですよ。会場内では機械台の保守もありますので、ご利用して頂いている友の会の会員様全員に入店時にお願いしてるんです。」という。

確かに、部品も入手困難な機械台ばかりなので、良い状態で保管するにはこの様なデリケートな注意が必要だろうと感心した。

その後、ゆきちさんとコーヒーやお茶を飲みながら、これからの業界で私達がどう展開していけるかと言う話を長い時間話し合った。

この話はとても、良かったのでまた、別の機会に書きたいと思います。

その話の合間に、新しい友の会に入りたいとお客さんがやって来た。

雑誌を見て知り来たと言われた3人組の仲の良さそうな方達だった。

ゆきちさんは自ら受付で対応し、友の会のルールを丁寧に説明していた。

3人ともゆきちさんの説明を最後まで聞き入った後、入場する際にゆきちさんは3人の方達にこう言った。

えびす会館は皆さんと共に創って行く場所です!だから、自分の家だと思っておもいっきり、くつろいで下さいね」と言った。

ここにえびす会館を運営するゆきちさんの理念があるのだな、と感じた。

その言葉の中には利益だけを求めるのではなく、何か今の業界に対しての新しい展望を期待できるメッセージにも聞こえた。

当日夕方から、私は都合で帰らなくてはならず、そのまま食事でもご一緒できればと思ったが、そのまま帰る事になった。

そして、この日にえびす会館を訪れて一番感じた事は、当日来場された友の会の会員さんのマナーの良さには非常に驚いた。

皆、思い出深い機種の前でもくもくと打ち、中で案内する店長の親方さんらとも和気藹々と和やかに話したり、とてもアットホームな雰囲気だった。

また、ゆきちさんと話している途中で、入ってきた会員さんは大阪に来る用事があったからと言って、ゆきちさんにお土産を渡したいからと、遊技もせずに立ち寄ったりするなど、学生時代のサークルの様な感覚がとても楽しく、私も今度はじっくり遊びたいなぁと心から思った。

この雰囲気は業界関係の方にも味わって貰えたらと思う。

きっと、このえびす会館を訪れる事によって、今のパチンコホールをもっと良くする為のソースが潜んでいる気がするのです。ゆきちさんの想いで、実現したえびす会館、彼の話ではまだ、序章だと言う。これからえびす会館はさらに進化させて行きたいと言う。えびす会館という、このスペースを利用して多彩に展開して行く事も、彼の話の中で伺った。とても、楽しみだ。

最後に、皆さんも一度、昭和のパチンコ博物館、えびす会館へ覗きに行かれてはいかがでしょうか。(ナイトウ龍司)

えびす会館の詳細はこちら

昭和のパチンコ博物館『えびす会館』

開館日:毎週土曜日・日曜日 開館日の確認はこちら

営業時間:10:00~18:00

入館料:¥1,800.-(ドリンク付)

アクセス:大阪市浪速区元町3丁目8-7 伍條ビル7階 詳しくはこちら

※地下鉄御堂筋線

大国町駅の2番出口がアクセスしやすくなっております。
場所が分からないなどありましたら2番出口を出られたところからお電話下さい♪

受付:TEL06(6648)8154

えびす会館のホームページはこちら




┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
banner_22.gifにほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題 ブログランキング★パチンコ ブログランキング★パチスロblogramランキング参加中!
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
スポンサーサイト

| ナイトウ龍司-業界の眼 | 02:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。