遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛知県景品手数料問題.3【佐渡屋太郎-vol.142】

写真キャプション=春の到来ともに、やっと咲き始めた「街道桜」の鉢植え  いまは3月21日(土)の18時35分。春分の日を頭にした3連休の中日である。近頃はすっかり春めいてきた。街を歩いていてもどこからか、そこはかとない花の香りが漂ってくる。それと植木の水の吸い込み量が俄然と多くなってきた。今日、事務所に来てみたら、ベランダに置いてある「街道桜」の花が、一輪だけ開花していた。いよいよ春の到来である。

 さて、今週もいろんなところから連絡や問い合わせがあった。その中で記憶に残っているのは、まずこのブログでも取り上げた「フェスティバルゲート」の件である。マルハンは大阪市と正式に売買契約を締結した。これから“風俗営業”であるパチンコもゲームセンターも5年間できない巨大施設を、どのように展開していくのか。ここが大きな見所であると注目している。

 ボウリングは当然入るだろうが、とりあえず全体的には“フードテーマパーク”のコンセプトで走るようだ。そうなると、串カツ、ホルモン焼き、お好み焼き、たこ焼きなど頭に浮かぶが、もう1つ強烈な“ひねり”があると思う。「通天閣」は観光客のルートに入っているが、誰もが“あっ!”と言うような仕掛けがないと、この巨大施設は回っていかないだろう。

 一方、パチンコとシネコンやスーパー銭湯などを中心に、“複合展開”しているあるホール企業の現状を調べてほしいという依頼もあった。新店や大規模リニューアルの工事が止まっているのだという。調べてみると、アミューズメント部門の落ち込みが激しいようだ。“世界同時不況”の情報が喧伝されると、消費者はまずこのあたりから財布の紐を絞っていく。カジノ、複合施設、巨艦ホールなどに対する“風向き”も、この数ヵ月で大きな変化を見せている。一見、“勝ち組”と見られているホール企業も、その内側にはいろいろな問題を抱えているようだ。

写真キャプション=手数料問題について様々な検討が行われた愛知県遊協が入るビル さて問題は、愛知県賞品手数料である。実はその代替賞品が決まり、今月末に取材するアポも取れた。したがって、それまでにこのブログの原稿をその時点までに持っていかなければならない。現実はすごい勢いで進行している。酒などを飲んで、“現実逃避”している場合ではないのである。いまパチンコ業界は、表面は停滞しているように見えるが、水面下ではかなりのスピードで状況が動いている。それを最も的確な言葉で表現すると、“待ったなし状況”といったところだ。

 そのなかで生き残る者と生き残れない者が、強く大きな流れの中で “峻別”されている。非情といえば非情、拙速といえば拙速だが、設けられたハードルをクリアできないと、有無を言わさず“存在自体”が否定される。それまでの歴史や実績、理念や哲学など、考慮してもらえる雰囲気など全くない。とりあえずはカネによって身を守るしかない。カネのない者には、容赦ない“退場命令”が下っている。

 今回の愛知県賞品手数料問題については、“目的”と“手段”に分けて考える必要がある。“目的”は、①商品交換所の維持経費補填、②等価性賞品の導入の2点である。“手段”はその経費の捻出先として、①賞品商社、②ホール、③顧客のいずれを選択するかという問題だった。まず目的については、何としても対策を講じないと、パチンコホールの生命線とも言える“3店方式”が維持できなくなってしまう。したがってこの2点に関しては、ホール関係者の中で異論を唱える者はいないと思う。

 問題はその手段である。①の賞品交換所の維持経費補填に関しては、賞品商社から③顧客からの手数料の負担を提言されたが、ホール側の反対により合意に至らなかった。しかし、そこに②の等価性賞品の導入という要求が行政から突きつけられて、状況は一変してしまった。そこで喫緊の課題である②をクリアするために全県的な対応が必要となり、経費の捻出先として③の顧客が選択されたのだ。

 この問題を考える前に、現状の賞品交換システムを見ておかなければならない。愛知県のホール組合は、エリアごとに分かれた42の地域ホール組合(単組)で構成されている。一方、愛知県では賞品商社も組合を作っており、ホールへの賞品卸を行う「愛知県遊技場賞品販売組合」(加盟=18社、以下、販売組合)と、商品の製造・加工と交換所の運営を行う「愛知県遊技場賞品加工組合」(加盟=19社、以下、加工組合)の2つの組合がある。この3つの組合によって、「3店方式」が運営されている。

写真キャプション=08年12月から手数料の徴収を始めた中村区のホール


 まず、賞品の導入に関しては、ホール組合の単組が加工組合に加盟した加工商社と団体契約を結ぶ。したがって、各エリアは同じ加工商社が交換所の運営を行うことになる。加工商社は販売組合に加盟した販売商社から商品を導入する。したがって、各エリア内では同じ賞品が流通することになる。さらに、エリア内では交換手数料として各ホールから200円賞品に対し、1円20銭の手数料が徴収された。そのうち、30銭が加工商社、30銭を販売商社、残り60銭が交換所の運営費に当てられていた。

 しかし、エリア内には大型ホールや繁盛店など客数が多くて賞品取引量の多いホールもあるし、逆に客数が少なく賞品取引量の少ない中小ホールなどもある。ただ、取引量の少ないホールの交換所も、最低限の維持費は必要だ。これまでは、取引量の多いホールの手数料を取引量の少ないホールの交換所の維持費に回し、 “相互扶助”の精神を元に、エリア内で何とか「3点方式」を維持してきた。これがいわゆる“組合論理”の考え方だ。

 一方、愛知県に進出してきた全国展開企業や、多店舗展開する大手企業を中心に、異なる考えを持つホールが出現してきた。それは自店の賞品取引量の多さを前提に、もっと有利な条件で県外の賞品商社と契約する動きである。取引量の多いホールは、顧客から手数料を徴収しなくても、交換所の維持は十分にできるのである。さらに、もっと安い値段で賞品を仕入れることもできるのだ。したがって、究極的には自店の売上を削ることになり、顧客に負担を強いる手数料徴収に反対するホールが出てきても、決して不思議ではない。これを“企業論理”の考え方としておこう。

写真キャプション=中村区のほとんどのホールは手数料の徴収に踏み切った


 これまでホール組合と先進的な大手ホール企業は、組合自主規制や業法制定など、さまざまな問題でぶつかってきた。それは当然だろう。考え方が違うからだ。もともとパチンコホールは草創期において、そのほとんどが“家内工業”(家業)であった。それが店内の台数を増やし、従業員を増やしていく過程で、“企業化”していった。しかし、まだほとんどが中小企業である。そのとき、社会的に虐げられたホール同士が連帯して、自らの身を守るために創られたのが“組合”である。したがって、ホール組合は「中小企業等協同組合法」をもとに創られている。

 さらに時代の波に乗って、多店舗化を進める中で、2兆円に近い売上を計上するホール企業も出現してきた。これは決して中小企業とは言えないだろう。こうした1万人も従業員を抱えるホール企業は、“企業論理”で動かなければ、組織自体が維持できない。そこに矛盾が生まれてくるわけだ。具体的には、大手ホール企業と中小ホール企業の対立という図式が生まれてくる。こうした中で、組合が存立基盤とする“相互扶助”の精神が、果たしてどこまで機能するかが問題だ。今回の手数料問題もまさにこの典型で、さらに顧客を巻き込んでいるだけに、社会的にも大きな波紋を投げかけることになった。

 ここに至って、和歌山県ではなかった複雑な構図がエリア内に出現することになる。つまり、手数料を徴収するホールとしないホールが、エリア内に混在するという状況だ。手数料を徴収しないホールが大型店をはじめとする全国展開大手企業のホール、手数料を徴収する地元大手ならびに地元中小ホールという図式である。話が核心に迫ったところで、字数がオーバー気味となった。今回はここまでとして、間を置かず次回原稿にこのままなだれ込み、現在までの流れにやっとの思いで追いついていくことにする。(佐渡屋太郎)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力banner_22.gif
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題
ブログランキング★パチンコ
ブログランキング★パチスロ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
スポンサーサイト

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 22:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マルハンが中間決算を発表【佐渡屋太郎-vol.127】

写真キャプション=会社説明会が開催された帝国ホテル東京のタワー館 いまは12月14日(日)の18時30分。やっと12月10日に、年末における原稿締切りの “一山”を越えた。そして、次のパチンコ雑誌の原稿に掛かろうと思ったら、もう締め切りで1月号の受付は終わりだという。何とか外注原稿の1本は整理して入れたが、あとはほぼ“全滅”となってしまった。愛知県の換金手数料問題など、書きたいテーマもいくつかあったのだが、すべては2月号へと持ち越しとなってしまった。

 今回は、単行本の原稿に力を入れ過ぎて、だいぶ引っ張ってしまったのがいけなかった。近頃、原稿の受注量と打ち合わせの数が急増しており、何らかの制限をしないと“命”に関る問題となりつつある。佐渡屋太郎は今の状態の頭と体を保持し、あと10年ほど“生かして”おいてもらいたいと切実に思っている。ただ今回の件は、周辺に多大なる迷惑をかけてしまった。その償いとして、今後はこのブログと連動し、本来パチンコ雑誌1月号に載せるはずだった原稿をコツコツと書いていくことにしよう。

 “一山”のなかでもがいている間、断れない打ち合わせにいくつか行った。そこで驚いたことがある。1つ目は、例年なら忘年会で沸いているはずの飲み屋が、静まり返っているのだ。これが“書き入れ時”である 12月の酒場かと背筋がゾーッとした。皆が“世界同時不況”に敏感に反応しているらしい。また不動産会社の話によると、某大手ゼネコンが手付金の回収に奔走しているという。手付けに打った1億円や2億円が必要になるほど、資金が不足しているようだ。金融機関の扉はパチンコ業界のみならず、建設業や不動産業に対しても閉じられてしまったという新聞記事を思い出した。

 来年は不動産価格も“暴落”していくのだろう。売る方は早く売りたいと思い、買いたい方は値下がりをじっくりと待っている。この当たりが微妙な“駆け引き”となる。一方では、輸出産業を中心に最低でも3万人がリストラに遭うという。日本の“小バブル崩壊”と“世界同時不況”がリンクし、いきなりすべてが浮き足立ち始めた。“地獄の1丁目”どころの話ではなく、すでに“地獄のど真ん中”に突入しているようだ。来年はこれまでとはまったく異なったステージでの展開が始まるはずだ。パチンコ業界でも、「外資の脅威」「人手不足」「海外進出」「店舗の大型化・複合化」というキーワードがあった。しかし、これらも“風向き”が変われば、まったく違う状況ともなりうる。ここでもまた、先の読み方によって“笑う者”と“泣く者”が出てくるのであろう。
写真キャプション=会場で説明を聞く金融関係者やマスコミ関係者

 さて、今回のテーマはマルハン中間決算である。その会社説明会が11月28日(金)、東京都千代田区の「帝国ホテル・タワー館」で開催された。当日は「第37期中間決算概要および業界動向について」(代表取締役=韓裕氏)、「財務状況について」(経理部・財務担当取締役=韓健氏)、「営業状況について」(取締役副社長・営業本部長=韓俊氏)の発表が行なわれた。まず、全体的な業界動向に関して韓裕社長は、07年のパチスロ規制や5号機の導入などの要因で、市場規模=22億9000億円(前年比16.7ポイント減)、遊技人口=1450万人(同12.6ポイント減)、店舗数=1万3585店(同1089店減)と、大きな減少傾向にあったことを指摘した。その上で、09年3月期の中間連結業績が発表された。

【09年3月期 中間期連結業績】
● 売上高=1兆73億4500万円(前年同期比=10.2%増、928億300万円増)
● 営業利益=210億6500万円(同=68.1%増、81億7200万円増)
● 経常利益=201億100万円(同=64.9%増、79億900万円増)
● 中間純利益=101億9600万円(同=70.3%増、42億900万円増)

 上記の数字から分かるように、マルハン中間決算は大幅な増収増益となった。前年同期が増収(1.4%増)ではあったが、減益(営業利益=4.3%減、経常利益=4.3%減)であったことから比べれば、業績は大きく好転している。その要因について韓駿氏は、①パチンコが好調であったこと、②TVCMの効果が出てきたこと、③メーカーも魅力的な台を出してくれたことの3点を挙げた。では、大幅な利益増を生んだホール現場の実状を見ていこう。
写真キャプション=参会者に業界の現状について説明する韓裕社長  【店舗状況】(08年4月~08年9月)
● 新規出店数=11店
● 改装店数=2店舗
● 閉店数=2店舗
● 店舗数=234店
● 機械台数=14万1801台

【パチンコ機:パチスロ機の比率】
● パチンコ機=73%(08年3月)→76%(08年9月)=3%増
● パチスロ機=27%(08年3月)→24%(08年9月)=3%減

【1円貸玉営業台数】
● 4円貸玉=94.8%(08年3月)→91.5%(08年9月)=3.3%減
● 1円貸玉=5.2%(08年3月)→8.5%(08年9月)=3.3%増

【遊べるパチンコ比率】(甘デジ、羽根物など)
● 遊パチ=12.7%(08年3月)→13.7%(08年9月)=1.0%増

 このように市場の変化に迅速に対応したことが、好業績の背景となっていると分析された。それは前期から続く流れで、いち早く、“パチスロ減台、パチンコ増台”に着手した方針を今期も継続している。さらにその結果として、“勝ち組ホールと負け組みホールの明確化”という要因も挙げられた。顧客が“勝ち組ホール”に集中してくるという現象だ。勝ち組ホールにとっては、これまでの競合費用を軽減しても自然と集客ができ、効率的な経営が行なえるようになったわけだ。ではその結果、稼働はどのように変化してきているのだろうか。
写真キャプション=財務状況について説明を行なう韓健取締役

  【全店稼働推移】
        06年9月期   07年9月期       08年9月期
●玉稼働数   3万6777個→3万5324個(1453個減)→3万6580個(1256個増)  
●コイン稼働数 1万3949枚→1万3324枚(625枚減)→1万3242枚(82枚減)

【既存店稼働推移】
         06年9月期   07年9月期        08年9月期
●玉稼働数   3万6875個→3万5454個(1421個減)→3万6653個(1199個増)
●コイン稼働数 1万3845枚→1万3197枚(648枚減)→1万3104枚(93枚減)

【全店月別稼動推移】
           4月      5月          6月    
● 玉稼働   3万6972個→3万6550個(422個減)→3万6511個(39個減)
● コイン稼働 1万3357枚→1万3248枚(109枚減)→1万2894枚(354枚減)

         7月           8月            9月
● 玉稼働 3万7353個(842個増)→3万7902個(549個増)→3万5702個(2210減)
● コイン稼働1万3084枚(190枚減)→1万3917枚(833枚増)→1万3365枚(552枚減)

 この稼働結果で、留意すべき点が2つある。1つは、パチンコの稼働が06年3月期レベルまでほぼ戻ったことだ。参考までに06年3月期の稼働結果を見ると、全店稼働がパチンコ=3万7621個、パチスロ=1万5492枚。これと08年9月期の実績を比較すると、パチンコ=3万6580個(97.2%)、パチスロ=1万3242枚(85.4%)となる。さらに既存店だけで比べると、06年3月期=3万6613個→08年9月期=3万6653個(100.1%)と、若干ながら05年4月~06年3月のレベルを超えている。

 2つ目は、8月から9月にかけての稼働低下である。数値的には3万7902個→3万5702個(2210個減)という大幅な減少となった。この背景にあるのが、「マックス・バトルタイプ」の隆盛だ。その代表的な機種は、「CR花の慶次」(07年7月発売、ニューギン)→「ぱちんこCR北斗の拳」(08年9月発売、サミー)→「CR牙狼XX」(08年11月発売、サンセイアールアンドディ)という流れになっている。つまり、この「マックス・バトルタイプ」の遊技者急増によって、粗利は維持しているが、稼働時間が減少するという現象が起こっているのだ。
写真キャプション=営業の状況について説明を行なう韓俊副社長 この点について韓駿氏は、「9月の稼働低迷は、ヘビーユーザーのハイスペック機への移行が要因。その結果、売上・粗利は変わらないが、稼働が減少してきた。全体的には、従来のミドル層がヘビー機とライト機に分散していく傾向にある。さらに、ホールの勝ち組と負け組みは明確化してきたが、そのなかで顧客はハイスペック機の導入店へ分散して集中化していく現象が出てきた」と分析した。今後は、稼働低下傾向に対し、どこで歯止めを掛けていくかが大きなテーマとなるだろう。しかし、利益については底堅い感触を持っており、経常利益の通期見込み数値である390億円に対し、450億円プラスαの実現が視野に入ったと自信を覗かせた。
 
 海外事業では、マカオの「ポンテ16」が08年10月に、ホテルの全施設が完成。しかし中国政府により、中国本土からマカオへの渡航は3ヵ月に1度に制限された。今後はレストラン、VIPカジノ、ホテル施設のオープンにより、施設の観光価値を高めていくことに努める。

 一方、カンボジアの「マルハンジャパンバンク」は5月24日に開業。10月10日現在、口座数は当座=126、普通預金=310、定期預金=23の計459口座を確保し、預金残高は1448万3006USドルに上る(1ドル=88.38円に換算すると、約12億8000万円)。今後は、初年度中に預金残高3000万USドルを達成することを目標に掲げている。また、業務に関しても、融資事業だけでなく、ブティックバンクとして保険商品や各種金融商品の販売を計画しているという。最後に、注目度の高い期間中の新規出店ホールと、08年9月末時点のパチンコ導入機種ベスト10を掲載して今回の記事を終えることにする。(佐渡屋太郎)

【新規出店】(08年4月~08年9月末)
①4月4日=「マルハン水沢店」(640台、岩手県奥州市)
②4月11日=「マルハン宮町店」(640台、山形県山形市)
③4月23日=「マルハン上牧店」(663台、奈良県北葛城郡)
④4月29日=「マルハン八尾泉店」(640台、大阪府八尾市)
⑤7月16日=「マルハン廿日市店」(684台、広島県廿日市市)
⑥7月25日=「マルハン加賀店」(600台、石川県加賀市)
⑦7月30日=「マルハン中津店」(754台、大分県中津市)
⑧8月7日=「マルハン弘前店」(767台、青森県弘前市)
⑨8月8日=「マルハン大間々店」(764台、群馬県みどり市)
⑩8月29日=「マルハン此花島屋店」(480台、大阪府大阪市)
⑪9月3日=「マルハン善通寺店」(560台、香川県善通寺市)

【パチンコ設置台数ベスト10】 9月末時点、[ ]内は設置店舗数、保有店舗数=236店
①「CR大海物語スペシャルMTE」(三洋物産)=1万8109台[230店舗]
②「CR新世紀エヴァンゲリオン使徒再びSFW」(ビスティ)=1万424台[233店舗]
③「CRぱちんこ必殺仕事人ⅢSV7」(京楽産業.)=7252台[225店舗]
④「CR花の慶次S-V」(ニューギン)=6433台[231店舗]
⑤「CRぱちんこ冬のソナタ2MY63TF2」(京楽産業.)=5939台[229店舗]
⑥「CRスーパー海物語IN沖縄MTA」(三洋物産)=5401台[186店舗]
⑦「CR北斗の拳HVJS」(サミー)=5077台[173店舗]
⑧「CR七人の侍SF-T」(ビスティ)=4658台[219店舗]
⑨「CRスーパー海物語IN沖縄SAD」(三洋物産)=4630台[219店舗]
⑩「CRパトラッシュ2RED」(三共)=3316台[197店舗]


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 04:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。