遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラッキーボイスの話で始まり話で終わった1日【ナイトウ龍司-其の十四】

話題と噂が混沌とする”ラッキーボイス”

 今日は6月18日(水)、昨日は自社のホームページの作業に深夜夢中になりすっかり徹夜になってしまった。朝からボーっと眠気が取れずしていると午前10時頃にY経済研究所のK氏から電話がかかってきて「紹介したいメーカーがあるんですけど!」との事。話の内容を聞いて見るとバイオ系の研究所で除菌・消臭のタバコの匂い消しを製造しているとか。最近はこのK氏にも度々、お世話になっているがここ5月末からはメーカーを紹介してくれると言う話が多くなってきている。これも業界業者間の不況がおりなすことだろうか?近々会わせていただきますと電話を切った。その直後又、電話が・・・「あー社長、お世話になります。Hです!実はラッキーボイスの件で聞きたいのですが・・・」この方は私と同じく設備業者のH氏でどうもラッキーボイスの仕入れがしたいらしく業者間を探している様子だった。当の私は前回お話した”サウンドチュチュ”の販売が間近に迫っていたので”ラッキーボイス”は話だけで仕入れはしてはいないのでH氏には「Hさん!申し訳ないけどウチでは今、ラッキーボイスは扱ってないんですよ。ごめんなさい」と話をするとH氏からはあっさり「でしょ!社長”ラッキーボイス”って大阪では何処もほとんど扱わないよね~ じゃ、しょうがないから”サウンドチュチュ”出たら紹介してくださいね!」と私も心の中では(しょうがないはないだろ~これでも商品の仕入れや取扱販社になるのも結構大変なのに・・・)とぼやきたくなる心境だったが現実は”ラッキーボイス”の人気度が羨ましくも思えた。

 しかし、今日の本題は当社が扱う”サウンドチュチュ”の申請書類を全国の公安委員会の持ち込んでいる認可・不認可の中間報告を聞く日であったので気持ちはその事で頭は一杯であった

 昼の12時前、N氏から電話が「お世話になります。出ましたよ中間報告!でも社長、認可ですが結構厳しい内容ですよ!」と内容はN氏に教えてもらえた内容を表にしてみました。

サウンドチュチュの全国公安委員会への申請書類の認可・不認可状況

 私もこの業界で以前書類申請に携わった事もあるがこの様な状況は初めてで、不認可を出している地域も偏りが著しく今後、どう言う形で申請中のエリアや申請前のエリアが対応してくるかは判らない状況だになった。

 幸い、問い合わせ等で見積りなど送っていた業者さんのエリアは認可されていたので迷惑をかけなくて良かったとホッとした。

 そんな中、もやもやした気持ちの中で商品の依頼を受けていた大手設備会社のT部長に電話をした。「T部長!お世話になります。今回の”サウンドチュチュ”の件ですがそちらのエリアは認可が取れましたよ。但し、今回不認可のエリアも出ているので慎重に対応した方がいいかもしれないですね」と話すとT部長は「ご存知かは知らないがこれは一部”ラッキーボイス”影響も考えられますよ!今、光センサーの件で公安委員会は厳しいジャッジをしていますから現時点で申請書類の認可が取れただけ値打ちもんですよ!ウチはこの商品を安心してお客さんの所へ持っていくから心配しないでください。」との話。”ラッキーボイスの影響って?”と話を掌握していなかった私は、電話でその後T部長に詳細を聞いた。話の内容は”ラッキーボイス”の初期の申請方法だと言う事がわかった。

 ”ラッキーボイス”は元々不正防止との内容で申請を行ったが本体と受光部にあたる光センサーの部分での申請は別々に分けて申請を申し出て、一旦は認可を受けていたのだがどうも最近、光センサーの部分の申請に対し再度書類を再申請する様に話が変わって。再申請をしたらしいとの事。

 これは客観的にみると酷い話だ!一回受理しておきながら再申請を要求するのはメーカーはしょうがないとしても導入したホールはどう受け止めるだろう!サミット中の自粛期間でこの様な対処はいかにも・・・である。

 そして夕方、申請報告をしてくれたN氏から電話があったので私はこう言った「Nさん!今回の申請認可の件、ネットで公開してもいいかな?現状、正しい事をキチンと伝える事も今は必要だと思うし、この手の商品はこれからも新しく出てくるので公安委員会が現状どう言う見解でこの類の商品を見ているかの参考になるし、書類がこの状況で取ったのもメーカー努力だと思いますから」と話すとN氏も「そうですね!今回は申請書類に関してはかなりキチンと色々な所にお伺いを立ててのこの結果ですからありのままの現実を見てもらう事がいいですよ。ジャッジはお客さんですからね」と言う返事があり私もこんな事をするのは初めてだが申請認可・不認可の状況公開をする事にした。(上の表図)

 夕方、表の作成をしていると久しぶりに押釦メーカーのN製作所のS次長から電話があり「ラッキーボイスって売れてますな~でも光センサーの件どうなったのだろう?でもよそも真似して作ってますからなぁ~こんなに売れたならうちもなんか同じ物を作って見ようか迷いますわ」との事。まだまだ話題は続きそうである

 夕食が終わってから今朝、電話をしてきてくれた。”じゃ、しょうがないから”のH氏を思い出し連絡をした。「まいど~お世話になります。あのね、サウンドチュチュの件だけど関西圏のきなみ不認可で滋賀だけ認可とれた状態だったよ。今の状況だから”しょうがないね”」別にいやみで電話したのではなくこれが業界業者なんだよな~と思う一日となった。(ナイトウ龍司)

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
パチンコ業界の商品をオンラインショッピング(通信販売)で販売致します。
遊技租界-通信販売百貨

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
スポンサーサイト

| ナイトウ龍司-業界の眼 | 03:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

洞爺湖サミットでの自粛期間に入ってからの業界動向【ナイトウ龍司-其の十三】

5.1号機先発隊と称されるラスターのゴールデンシーサー 今日は6月14日(土)、私の聞いた話では今日ぐらいから関西圏の兵庫エリアがサミットの関係上自粛に入ったと思う。大阪は早くも今月1日から自粛に入りいよいよ自粛期間に突入した感じだ。

 ここ最近は機械販社の人と会う事が多くなり、今まで慌ただしく人達も自粛に向けて先月末から動向の変化が著しい様だ。私の後輩もある機械販社にいたが5月末でリストラを受けた。その後輩との会話に「自粛期間中は物が売れないんで、人件費や経費ばかりが掛かるのでリストラしたんだと思いますよ・・・まぁ、自粛明けの機械傾向はメーカー人気が偏ってるから機械を押さえるのが難しいとは思いますけどね。5.1号機も本命は年末でれば・・・と言う感じですかね」との事。その彼もわずか2日後には中古機販売の販社にすんなり入社した様で、なんともたくましい後輩である。

 自粛明けのスロット商戦は今年の場合はどうなるのだろうか?山佐/バイオハザード・ビスティ/エヴァンゲリオンなど名がよく聞こえてくるが5.1号機自体のスペックを聞いてそれに反映し緩和された真の本命機の登場はまだ先の話かも知れない。

 スロット関連の業者達の5.1号機に対する意見は冷ややかでフリーズ機能・消灯等の演出的な新機能が搭載されても肝心の差玉等のスペック的な向上がみられる機械が出なければ小手先だましでホールは5.1号機だと言われて買わされても気の毒だなとの事。それなら現状の5号機での新台、例えば山佐/バイオなどが無難でいいかもしれないなと話していた

 確かにこの自粛明けはメジャーメーカーの名が先行して聞こえてくる。年末に向けては大都の”押す番”やアルゼ(実は私はアルゼが何を持ってくるかは非常に気になるがここ最近のアルゼは復活の傾向は著しい。株価も安定しだしているし)などが待ち構えているので5.1号機の本命機はやはり年末ぐらいには出て欲しいと思う。

 又、別の話ではある大手中古機販社のS本部長との話の中で「今後は中古機価格の相場がグッと上がりそうですね」との事。理由は現状の新台販売ではメーカー直販が主流になる中で販社などで新台販売をしてきた者が最近、独立したりして中古機販売の方へかなり参入してきた様だ。これによって中古機販売業者も最近では中古機情報をホールから直接情報を入手するだけでなく業者間での連絡で廻しているケースが多くなり結果、間に入る人達分のコストが中古機自体の価格に乗るので販売も難しくなってきたと言っていた。

巷で取り合い状態の”ラッキーボイス 機械の話ばかりで設備の話はと言うとこの自粛期間中である中でもある商材の話だけは活発に動いている。”ラッキーボイス”である。

 このラッキーボイスはとは最近ホールでジャグラーを打っている時にGOGO告知とともに「キュイーン!」とスロット台から音が聞こえてお客さんが驚き楽します装置らしいが導入してみたホールはお客さんの反響が良いとの事で口コミでホール間、業者間に伝わり最近ではこの商材の話題しきりである。

 この様な中で先週、名古屋のあるメーカーの社長からこんな話が「ラッキーボイスと同等以上の装置が出来たので見てもらえませんか!」との話。内容を聞いて見ると製造メーカーは某大手押ボタンメーカーの下請けで基盤製作などのを手掛ける技術メーカーが開発製造したらしい。ラッキーボイスは確か九州のメーカーが製造し広島かの総発販社で販売展開しているらしい。この商材には今後、幾つかのメーカーが参入する話を水面下で聞いているが設備の業界でこれだけ話が沸くのは正直、私はとても嬉しく思う
 
 何でもこの関連の商品はサミット期間中でも所轄にキチンとお伺いを立てれば地域にもよるが設置も可能との事でそれがイベント重視の現状ホールには救世主になっているようだ。

 只、ラッキーボイスだけに関しては価格が高いのがネックで導入コストは台当たり2万円弱との事。
だから後発メーカーが出てくるわけで、私が紹介された”サウンド チュチュ”はラッキーボイスに比べると価格は安く。スペックではより高性能になっているので発売は今月下旬だが予約先行している話だけでも何件かはある。詳しくはナイトウ龍司のパチンコ商品レビューにも取り上げてみましたのでご興味のある方は見てみて下さい。
ラッキーボイス同様ブレイクしそうな”サウンド チュチュ”

 私も人の事は言えないがまだまだ、たくましく業界で残る為にやって行くしかないようだ。(ナイトウ龍司)

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
パチンコ業界の商品をオンラインショッピング(通信販売)で販売致します。
遊技租界-通信販売百貨

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

| ナイトウ龍司-業界の眼 | 14:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。