遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ペット葬を追って東奔西走③【佐渡屋太郎-vol.82】

写真キャプション=葬祭センターに設置されたペット用の祭壇

 いまは4月6日(日)の19時。昨日の4月5日(土)は仕事を “完全休業”にして、待ちに待った“花見”を楽しんだ。桜は満開で、ときおり吹く春風に“花吹雪”が舞った。その妖幻な風景は、まさに“極楽”のようであった。人間があの世に連れていかれるほど、威力を持った美しさだった。そこで、佐渡屋太郎はピンク色に染まりながら、当初の宣言どおり、飲んで、飲んで、飲みまくったのである

 実は以前、Y嬢の父親から焼酎の一升瓶を、3本ほどもらった。そのうち、1本はすでに飲みつくし、当日は残った2本のうち1本の封を開け、瓶は重いのでペットボトルに詰め替えて、“花見”に持って行った。しかし、水割りで飲んでみると、味がおかしかった。フルーティでレモンのような風味があり、しかも甘いのだ。それをおかしい、おかしいと言いながら2~3杯も飲んでやっと気付いた。それは、紛れもなく日本酒であったのだ。

 3本のうち、1本に日本酒が紛れ込んでいて、それを知らずに持ってきたのだ。私はアル中になる危険性と、あの妙な甘みが太る原因になるという思い込みから、通常は日本酒を飲まないことにしている。しかし、Y嬢の父親が愛飲する辛口の「剣菱」が紛れ、間違えて持ってきたとあっては、飲まざるを得ないだろう。やはり、日本の桜には、日本酒の「剣菱」だ。そう、私は酒なら何でもいいのである。「辛口」といいながらやけに甘い酒を飲み、体全体を桜色に染めて、焼肉とトン汁とおにぎりを食べ、実に幸せな半日を過ごした。

 というわけで、いきなり“ペット葬”である。当初、2回で切り上げるはずだったが、3回も引っ張ってしまった。これも連日の原稿書きによる疲労と、“花見”が原因であった。今回でキッチリ終わらせるつもりだ。本来なら、昨日の“花見”で撮影した面白くて “淫靡”な写真を載せたかったのだが、パソコンのメモリーが一杯で写真が取り込めなくなっているのだ。これを書き終えれば、ほぼ300枚近くある写真データをMOに収録して、パソコンから取り出すことができる。

 さて、前回は“火葬”のところで話が終わってしまった。実は、その前に“葬儀”がある。それが冒頭の写真だ。まず、遺体を棺に納めなくてはならない。その棺の値段は紙製の廉価なもので、ある葬祭センターの価格表は、以下のようになっている。
■ 御棺価格
① W超小型(L31×W19×H10cm)=2100円
② W小型(L53×W34×H21cm)=9450円
③ W中型(L72×W43・5×H28.5cm)=13650円
④ W大型(L94×W45×H29cm)=16800円

 さらに、式場使用料が15750円からで、僧侶が読経するとその分がオプションとして加算される。祭壇は4タイプが用意されており、ある葬祭センター料金は以下のようになっている。基本的には写真枠、ミニ花筒、キャンドル、経机が付いており、花の量によって価格が異なってくるようだ。なお、オプションの付属品として、供花の花束、骨壷、遺影枠など各種のメモリアルグッズも用意されている。
■ 祭壇料金
① 基本祭壇=18900円
② ファンタジー祭壇=26250円
③ メルヘン祭壇=31500円
④ エンジェル祭壇=36750円

 また、住み慣れた自宅からの旅立ちをさせてあげたいというニーズを受け、“自宅葬”のプランを強化している葬祭センターもある。この場合は、センターのスタッフと僧侶1名が搬送車で依頼人宅に出向いて葬儀を挙げ、その後に家族とともにセンターに戻り、火葬や納骨を行なうというパターンだ。その“自宅葬”の価格は以下の通りだ。もちろん、遺体を火葬所まで運ぶ「搬送料」(0~10km=4200円など)も必要になる。
■ 自宅葬料金
① 白蓮コース 葬儀のみ=100000円
        通夜と葬儀=120000円
② 鳳凰コース 葬儀のみ=150000円
        通夜と葬儀=170000円

写真キャプション=ペットの遺骨が預けられた納骨堂の1区画。買主の愛情がヒシヒシと感じられる

 こうして葬儀が終わったあと、火葬が行なわれる。その料金のサンプルが前回に掲載した。個別火葬で拾骨された場合は、持ち帰るか葬祭センターに納骨されるかに分かれる。ここでは、センター納骨の場合を考えてみよう。このケースでは、遺骨を納骨堂に預けるか、墓地に埋葬するに分かれる。まず、屋内の納骨堂に預ける場合は、ロッカーのようなスペースを1年ごとの契約で借りることになる。この年間契約料は千差万別だが、ここでは比較的単純な料金構成で、しかも廉価な例を紹介する。
■ 納骨壇料
① スタンダード(1年間)=15,750円→2年目以降=14175円
② デラックス(1年間)=26,250円→2年目以降=23625円
③ 集合慰霊塔(1年間)=5250円→2年目以降=5250円

 一方、納骨堂ではなくて、専用墓地に埋葬するとどうなるか。ここでは、さらに大きな価格差が出てくる。ここでも、価格設定が分かり易く、比較的低めの価格であるケースを例に取ることにしよう。この場合、墓地のスペースは1区画が60×90cmの一律で、基本料として墓地永代使用料=210000円、工事料金=26250円、年間管理量=3150円の計239400円が必要になる。それに墓石により、3つのタイプに分かれる。
■ 墓地埋葬料
① 墓石Aタイプ=72450円→基本料金=239400円→初回納付金=311850円
② 墓石Bタイプ=91350円→基本料金=239400円→初回納付金=330750円
③ 墓石Cタイプ=141750円→基本料金=239400円→初回納付金=381150円

写真キャプション=霊園に建立されたペットの墓。この霊園には5000区画が造成されている

 では、もし私が飼っていた犬の「犬太郎」は死んだとする。果たして、私が望む送り方をしようすると、いくらくらい掛かるのだろうか。まず、搬送料は10km未満として4200円は掛かるはずだ。葬儀は私がヒンズー教徒なので(ホントか?)僧侶は必要なく、会場だけを使用して(15750円)、質素な基本祭壇(18900円)に、紙製のW中型の棺(13650円)に遺体を納めて行なう。

 次の“火葬”は、私の住む京都市で「1体焼却」をしているかどうか知らないが、田辺市並みにできたとして、4200円が掛かる。それで拾骨しても、私はマンションに住んでいるので、埋葬はできない。そこで納骨堂に預けるとして「スタンダード」でも年に15,750円が掛かる。こうした最もシンプルな形でも72450円と次年度から14175円の納骨壇料が必要になる。この額をペットの供養として、どう思うかという問題である

写真キャプション=共同供養されたペットの骨壷。共同供養塔の内部に安置されている

 ペットを家族の一員として考え、さらにわが子と思うなら高いも安いもないはずだ。心を込めて、送ってやりたいと思うのが“親心”である。現実に、そう思う人が増えてきているのは確かだろう。一方で、親が死んでも経済的な理由から、葬式を挙げない例も増えている。これが紛れもいない日本の現実だ。その差はこれからますます大きくなっていくことだろう。単に金額だけの問題ではない、大きな意識の差が生まれようとしている

 私個人としては、これまで飼ってきた金魚・鯉・亀・ハトに死なれたが、その都度家の裏にあったイチジクの木の下に埋葬して、あの世に送った。そのときは心を込めてお祈りしたので、みな成仏してくれていると思う。その後、私が食べた猫や犬の骨が、どのように処理されたのかは知らない。それは店側の問題で、私が考えることではないだろう。要は人それぞれで、いろんな考え方があるということだろう。それ以上のことを言うことは、私にはできない。(佐渡屋太郎


ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
業界販売価格調査で様々な商品の最安値が入札方式でわかる!
遊技租界-通信販売百貨

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

ホームページで広告収入をお考えの方
今なら無料登録だけで、もれなく1000円

スポンサーサイト

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 16:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ペット葬を追って東奔西走②【佐渡屋太郎-vol.81】

写真キャプション=高台に造成されたペット用の霊園

 いまは4月4日(金)の19時50分。昨日、やっと“ペット葬”の原稿をすべて書き終え、今日は「冬ソナ2」専門フロアの取材に行ってきた。それにしても、“ペット葬”の原稿は徹夜をして実質的に2日間で書き上げたが、久し振りに“仕事をした!!”という感じがしている。したがって、いま佐渡屋太郎は満足感に浸っているのである。そして、明日の4月5日(土)は待ちに待った“花見の宴”となる。最高のパターンだ。

 まさに “天国と地獄”で、原稿書きの“地獄”を潜り抜け、やっとこの手で“天国”まで這い上がってきたという感じだ。明日の天気予報は“晴れ”で、天気も私たちの“花見の宴”を祝福してくれているようだ。さあ~、明日は飲むぞ、飲むぞ、飲むぞ~!と、気合が入っている佐渡屋太郎である。

 さて、その前に“ペット葬”であった。これを書かないと今日は帰れないのだ。明日、気持ちよく飲むためにも、この原稿を書かなければならない。しかし正直言って、もうヘロヘロで書く元気が出てこない。とうことで、最後の力を振り絞るために、飲みながら書くことにした。しかし、“ペット葬”は凄かった。これも現代社会の流れを象徴する1つの現象ではあるのだろう。

写真キャプション=納骨堂に並べられた愛するペットたちの「骨壷」

 現在、ペット葬祭業者は800社ほどあると言われている。しかし、その実態は正確に把握できていないのが現状だ。聞くと、家族でやっているような小規模業者が、その多くを占めているという。なかには移動火葬車で全国をまわり、遺体を火葬炉に入れてから、法外な火葬料を要求してくる悪徳業者もいる。こちらも“有象無象”の世界であった

 今回は“ペット葬”の実態を知ってもらうために、そのポイントを数値で紹介することにする。もう、考える力がなくなっているという私の事情もあるが、へたな御託を並べるより、数字を見てもらった方が実態がよく分かってもらえると思ったからだ。まず、前回からのめり込んでいる“火葬”からいくことにしよう。火葬の方法は大きく分けて3つある。

 まず、「合同火葬」で何体かを一緒に火葬する。次は「個別火葬」で1体ごと焼く。ただ、これにも焼き方があって、拾骨(骨を拾うこと)できるような焼き方とそうでない焼き方がある。拾骨できるようにするには、弱火でじっくり焼かなくてはならない。強火で一気に焼いてしまうと、小さい動物など骨が残らないケースも出てくる。この焼き加減が実に難しいのだ。

 何だか、料理教室みたいになってきた。そこで、拾骨できることを前提にしたのが「拾骨火葬」という。この焼き方によって、料金が異なるのである。それと動物の大きさによっても、もちろん料金が違ってくる。これをあるペット葬祭会社の料金表で見て見よう。ちなみに、この業者は良心的な価格設定を行なっている。これを参考にしてもらいたい。

動物の種類              合同火葬→個別火葬→拾骨火葬
① ミニペット(小鳥・ハムスター) 3150円→6300円→8400円
② 小動物(ウサギ・フェレット・ガチョウなど)5250円→8400円→11500円
③ ネコ                7350円→10500円→13650円
④ 小型犬(6㎏未満)       9450円→12600円→15750円
⑤ 中型犬(18㎏未満)      11550円→14700円→16800円
⑥ 大型犬(36㎏未満)      合同火葬不可能→21000円→25200円
⑦ 超大型犬(36㎏以上)     合同火葬不可能→25200円→31500円

写真キャプション=「個別火葬」が行なわれる特注の火葬炉

 ざっと、こんなものである。確かに、自治体のゴミ処理場で焼却してもらうよりは高い。ちなみに、前回に紹介した「田辺市ごみ処理場」では、「全体焼却」(合同火葬)=1050円、「1体焼却」(個別火葬、拾骨火葬)=4200円であった。ここには焼却のプロがいて、どんな動物でも「1体焼却」なら拾骨できるように焼いてくれる。では他の自治体では、どのような料金設定をしているのか。ここでは千葉県の成田市、八街市、富里市の3市で管理運営している「八富成田斎場」のペット火葬料金を紹介する。

種別        料金
特大(30㎏以上) 5250円
大 (20㎏以上)  4200円
中 (10㎏以上)  3150円
小 (10㎏未満)  2100円

 この大まかな分類で、しかも思いっきり低料金であるところが、いかにも“公的機関”らしくていい。だから、各自治体に“ペット火葬”の要望が寄せられているのである。遅れている自治体では、「一般ゴミ」と一緒にしか焼却できないところもある。いまは、ペット用の焼却炉を備えたところも増えてきているが、1体ごと焼き、しかも拾骨できる焼き方をしてくれるところは少ないのである。だから、佐渡屋太郎はわざわざ和歌山の田辺まで行ってきたのである。と、書き出したら止まらなくなってきた。いま、Y嬢から電話があり、“早く帰ってこい”ということなので、今回は“火葬”の部分だけで終わることにする。

 明日は待望の“花見”だが、その前に“火葬”や“骨”の原稿を書いているのも、因果なものだ。これはもう、西行や坂口安吾の世界に行ってしまいそうだ。明日は“桜の下”で、死ぬまで飲もうと思っている佐渡屋太郎でした。こんなことを書いても、若い人には分かってもらえないだろうな。悲しい~!。
佐渡屋太郎) 


ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
オープニングセール実施中!エアークリーナー¥350.-激安
遊技租界-通信販売百貨

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘       



| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 14:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ペット葬を追って東奔西走①【佐渡屋太郎-vol.80】

写真キャプション=紀伊田辺駅ののどかな風景

 いまは3月26日(水)の20時10分。和歌山県の田辺から帰って、写真データをパソコンに取り込み、花に水をやって落ち着いたところだ。今週はやたらと動き回っている。そう、今週の佐渡屋太郎は“ペット葬”の取材で東奔西走しているのだ。

 今日は田辺市のごみ焼却場へ行ってきた。この市営の焼却場では、死んだペットを1匹ごと焼いてくれるサービス(”サービス”と言っていいのかどうか分からないが)を行なっている。これを専門用語で“1体焼却”という。これは自分のペットの“拾骨”(文字通り、骨を拾うこと)をして、埋葬したい人向けの焼却方法を採用してしているのだ。

 一方、ただ焼却のみを頼んだ場合は、その日に集まったペットの死体を一緒に焼く“全体焼却”という方法が取られる。この場合は骨を残す必要がないので、高温で一気に焼いてしまうので灰しか残らない。ちなみに、“1体焼却”は4200円、“全体焼却”は1050円。平成18年度は“1体焼却”が229件、“全体焼却”が320件もあったという。そもそもこの“1体焼却”も市民の要望で始まったのだ。ペットブームの裾野は確実に広がっている。

写真キャプション=山の上にそそり立つ“1体焼却”の田辺市ゴミ焼却場

 パチンコとは関係ない話になって、またK部長には叱られるかもしれないが、いま佐渡屋太郎の頭の中は“ペット葬”で一杯なので許してほしい。このブログのヘッドバーナーにも、「犬と私の10の約束」の映画の広告が入っているではないか。別にタイアップしているわけではないが、“猪八戒”が気を回したのかも知れない。今日も話してきたのだが、とくに家の中でを飼うようになると、ペットも立派な“家族の一員”になってしまう

 次回にはもっと実態に迫るつもりだが、いまペットブームは凄いことになっている。それだけ、現代人は“癒し”を求めているということか。ペットを亡くした人の“ペットロス症候群”や、その悲しみを乗り越える“グリーフケア”も、今後の大きなテーマになっているのだ。私も小さい時には、鯉を飼うため、親に黙って庭に池を掘って怒られ、小学校から高校に入る前まで、ハトを20羽も飼って、隣近所からの苦情の嵐と戦っていた。屋根や洗濯物がフンだらけになるからだ。

 あのハトの売買は実に面白かった。ハトも色や模様によって値段が違うのだ。当時、モザイク=450円、パク(純白)=400円、差し毛=350円、ゴマ・2本線=200円が相場であっただろうか。これを小学生の佐渡屋太郎が掛け合わせて増やし、中学生や高校生と値段の駆け引きをするのだ。まさに“ハト商売道”である

 その一方で犬を拾ってきて、泣きながら捨てに行かされたこともある。東京の学生時代には古アパートに住み着いた猫が、私の部屋を自由に出入していた。帰ると私のフトンに、デカい顔をして寝ていることもあった。そう言えば鶴橋に“拠点”を構えていた頃、海外旅行に行くという女の子から3週間ほど猫を預かって、全身を“猫蚤(ネコノミ)”にやられたこともある。あれはひどかった。しかし思い返せば、常に動物は身近にいた。

写真キャプション=駅前に立つ田辺が生んだ武蔵坊弁慶の銅像

 しかし、長じてからは中国でネコを食い、韓国では犬も食った。インドでは夜になると狂犬病にかかったような凶暴な犬の群れとよく出食わし、こちらも狂ったような人間チームではあったが、棍棒を手にどちらが強いか競い合った。先週の3月22日(土)もY嬢と天王寺動物園に行ったのだが、羊やヤギを見ると美味そうで涎(よだれ)が出て困った。ちなみに、長刀で有名な武蔵坊弁慶は、田辺の生まれだということを今日はじめて知った。駅前に銅像があったので写真を撮ってきた。今度、犬とやりあうときは、是非ともメンバーに加えたい人材である。

 あの私のやさしい心は、一体どこにいってしまったのだろうか。しかし、近頃の人間の心は確かに弱っている。動物はその弱った心を癒してくれるのだろう。だから、死んだらきちんと葬ってやろうという気持ちの表れなのかもしれない。思うことはいろいろあるが、テーマとしては実に面白い。今後、さらに大きなビジネスになっていくだろう

写真キャプション=駅前商店街で見つけた私の名前を冠したユニークなビル 今日はそのために9時に部屋を出て、京都から「スーパーくろしお」に乗って、和歌山まで行ってきたのだ。久し振りに海を見ることができたのが収穫だった。ごみ処理場は山の上にあったのだが、桜も満開に近い状態だった。今週は原稿を抱えているが、花見は3月29日(土)にやるか、4月5日(土)にやるかを真剣に悩んでいる佐渡屋太郎であった。



ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
業界販売価格調査で様々な商品の最安値が入札方式でわかる!
遊技租界-通信販売百貨

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 13:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。