遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

業界のコンセンサスは得られるのか【佐渡屋太郎-vol.134】

写真キャプション=多くの参加者を集めたPCSAの公開経営勉強会

 いまは1月26日(月)の21時20分。本日、2本目の原稿である。“パチンコ業法”の4部作もやっと最終回に辿りついた。このテーマにもそろそろ飽きてきて、次の愛知県の換金手数料問題に移りたいのだが、変なシリーズを始めてしまったので仕方ない。自分で自分の首を絞める結果になってしまった。ただ、この“パチンコ業法”の問題については、パチンコ業界外の人たちに読んでもらって、その反応を知りたかった。実際、反応があるのかどうかは分からないが、一応、玉は投げておいたので、あとは返球されてくるのを気長に待つことにしよう。

 さて、前回はパチンコ業法制定に関し、国民のコンセンサスを得るための方法についての提案を紹介した。しかしこの件に関しては、パチンコ業界内のコンセンサスも得られていないのが実状だ。先に「パチンコ業界はまとまりがない」という指摘があったが、この件においてもその特徴が遺憾なく発揮されているようだ。ただ、業法制定後の具体像を示されてみると、しばし考え込んでしまうのが正直なところではないだろうか。それは小泉元総理ではないが、業法制定が“痛みを伴う改革”であるからだ。

 ただ、この問題については先に説明したカジノ法案の件があるので、何らかの結論を出さなければならないだろう。無関心であることも、逃げ出すこともできないような状況になりつつある。業界の全体的な構図を見ると、先進的な大手ホール企業は「賛成」、その他の圧倒的多数を占める中小ホール企業は「反対」もしくは「態度保留」というのが、実際のところではないだろうか。「反対」や「態度保留」の理由は、自分たちのホールや企業の“存続”が脅かされると考えているからだ。

 換金が合法化されれば、大手ホール企業が株式の公開を果たし、ますます資金力がアップする。また、法律的な問題がクリアされれば、他業種の大手企業がパチンコに堂々と参入してくることも考えられる。現在でも大手の競合店の脅威に晒(さら)されているのに、その力がさらにアップし、加えて他業界からの参入で数が増えれば、ますます中小ホール企業の存続は危うくなる。

 また、規制が厳しくなり、管理体制が強化される中で、果たしてこれまでのような営業が続けられるのかという不安もあるだろう。射幸性を煽ることを厳しく自制するなかで、果たしてこれまで以上の集客ができるのか。さらに、利益の地域還元を持ち出すまでもなく、経営環境は確かに厳しくなるだろう。晴れて市民権を得たパチンコの“薄利”のなかで、果たして経営が成り立つのか。また、新システムに移行した後にファンの数が増え、本当に “多売”が期待できるのか。具体的に言えば、これまで営業を支えてくれていたヘビーユーザーをはじめとするパチンコファンは、果たしてこの新たなパチンコを認め、ホールに通ってくれるかということだ。もし、その期待が叶えられなかった場合、一体自店や自社はどのような事態に陥るのか。考えてみれば、不安要素は想像以上に多い。

 一方、ホール組合側としては、別の問題もある。監督官庁である行政との関係だ。パチンコ業は言うまでもなく、行政から許認可を受けて営業を行なっている。また、その営業も日常的に監視を受け、その指導のもとに行なわれている。しかし、そうした行政指導の“温度差”や基準の曖昧さへの批判も、業法制定の1つの動機になっていることも確かだ。ただ、中小ホール企業を中心に現状には不満は持っているだろうが、できるなら現行の“システム”の維持を望む声は多いだろう。そうした声をホール組合は受けている。したがって、行政とともに行けるところまで行くという姿勢なのであろうか。

写真キャプション=㈲シムインターナショナルの代表取締役、PCSAリソースパーソンの宮本正暉氏  片や、ホールで働く人たちの立場もある。パネラーの宮本正暉氏(㈲シムインターナショナル代表取締役、PCSAリソースパーソン)は、コンサルタントとして多くのホールスタッフと接している。このパネルディスカッションではスタッフの代弁をする形で、換金合法化をはじめとする業法制定に関する意見が述べられた。

 宮本「とくに新卒の人たちは、この業界に夢と希望を持って入ってくる。その大卒の数は、いろんな業種のなかでもトップ10クラスに入っていると思う。しかし、今の法律や毎日の許認可のいろんな手続きのなかで、夢をいつのまにか失っていってしまう。そして、将来の人生や夢などをどこかで少し考えざるを得なくなっている。そんなとき、きちっとした法律があれば、もっと前向きにいろいろなことが考えられるし、お父さんやお母さんや親族に堂々と『パチンコ屋さん』ですと名刺が出せるようになると思う。だから、ここにお集まりの方々が法律を整備してあげないと、これから業界に入ってくる人も、いま業界を支えてくれている人たちも、これからのエネルギーになっていかないと思う」

 では、いよいよ業法制定に対する業界の姿勢への意見を紹介することにする。今回、発言を掲載したのは、第1回目にも登場した次の2名である。1人は自民党政務調査会の中にある観光特別委員会の「カジノエンターテイメント検討小委員会」の委員長として、日本における“カジノ合法化”に取り組んでいる岩屋毅衆議院議員。あと1人は「民主党娯楽産業健全育成研究会」の事務局長として、パチンコの“業法制定”に取り組んでいる牧義夫衆議院議員である。

写真キャプション=自民党で“カジノ合法化”に取り組む岩屋毅隆議員 岩屋氏「業界内で団体がいくつもに分かれ、それぞれ違うことを言っている状況では、この立法作業を進めていく基盤がまだできてないと判定される恐れが非常にある。国会のなかにおいても国民の皆さんからから見ても、業法を本当に切り出していこうというのなら、ぜひ団体間の話し合いをしっかり進め、コンセンサスを業界全体として作ってもらうのが大前提になるのではないかと思う」

 牧氏「05年に遊技新法の骨格を作って、業界5団体の皆様方に持ち帰って検討してもらったことがある。その返事さえいただけないところが残念ながら2つ、3つあり、残る1つはかなり否定的な意見をいただいた。前向きな返事をいただいたのはPCSAのみであったが、これはどこの業界にも言えることだと思う。前向きのところと抵抗勢力と、それはどんな業界にもいろんな内部的な温度差というのは当然あると思う」

写真キャプション=民主党衆議院議員の牧義夫氏 牧氏「ただ、私たちは裁量行政の限界を感じて提案をさせてもらったし、カジノが現実に目の前に来ている。そんな中で、これまでも行政当局に片目をつぶってもらうなかでやってきたから、これからもそういう形でいいという意見も当然あると思う。ただ、もうそんな時代ではないのではないかと思う。そんなことを言っていたら生きていけないところにまで差し掛かっているという認識のもとで、私たちは提案をさせてもらった。生き残るためには、自分たちが変わらなければならないという段階に、私たちは来ていると思う」

 つまり、もし業法改正をするのであれば、まず必要なのは業界内のコンセンサスづくりだ。その第1歩目で“停滞”しているというのが現状ではないか。業界が “停滞”しているうちに、カジノ法案をはじめとした周辺の状況だけが進展して、それが逆に大きなプレッシャーとして業界にのしかかってくる。正直言って、業法制定に関する業界のコンセンサスを得るためには、非常に困難な作業が必要だと思う。これまでのように、周りから追い込まれて初めて、業界の“道”を否応なく選択せざるを得なくなるのではないか。

 しかし、物事は具体化して考えないと、なかなか先に進んでいかない。その意味ではこのPCSAの勉強会で業法制定に関する具体像が、ある程度示されたことは大きな意味があることだと思う。「賛成」「反対」の意見は当然あるだろうが、早急に腹を割った議論を深めて、だいたいの“着地点”は想定しておかなければならない。果たしてこの重要テーマが今後、どのように展開していくのであろうか。いろんな面で、パチンコ業界は“変革”を求められている。(佐渡屋太郎)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力banner_22.gif
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
スポンサーサイト

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 10:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

“パチンコ業法”はなぜ必要なのか【佐渡屋太郎-vol.132】

写真キャプション=ビッグタイトルの展示会で賑わいを見せる大阪のパチンコ村

 いまは1月24日(土)の18時10分。今週は出ずっぱりの1週間だった。パソコンの前にこうして座るのも、久し振りな感じがする。昨日の1月23日(金)は、関西の某所にあるホールに行ってきた。何やら分からないが、話を聞いてほしいという依頼があったからだ。それで行ってみると、これからあるプランを実行するので、このブログで紹介してほしいということだった。久し振りに“元気な”ホール関係者に出会った。実に自信満々である。聞けば、この1年間にわたって“ホール改革”を敢行して実績を積み上げ、その次のステージに移行するために、あるプランを打ち上げるという。目的は競合他店の“引き離し”である。

 つまり、この1年の改革によって不振店であったそのホールは、やっと他の競合店と肩を並べるくらいのレベルに達した。その力をもとに、あるプランの実践によって、一気に競合他店を抜き去り、“引き離し”に掛かろうというわけだ。そのエリアは関西でも“超激戦区”として有名で、他県からの進出ホールも1年で撤退したほど、地元の強豪店が軒を連ねている。その中にあって、このホールは600台クラスの大型店であった。パチンコとパチスロの設置比率はほぼ7対3で、パチスロの売上が1年前に比べて150%の伸びであるという。さらに今後は“パチスロ増台”の計画も持っている。何とも不思議なホールだ。
 
 その背景には、機械調整、販促戦略、人材教育に関し、かなりユニークな戦略がある。ただ、まだその詳細を紹介することができない。乞う、ご期待である。1つだけ言えるのは店長の存在だ。この店長は以前、全国展開をする大手ホール企業の “切り込み隊長”として、新たに進出したエリアで次々と新店を立ち上げてきた。実はこのホールにも、“不振店の立て直し役”として雇われているのだ。こういうのを、“立ち上げ屋”とでも言うのであろうか。ホールの置かれた実状、エリアのマーケット特性、競合店の状況などを見極め、実際にホールに入って、機種構成、機械調整、販促、人材教育のノウハウを駆使して、“ホール改革”を展開する。

 ちなみに、一般的な“立ち上げ屋”の場合、結果はすべて数字に表れてきて、その責任を負わなければならない。成功すれば、その分は報酬として反映し、成果が出なければそのホールを追われることになるだろう。成功して軌道に乗れば、また次の不振店に雇われていく。この“立ち上げ屋”は何ともスリルに溢れ、やりがいのある仕事ではないか。実はいま、経営に自信をなくしたホールオーナーが、自店の経営や運営を第3者に“丸投げ”するケースが増えている。一方、経験を積んでホール業務に精通し、自分の身につけた様々なノウハウを武器に、不振ホールの立て直しに挑む“立ち上げ屋”の存在も次第にクローズアップされつつある。一度、本格的に取り上げみても面白いだろう。佐渡屋太郎も少し、この店長に密着してみようかと思っているところだ。

写真キャプション=PCSA公開経営勉強会で壇上に並んだパネラー


 前置きが長くなったが、今回のテーマはPCSA公開経営勉強会の第2弾である。タイトルは「“パチンコ業法”はなぜ必要なのか」というものだ。パチンコ業界外の読者の方もいるので、テーマに入る前に少し説明が必要だろう。まず、パチンコ営業は「風俗営業等の規則及び業務の適正化等に関する法律」(風適法)という法律のもとに、営業を行なわなければならない。つまり、この法律には様々な規制が定められており、その規制のなかでしか営業を行なえないわけだ。この法律は昭和23年7月10日に制定され、パチンコ営業は昭和29年からその管理下に置かれることになった。

 この法律が制定された目的は、その第1条に「この法律は、善良の風俗と清浄な風俗環境を保持し、及び少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するため、風俗営業及び性風俗特殊営業等について、営業時間、営業区域等を制限し、及び年少者をこれら営業所に立ち入らせること等を規制するとともに、風俗営業の健全化に資するため、その業務の適正化を促進する等の措置を講ずることを目的とする」と記されている。

 この法律でいう「風俗営業」に該当するのは第2条の第1号から第8号まであり、パチンコはその第7号の「まあじゃん屋、ぱちんこ屋その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業」に該当する。ちなみに、ゲームセンターなどは第8号に該当する。パチンコを「7号営業」、ゲームセンターを「8号営業」と呼ぶのも、この法律による区分けがもとになっている。

 こうした現状に対し、パチンコを風適法から切り離し、パチンコ業だけの特別な法律を作ろうというのが、“パチンコ業法制定”の動きである。その背景には、換金の合法化などパチンコ業界特有の問題もあるし、この法律自体が内包する問題点もある。では、それはどんな点なのだろうか。今回、公開経営勉強会での発言を収録したのは、前回も登場した牧義夫氏(衆議院議員、民主党、民主党娯楽産業健全育成研究会事務局長、PCSA政治分野アドバイザー)、牛島憲明氏(元㈱ジャスダック取締役兼執行役員、PCSA経営アドバイザー、PTB有識者懇談会委員)、三堀清氏(三堀法律事務所、弁護士、PCSA法律分野アドバイザー)の3氏である。

写真キャプション=民主党衆議院議員の牧義夫氏 牧氏「カジノの話があるなしに関わらず、グレーゾーンを背景とした行政の裁量の中に、これだけの規模の産業を放置していることは、私たち立法府にいる者にとって不作為という謗り(そしり)を免れない。そういうなかで私たちは立法化に向けての勉強を進めている。取り締まり当局は、そういうことは立法に馴染まないとあるいは言うかもしれないが、それは行政の言うことではない。議論をして国民の皆様と制度を作り上げることは、私たちの責務であると考えている」

写真キャプション=元ジャスダック取締役兼執行役員の牛島憲明氏 牛島氏「昭和23年に風営法、風適法ができてから、非常に長い時間が経っている。そのなかで国民のニーズに合わないような制度疲労が起こっているのではないか。だから、業界を規制する新しい法律を作るべきだ。わけても大事な点は換金の合法化で、その法律の中で明確にしたいと思っている。ただ、30兆円産業だとか、30万人、周辺企業で50万人が働く業界と言われているが、残念ながら業界はまとまりがない。これだけ大きくなった業界なのに対外発信力がまったくない。今後は世の中を実情に合わせて変えていくためにも、業界としてのまとまりが非常に大事だ。個別企業やグループの利益ではなく、国民経済の立場に立って、この業界として何ができるのか。何を貢献できるのかを考えて、法制化を進めていく必要がある」

写真キャプション=パチンコ業界に詳しい弁護士の三堀清氏 三堀氏「風適法の規制は盛り込み過ぎで分かりにくい。盛り込み過ぎで規制の基準が分かりくいという点が、この業界の悪い面の1つの原因になっているのではないと考えている。またその基準の曖昧さが、行政の裁量が色濃く出てくる原因にもなっている。これは官と民の両方によろしくない影響を与えていると思う。まず官に対する悪い面は、基準が曖昧なために、一部の業者を優遇しているように見えたり、一部の業者をいじめている規制をしているように見える。すなわち、行政の清廉性、公平性を疑わせる原因になっているのではないか。一方、民に対しては、不明瞭な規制であるのをよいことに、抜け駆けや違法行為をする業者がまだまだあり、順法精神を欠いたような経営の温床になっている点だ。また、新しいサービスの方法、営業の方法に付いていきにくい規制の構造がある点も問題だと思っている」

 三堀「法律の目的は第一条に書いてあるが、善良な風俗、清浄な風俗環境を守ること、それから青少年の健全育成に障害を及ぼす事柄を防止することに尽きる。パチンコ屋さんはその射幸性ゆえに規制の対象になっている。その射幸性を抑制するために、色々な規制を受けている。射幸心というのは前に字引を引いたら、『怠け者が働かずに一攫千金を夢見る心』となっていた。そういう雰囲気を周辺環境にやたらに流したり、働かずにパチンコ屋で勝負して生活を成り立たせようという考えを持つ人が多く生まれないようにするのが目的だと思っている」

三堀「その観点からすると、お金をかけると賭博罪になってしまうということはあるが、過剰な投資をせず、過剰な見返りもないという形にすれば、お金をかけてもいいのではないかと考えている。たとえば、デリバティブ取引なんて賭博以外の何物でもない。かなり大きな、スケールからいけばカジノの比ではない勝負をする。逆に小さいところではネットゲームにおけるリアルマネートレードといって、ゲームのポイントをお金で売り買いするという実態がある。問題提起をする人はいるが、賭博であるとは見られていない。このように賭博なのか賭博類似行為なのか分からないものが、かなり広く行なわれている実態を直視して、現状のパチンコはどうなのかというところをもう一度見直し、それでは換金はどうなのかというもう少し根源的な問いをしていただきたい」

 いよいよ問題は佳境に入ってきた。これからは間を空けずに、テンポよく、矢継ぎ早に問題の核心まで迫っていきたいと思っている。さて、乗ってきたので早速、次の原稿に取り掛かることにしよう。(佐渡屋太郎)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力人気ブログランキングへ
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘



| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 17:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。