遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ホールがツイッターを活用し始めた!新しい展開が来る【ナイトウ龍司-其の七拾参】

エンターテイメントスペースBOSSさんのP-worldの公式ホームページ


今日は2月28日(日)、もう、2月も終わりだ。早すぎる日々の移り変わりに私自身ついていけてない気がする。

実は先ほどまで携帯で佐渡屋兄貴と業界話で長々と激論していた。

先週も業界関係者との定例会で酒も飲まず、3時間ほど業界活性化の話をしたが、最近は販売側の人達が業界の将来を危惧して、色々な場でディベイトして業界を良くして行きたいと話合う事が多くなっている。

その会話には某TV番組の深夜に行なわれている「朝まで・・・」の様な訳のわからない自慢話などなく、参加する者達はいつも各個人の主観と情報量をぶつけ合うので、非常に勉強になる。

特に当ブログ主催の佐渡屋兄貴はメディア関連なので情報がすこぶる早く、その内容もブログに書けない情報がほとんどと言ってもよいぐらいだ。

その様な環境の中で、最近はホールの活性化の話を軸に、色々なテーマで語り合う事が多い。

今晩の佐渡屋兄貴との話も、円パチの今後の動向についてだった。

この話は現状、ホールサイドよりはメーカーサイドの改革が優先的だという事で話していた。

この話の中でも、最近はメーカーの開発サイドからの相談が、メディア業界にも来ているらしい。

もはや、版権だけのありきたりの機械ではダメだと踏んだメーカーもある様で、抜本的な機械改革を慎重に行なう為に、あらゆる分野の業界関係から意見やソースを提供してもらう為に回っているという。

とても、良い話だと心から思う。

今回は、その様な話の中で当ブログ”遊技租界”が昨年末より開始した、ツイッターを活用してホールをいかに活性化して行けるかという話を書きたいと思います。

実は、このツイッターの記事を書いてから沢山の業界関係者の方からフォローを頂いて、すごく感激している。

当初、佐渡屋兄貴と『ツイッターってどうやったら、いいのかなぁ』と話していたが、訳もわからないまま勝手にやっているのにもかかわらず、ツイッターをされている方からは優しく応援されている気がしている。

業界人が少ないかと思いきや、結構多く。フォローし、フォローされる中で『ブログ見てますよ~』などのメッセージを受けると、本当にこの何年間か遊技租界をやってきて良かったと思える。

このツイッターを始めて感じる事は、ブログにはない、ヒューマニズム(人間性)な交流がジンジンと伝わってくる。

不思議な感覚だ。 顔も合わせた事もない人ともすぐに会話できる。勝手にイメージが膨らみ楽しくなってくる。

本当に良いツールだと思っている。

最近では、メッセージをやり取りしている人と近々、近所で業界話で会食しましょうと誘いもあった。

とても、リアルだ。また、お客様側であるホールのオーナークラスの方ともツイッターを通じて業界の意見交換をさせてもらう事もできてきたので、今までの関係では聞けないような事でも聞ける事はとても勉強になる。

そして、ツイッターを始めた中で、昨日一件のフォローが入ってきた。

それは大阪の門真市にある”エンターテイメントスペースBOSS”というパチンコ店”@BOSS__kadoma"(BOSS門真店なう )さんからのフォローだった。

BOSS門真店なう さんのツイッターホームページ



実は、最近私はこのツイッターを活用して、ホールの新たなマーケティングができない事かと模索していた。

そのような中で、BOSS門真店なう さんからのフォローをもらって、すぐフォローを返した。

するとダイレクトメッセージで返ってきた文面を見た時に、『これだ!この展開を待っていた!』と感じた。

BOSS__kadoma: 日本初!?パチンコ店公式ツイッターアカウントです。たぶん日本初は言い過ぎですけど…。今までにないパチンコ店を作りたいと考えています。よろしくお願いします


この文面はダイレクトメッセージなので、公開してはならないのだが、(すいません・・見せたいので、でも、ブログじゃ画像がつぶれてますね(汗))『BOSS__kadoma: 日本初!?パチンコ店公式ツイッターアカウントです。たぶん日本初は言い過ぎですけど…。今までにないパチンコ店を作りたいと考えています。よろしくお願いします』とツイッターのダイレクトメッセージが送られてきた。

この文面の『今までにないパチンコ店を作りたいと考えています。』と『パチンコ店公式ツイッターアカウント』という内容が非常に前向きな気持ちの表れが伝わった。

早速、BOSS門真店なう さんのツイッターホームページを拝見すると、予想以上の現実があった。

それは、そのツイッターの書き込みにホールに対する誹謗、中傷が一切入ってない事がとても印象的だった。

今まで、ホールは会員管理や販促ツールとしてメールサービスを活用したり、インターネットの伝言板を活用したりしてきたが、最後は店の中傷や批判で、折角の店側の『お客様に対するサービスの向上がしたいと思う気持ち』が思いの途中で分断されるケースが多かった様に思われる。

しかし、コチラのページでは純粋にお客様に対して店側とBOSS門真店なうさんの人間味が展開されている様に感じれた。

私が、ここで何が言いたいのかは、店に来てくれている一般のエンドユーザーの方にここを理解してもらい。

ホールはお金儲けだけで、営業しているのではないのです。その中で働く人達は一般の会社で働く人達と一緒で、会社で働く人達が、自分の会社を一つでも良くしていこうと思う気持ちは働く者は皆、一緒なのです。

だから、働く場所は違えど、ホールでこの様に心情を身近に伝えるツールをツイッターで公開しているホールを理解し、この店のファンとして温かく応援して欲しいのです。

この一つの行動が真のファンを生み出すと私は思うのです。

このブログでも『ぱちんこ情熱リーグ』という内容を何度か、掲載してますが、これに挑戦しているホールもお客様に対しての気持ちは、今は業界皆、同じだと思います。

今、パチンコ店は前代まれにない不況の中にいます。そして、生き残りをかけて打ちに来てくれたお客様に対してイベントも含めて情熱を発信しているのです。

私達、業界人でも別サイドから見たら、今のホールは辛そうにも見えます。

機械メーカーが提供する機械は、打ちに来るお客様の満足度に対応できる機種も少なく、そして値段も高い。

商売ですので、メーカーにも機械代を支払わなくてはならない。しかし、ギャンブル商売なので来てくれたお客様にも勝たせてあげたい。

これを実行して、本当にパチンコ店に儲けはあるのでしょうか?
真面目に営業していく中で、今、ホールは真のファン作りを気付いて行動していくホールが増えているのです。

ホールも機械メーカーを頼って展開していく時代も終わって行くかもしれません。

パチンコ店を社会悪者の様に世間では書きたぐる方もいますが、今、パチンコ店は進化しています。

CO2削減などでもパチンコ店は今、電気使用量削減などで動き出しています。数年後、この業界がどれだけ社会貢献するか楽しみです。

その様なパチンコ店を私達ファンは、パチンコ店を単純なお金儲けのギャンブル場だけではなく、別の一面からファンとして温かく、各パチンコ店を見守って頂けたら、きっと”大衆娯楽”としてパチンコ店が明るく楽しい時代が戻ってくる気がするのです。

最後に、言いたいことを言いましたが、パチンコ店様へのご提案は、このツイッターの様なツールはどんどん活用してもらいたいと思います。

理由は以上述べましたが、何よりの魅力はツールが無料なのですから、コストをかけずに自店のソースで勝負できるのです。

パチンコ店を良くするツールはお金をかけたから全てうまくいく訳ではないので、この様なサービスもやってみる価値はあります。

ツイッターを起こされたパチンコ店様はフォローや御連絡下さい。業界に携わる方ならパチンコ店様だけに限りません。

遊技租界はブログや@pachinko_botで皆様のご紹介も今回の様にして行こうと考えています。

私が日頃から思う。全てのパチンコ店が良い方向にいく為に、何ができるか!

まず、このツイッターを始めて希望の光が一つ見えたナイトウ龍司でした。(ナイトウ龍司)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
banner_22.gifにほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題 ブログランキング★パチンコ ブログランキング★パチスロblogramランキング参加中!
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
スポンサーサイト

| ナイトウ龍司-業界の眼 | 03:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

受動喫煙防止対策にパチンコ店舗はどう対処するべきなのか【ナイトウ龍司-其の七拾二】

吸い終わったタバコの空ケース、何処となく哀愁が漂っている


今日は2月26日(金)、昨日TVで厚生労働省が、多数の人が集まる公共施設を対象に求めた「全面禁煙」の通知しているというニュースを見た。

このニュースは確か、3日前程にも同じ内容で流していたが、その時にはパチンコ店は報道の中には含まれていなかったのに今回は、パチンコ店もしっかり報道内容の中に含まれていた。

ちなみに今回、厚生労働省が通知で、原則全面禁煙を求めた主な施設は次の通りらしい。

【公共施設】

学校、体育館、病院、官公庁施設、社会福祉施設

【娯楽施設】

劇場、美術館、博物館、屋外競技場、パチンコ店、ゲームセンター

【商業施設】

百貨店、商店、飲食店、金融機関

【交通関係機関】

駅、バスターミナル、航空旅客ターミナル、旅客船ターミナル、鉄道車両、バス、タクシー、航空機、旅客船

【その他】

集会場、展示場、事務所、ホテル、旅館などの宿泊施設

これを見る限り、もはやタバコを吸う場所は地上で見つける事の方が困難だと思える

私も喫煙者ですが、ここ1年くらいで1日に吸うタバコの本数は減ったと自分でも感じている。

それは、単に自分で意識して減らしているのではなくて、タバコを吸う場所が減ってきているので、自動的に吸う回数が減っただけの事だろうと思う。

このタバコを吸うという行為は、タバコを吸わない人から見ると、とても不快な姿に映りますが、いざ簡単に止めれるかと言うと私には難しいようです。

ただ、吸うマナーには気を付けるようにしています。タバコを吸う時も、喫煙可能な場所であっても、近くに子供や妊婦さんがいる所では吸わない様に努めています。

もちろん、家族と一緒に行動する際も、外食する時も同じく喫煙する事はありません。

この理由には、受動喫煙などという言葉を聞く前から、タバコの煙は迷惑がかかるし、嫌だろうなと言う気持ちが勝手に行動に出ただけなので、いちいち、厚生労働省に言われなくても喫煙者はそれなりに理解してると思っているのは、私だけでしょうか?

厚生労働省が通知で、原則全面禁煙としているのは受動喫煙を問題として行なうのもわかるのですが、私としては行き当たりバッタリ的な通知は逆に皆を困惑させるだけではないのかと感じます。

何かと言うと、例えば近年、作られたイオングループなどの大手ショッピングモール施設内に見かける喫煙ルームとなる場所が設置されている話です。

喫煙ルーム自体はガラス張りで外からも中が見えていて、動物園のおりの中で吸っている感じですが、これもその当時の分煙問題で設置が始まったのではないでしょうか。

この喫煙ルームには吸煙器などの空調設備も入りますので、小さい小屋でも結構な設備投資が必要となったと思いますが、今回の受動喫煙問題ではこの喫煙ルームも、喫煙者が出入りをする際にドアを開け閉めするので、その時に喫煙ルームからもれた煙を非喫煙者が吸い込む恐れがあるので、喫煙ルームも意味がないというのです。

この理由はめちゃくちゃだと思いませんか?わざわざ設備投資してまで、社会貢献を考えて実行したのにかかわらず

数年経ったら意味がないの一言には、あきれますし、始めから意味がないとわかれば中途半端な分煙を促さなければよいのです。

しかし、私は個人的には、機能的には意味のない施設と言われた。この喫煙ルームですが、非常に気に入っています。

なぜなら、この吸う場所をキチンと作る事によって喫煙者の喫煙している自覚とマナーが自然と身に付いていると感じるからなのです。

吸う場所がキチンとあれば、喫煙者にもマナーが備わると私は思います。

やぶからに、どこもかしこも吸うな!としてしまうと、逆の作用が働きそうな気がするのです。

タバコは嗜好品と言いますが、一番嗜まれやすい場所はやはり娯楽場や酒などを取り扱う飲食店でしょう。

その様な場所まで全面禁止を通知する必要性があるのか疑問に感じます。

それは、タバコを吸っていい場所、ダメな場所を基本的に考えて行くと、自己責任の取り方の見解かとも思えます。

例えば、私が思う吸ってはダメな場所には当てはまるのが、ファミレスなどです。

これはその施設に未成年者が出入りしていますので、タバコの害を与えてしまう可能性があります。

逆に吸ってよい場所は雀荘、飲み屋、パチンコ店です。

その理由には、未成年者が出入りが禁止されている場所ですので、ここの場所には分煙までは通知しても、禁煙までする必要もないと思うのです。

この吸ってもよい場所はまさに自己責任です。この自己責任は両者共通すると思うのです。

それは非喫煙者である方は逆に受動喫煙になってしまってもしょうがないと割り切る自己責任が必要です。

ただし、吸ってよい場所は今後、徹底した分煙に力を入れていけば良いのではと思います。

パチンコ店で禁煙ホールは何軒かは存在しますが、全店舗が禁煙となれば、パチンコ業界の前にタバコ産業が窮地に追いやられるのではないでしょうか?

タバコを健康の敵として厚生労働省はタバコ産業や喫煙者をたたきますが、内輪の財源にはタバコを値上げさせて増税に期待している国策が見えると、何がやりたいのかわからないが本音です。

今回はこのタバコ問題で、パチンコ業界はどう対処すべきかは、もう少し時間が必要だと私は思います。

それは、規則にならずとも、前例であった神奈川県の条例問題のような事もありますので、まずは禁煙・分煙のどちらの方針にすすんで行くのか? 答えが出てからでしょう。

私の希望としては、徹底分煙と言う形になれば救いかなと思います。

最後にこの不況で、なぜ?このタバコの受動喫煙問題を今頃取り上げて言うのか?

平成15年頃からタバコの受動喫煙問題は対策として打ち出されていたのに、もう少し景気が回復してからでもいいのではないでしょうか?

WHOとのたばこの規制に関する世界保健機関枠組条約に日本が乗っかったばかりに、形だけでも何とかしなくてはヤバイと政府は感じて行なったアクションでしょうが、どっかのCO2削減話と同じ様な気がします。

体裁ばかり繕っても、本質を考えての行動や発言ではないといつも一般市民がケツを拭かされるこの国策状態。

タバコ税も環境税など増税アイテムを増やしていっても、一緒だと思うのですが・・・

将来、タバコが500円時代になれば、止めなくては思うナイトウ龍司でした。(ナイトウ龍司)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
banner_22.gifにほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題 ブログランキング★パチンコ ブログランキング★パチスロblogramランキング参加中!
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

| ナイトウ龍司-業界の眼 | 15:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。