遊技租界 『佐渡屋太郎のパチンコ商売道日記』

パチンコ業界情報なら遊技租界!最新!本日のパチンコ業界ニュースからパチンコ業界の製品情報まで話題満載ブログ!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

尼崎ルモールの山本あき奈イメージキャラクター就任記念イベントに行ってきた【ナイトウ龍司-.其の三十六】

遊技租界の取材中でのワンショット!瞳が印象的なルモールイメージキャラクターの山本あき奈さん


 今は3月3日(火)、今日は久々にギュッと冷え込み、朝から雪がチラつくほどの寒い1日だった。

 毎年、2月下旬にかけてポカポカと暖かくなり、この3月のおひな祭りから卒業式シーズンにグッと冷え込むこの季節が私は苦手だ。

 ところで、今回の話は、1日の日曜日に佐渡屋兄貴と一緒に見に行った。尼崎/ルモールイメージキャラクターに就任した-山本あき奈就任記念イベントのレポートをご紹介したいと思います。

 当日は上着も邪魔になるほどの暖かな日であった。 私も佐渡屋兄貴と当日、昼過ぎに阪神 尼崎駅で会う約束をし、いざ、尼崎/ルモールへ向かっていった。

 到着するや店内に入ってみるとこれだ!



 入場早々、店内の盛り上がりに度肝を抜かされたのだが、当ホールのS店長は以外や冷静であった。 私も、S店長に近づき耳元で「いや~すごい稼動と人ですね!」と言うと、

 「いやいや、まだまだ、これからですよ!」とハニカミながらの返事だった。

 急がしそうに、現場を走るS店長とは挨拶も早めに終え、私自身も今回のイベントをひとり見回ってみた。

写真キャプション=店内でお客様に配られていた。山本あき奈さんの紹介用に作製された。特製ノベリティグッズ
 まず、目に入ったのは今回の主役、ルモールイメージキャラクターに就任された山本あき奈さんだった。 彼女はコースの中で丁寧にお客様一人、一人に彼女を紹介する特製ノベリティグッズを手渡していた。 

 イベントのMCの女性の方に誘導されて配っていた彼女だが、落ち着いた感じで無理に弾ける様子もなく、通常のワンデイイベントなどで無理やり盛り上げる芸能人とは違いしらじらしさが無い分、私には良く映った。

 ただ、見ていて面白かったのは始めは興味なさそうに顔も見ずに受け取るお客様も、特製ノベリティグッズを手にとって見た後、振り返って彼女を見直す光景があった事に、イメージキャラクターというイベント性がまだ、お客様に浸透してない裏付けに思えた。
写真キャプション=あらゆる場面でもイメージキャラクターの”山本あき奈”さんが登場する また、店内ではありとあらゆる所に彼女特製の等身大ポスターやポップ広告、挿し札などの装飾品にいたるまで彼女仕様に作製されていた。

 これらの商材を見ていても、今回のルモールが実行する企画の力の入れようが、うかがえる。

 今回のイベントで今までに見たイベントとの違いは装飾品まで用意したことも凄いのだが、それよりも店内には貼ってあるポップの告知であった。 その数は尋常ではなく、通常のホールよりは倍とはいかないが、それぐらい多数に貼っているのだ。 ただし、その店内告知はどれも見やすくわかりやすいと言うことが凄いと思った。

キャラクターグッズはポスターだけではなく、挿し札やイスカバーなど多彩に演出!


 この店内告知については、以前S店長からこう言った話を聞いていたことを思い出した。

 「私は、店外に対する販促チラシは必要だと思うのですが、それより今は、来てくれているお客様にいち早く当店のサービスをお伝えしたいので、店内告知に力を入れているのです!告知も多い時は毎日、店内告知を変えてますよ!」と言う話だった。

 ここが凄いと思う。そして、来てくれたお客様を優先的にサービスを提供する姿勢は、今の時代正解かもしれない。

 これが、今後のイベント企画のワンデイイベントから定期的なイベント作りの基礎になるイメージキャラクター企画への流れを作るかもしれない。

 このイメージキャラクター作りは浸透していけば、企業にとって良い結果が見込めると思う。

 私も、よく営業提案でCI(コーポレーション・アイデンティティ)を薦めるが、企業ロゴもイメージ戦略であるので、それを人がロゴになることの方が数段、企業ブランドの確立は早くなるしょう。

 そこにイベント性を盛り込んだ今回の企画は本当に成功して欲しいと思う。

 成功して欲しいのはルモール同様、今回、イメージキャラクターに抜擢された”山本あき奈”さんもそうだ。 TVや雑誌でも大活躍中の彼女だが、取材をしてみると今回の企画には彼女自身、将来のスキルアップを含め意欲的に取り組んでいくそうだ。 ここで彼女からのコメントを頂けたのでどうぞ、



 実際、彼女と会ってみた感想は、しっかり自分自身を持った。エキゾチックな瞳に力を兼ね備えた素敵な人でした。 現在、彼女もブログを執筆中、読者の皆様もこれをご縁に彼女の応援も宜しくお願い致します。 

 ちなみに彼女のブログは山本あき奈オフィシャルブログ「A嬢のネタばらし」です。

 最後に、この尼崎/RUMOR-ルモールの躍進にエールを送り、今後の展開をレポートできればと思います。(ナイトウ龍司)


┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
ポチッと応援宜しくお願い致します!m(_ _)m
明日への活力banner_22.gif
にほんブログ村 パチンコブログへ 人気ホームページランキング
ブログランキング★まじめな話題
ブログランキング★パチンコ
ブログランキング★パチスロ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
会員制オンラインショッピング
パーラーオンラインショップ

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
遊技租界のパチンコ商品レビューブログサイト
遊技租界『ナイトウ龍司のパチンコ商品レビュー』
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
スポンサーサイト

| ナイトウ龍司-業界の眼 | 03:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

永観堂で“紅葉”を見てきた!【佐渡屋太郎-vol.25】

 今日は11月13日の火曜日。週末のゴタゴタからやっと開放され、やっとパソコンの前に座れる時間が取れたのが11月11日(日)だった。実は、一刻も早く書かなければならない記事があったのだが、“酒と女”の誘惑に負けてしまい、こんな有様になってしまった。11日(日)に何とか、会員用の有料Webには原稿を書いたのだが、このブログ用の原稿がまだ書けていないのだ。

 その件に関する情報を得たのが、11月9日(金)のこと。その取材(デンケン販売の1号機の件)を終えて事務所に帰ってきたのが、夕方の17時過ぎだった。実は取材しているうちに、その販社の所長と行きつけの飲み屋が同じであることが判明し、会社が終わった19時から飲む約束までしてしまった。私は一体、何を取材しに行ったのだろうか。

 そして事務所に帰ったら、何と第2弾の突発的な情報(船井総研PB機の保通協通過)が入ってきた。その件でまたバタバタして、原稿を書くことができず、いそいそと販社の人たちとの飲み会に出かけてしまった。結局、週末の拠点である大阪の“隠れ家”にたどり着いたのは、2時過ぎだった。

 次の11月10日(土)は朝起きたら、実に天気がよかった。まさに秋晴れで、ベランダに出てみると、空気も澄んでいた。何気なく、テレビを付けたら京都の紅葉特集をやっていて、それを一緒に見ていたY嬢が「京都へ紅葉を見に行きたい」と言った。

 最初はまだ紅葉の盛りにはやや早いので、標高の高い「鞍馬」に行こうと決まった。あそこならきっと“紅葉”しているに違いない。と言いながら、実際に入ったのは「南禅寺」と「永観堂」だった。一体、どうなっとるんじゃい!。その理由はY嬢がまだ永観堂に行ったことがないと言ったからなのである。

 佐渡屋太郎は京都に来て、最初に住んだのが「哲学の道」の近くにあるアパートだった。当時は哲学の道から永観堂、そして南禅寺へと続く観光コースが毎朝の“通勤路”だったのである。若かった佐渡屋太郎は自転車で、京都駅のさらに南にある某出版社まで通っていたのだ。毎日、京都市内を縦断していたことになる。いや~、我ながら実に若かった

 その紅葉見学が終わってから、私は健気にも事務所に出てきた。このデンケン販売の件で第1報を書くというわが相棒の“猪八戒”に、資料をファックスするためである。しかし、20時30分には事務所を出て“隠れ家”に戻る約束をしていた。

 その日はパソコンに写真データを取り込んでから、ファックスと写真のメールを送り、花に水をやったら時間切れとなったのである。結局、“女の誘惑”に負けた1日となってしまった。しかも、猪八戒にファックスで送った資料は全部、“白紙”だったそうだ

 実は、佐渡屋太郎はこの件のほかにも、11月10日が締め切りの原稿10ページを抱えていた。まさにその締め切り日に紅葉をいそいそと見に行ってしまう私は、一体どうなっているのであろうか。一度、頭をカチ割って、その中身を調べてみる必要がありそうだ。

 そして、やっとパソコンも前に座れたのが11月11日の日曜日だったというわけなのである。その日は、その件とあと1件の緊急を要する原稿をまず会員用の有料Webに書いた。緊急と言っている割には、その“緊急性”が体に伝わっていない。何か、体に大きな欠陥がありそうだ。

 さらに翌11月12日(月)は、トータルベネフィットという会社に打ち合わせに行ってきた。「リーチエンジェル」というイベントガールや、パチンコ&パチスロイベントガイド誌「ジャンバリ」で有名な会社である。それから1度、事務所に戻ってから、先々週から約束をしていた調査会社のK君と相棒の猪八戒と合流し、またしっかりと飲んでしまった。お陰で事務所に泊まってしまい、起きてからこれを書いている。

 K君には、Y嬢から頼まれていた美人の彼女を紹介することになった。少し、彼女の方が年上になるようだが、その美人がとても結婚したがっているというのだ。幸い、30歳代後半のK君も結婚したい意志はあるようだ。今度、その出会いのセッティングをして、どんな美人なのかを見てくることにしよう。

 と、訳の分からない文章をダラダラ書いているが、実はこの原稿は「まいど佐渡屋」の2回目の「デンケン販売の1号機を見てきた」の前フリとして、書き始めたものだ。すでに1回分の原稿量をはるかに超えてしまった。こんなことをダラダラ書いているから、肝心の原稿が書けないのだ。仕方ないので、これは佐渡屋太郎日記として独立させることにした。

 せっかく読んでもらったのに、内容がなくて誠に申し訳ない。そのお詫びとして、紅葉寺として有名な「永観堂」のちょっと早い紅葉の写真を載せることにした。この原稿を読んで汚れた目を、きれいな紅葉で清めてほしい。(佐渡屋太郎)

SQ07年11月月号 069s-
やっと色づき始めた永観堂の紅葉。見ごろは11月の下旬になるようだ

SQ07年11月月号 079s-
抹茶と甘酒を飲みながら一服したが、もっと寒くならないと雰囲気が出てこない

| 佐渡屋太郎の徒然日誌 | 14:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。